USP

企業のマーケティングにおいてどういうことが重要視されるのでしょうか。あなたはUSPという言葉を聞いたことがありますか。Unique Selling Propositionの頭文字ですが、日本語に訳すと「自社の強み」となります。つまり、自社が他社に対して持ち歩いている強みのことです。USPを持ち歩いていれば、他社に対して優位に立つことができると考えられます。マーケティングにおいては自社ブランドの商品...

自社の商品が他社にまねのできないものであるだとすれば、最初からUSPは明確になっています。USPを自覚することによって、他社との差別化を図ることができるのです。差別化に成功すれば、価格競争をする必要がなくなります。但し、そのUSPが明確であっても営業戦略をうまく進める必要があります。それは商品のメリットをすべての消費者が同じように感ずるわけではないからです。つまり、ある人にとってはUSPがメリット...

ネットで商品を検索するときどき、その比較サイトを見極めることが多いのではないでしょうか。同じものであれば、価格が短いものを選びたいからです。ただし、USPを携帯している商品であれば、他社と比較しても十分に太刀打ちできます。USPは独自の強みだからです。価格が高くてもそれだけの価値を認めている人は購入するのです。USPが消費者にとって価値となるのです。USPが注目陥るのはこのようなケースが多いからで...

メーカーがブランドを探る時折、そのUSPを考えています。他社との差異化を図ろうとするからです。ブランドのイメージとは多くの人にとって、嬉しいものでしょうか。すべての世代を対象としたブランドではなく、若者対し、中高年向けのブランドなどターゲットを絞っているはずです。大手メーカーの営業戦略は参考になります。真似をするのではなく、考え方を応用するのです。USPは最大手だけではなく、個人経営のショップも活...

ビジネスにおいてUSPを考えることは大切なことです。自社の強みがなければ、消費者にとってメリットがないからです。USPを考える場合どういうポイントがあるでしょうか。初めて、USPとは新たに編み出すことではありません。無論、これから新しいビジネスを始める場合は別です。すでにあるUSPに気付いていないことが多いのです。商品として販売しているのであれば、どこに他社との違いがあるのかを考えるのです。USP...

USPとは何ですか。独自のウリですか。当然、これは言葉としてはふさわしい解釈ですが、具体的にはどういうことかわかっていますか。ちょっぴりわかりやすく言いますと、自分だけができるビジネスの提案です。消費者に対して、私はこうしたことができますから、私のパートナーになりませんか、ということなのです。USPを明確にすることは消費者にどういう恩恵を達することができるかを明確にすることです。消費者は自分が満足...

当社にはUSPがないと悩んでいる人は多いようですが、はなはだそうでしょうか。USPを欠ける企業は存在しないと思います。自社が持ち歩いている強みを自覚していないのです。先ず、商品を購入してくれるクライアントのことを分析してみましょう。どんな人が購入しているのでしょうか。その理由は何でしょうか。USPがないならば、他社の商品でもうっちゃるはずなのです。自社の商品に自信を持つことは大切ですが、その断固た...

USPについての情報をまとめるためには、企業のサイトをよむことです。そこには消費者に如何なるメリットをもたらしてくれるのかが書かれているでしょう。それがUSPです。明確な言葉ではないケースもあるでしょう。但し、それは求めている人に理解できれば良しのかもしれません。USPを具体的にすることによって、ターゲットを絞り込むことができます。ターゲットを絞り込むことは要望を絞り込むことになるのです。要望に対...

営業戦略として、USPが注目変わるようになってきました。ユニーク・セリング・プロポジション、企業のウリです。やはり、今までも考えられてきたのですが、それを明確に意識することが大切なのです。漠然と他社にないものを求めていてもダメ。多くの企業は他社との差異化を図ろうとしていますが、それは商品ごとに異なっているケースもあるのです。USPを意識することによって、一貫した営業戦略を構築することができるのです...

企業の売り上げを引き伸ばすためにはマーケティングをどんなに進めて行くかということが重要になります。最近注目されているマーケティングの手法として、USPがあります。ユニーク・セリング・プロポジションの略ですが、「企業の強み」とか「ウリ」と訳されています。つまり、他社にない自社だけのセールスポイントです。これは商品でもサービスけれどもどんな形でもいいのです。これだけは他社に負けないことがあるはずです。...