ネットワークビジネスとは

ネットワークビジネスとは

最近流行りの商売が「ネットワーク仕事」です。

 

ネットワーク仕事というのは、人と人とが通じることで商品を流通させて出向く初々しい形の流通業なのです。

 

ネットワーク仕事を行うためにいくつものネットワーク企業があります。

 

ネットワーク企業は多くの製品を持ち歩いています。

 

そうしてネットワーク仕事に参加したい人は、意外とネットワーク企業から会社の製品を貰うことから始まります。

 

次に仕事メンバーとして登録をします。

 

ここまで準備ができたらいよいよ活動開始です。

 

ネットワーク仕事で一般的にある商品としては、コスメティックスやトクホや健康器具や通信機器などが多くあります。

 

値段は1品が1,000円程度のものから1品が100,000円以上するものまで幅広く用意されています。

 

平均的な価格としては10,000円前後のものとなっています。

 

そうしてこの購入した製品を自分なりに流通させていくのです。

 

ネットワーク仕事まずは一般的な流通業と違って、店舗を持つ必要がありません。

 

ですから社員やアルバイトなど店舗ではたらく人材を確保する必要がありません。

 

また広告宣伝する必要もありません。

 

なぜならば、製品を買った人たちが口コミや自信のホームページやブログを通して宣伝してくれるからです。

 

ネットワーク仕事それではこういった経費を浮かせることが出来るのです。

 

その浮いたお金は製品を口コミで売ってくれているビジネスメンバーに対して還元しているのです。

 

この還元方法は企業によって違いますし、還元率も違います。

 

このように連鎖によって商品を流通させるのがネットワーク仕事の仕組みです。

 

 

MLM

ネットワーク業務は別名「MLM」とも呼ばれています。

 

不況が貫く昨今、日本の業務業界においては一般的な流通方式からこのMLMに移行しつつあります。

 

MLMは「マルチレベルマーケティング」と言い、アメリカで誕生した流通方式です。

 

ネットワーク業務をMLMに混ぜるようになったのは最近のことです。

 

日本にMLMが上陸したのは、アメリカから20年遅れて1979年のことです。

 

当時はMLMに対して反対する意見もなく、業務展開が簡単だったことや誤った業務を展開する人もいて色んな意見が噴出しました。

 

最近は国会もMLMに対して話題になるほど有名なようになってきました。

 

会員を100万人以上も持つMLMでは拡大が難しくなって脱落者が多くなり、国民生活センターなどに苦情や相談が殺到したため国会もこの件が話題となったのです。

 

今ではMLM人口は世界の中で日本が一番多くなってあり、41%を占めるほどになりました。

 

売り上げの面でみても、世界に流通している売り上げの半分以上が日本のMLMの関連商品となるほどです。

 

MLMを誕生させたアメリカの2倍にものぼります。

 

アメリカで誕生したMLMが日本で開花したわけです。

 

しかしながらMLM企業として10年以上商売を見込める企業はほんの一部の企業しかおらずおよそ1000社に1社の割合でしか生き残れないと言われています。

 

多くのMLM企業が日本に存在している現代では、MLM企業を選ぶ際に慎重な選択を迫られています。

 

事前にしっかりと企業をチェックして、問題を起こさないですむような企業を選ぶ必要があります。

 

収入に関しても努力に見合った分をちゃんと買い取ることが出来るマーケティングプランのあるMLM企業を選ぶことが大切です。

 

今後もMLM企業は発展し続けると思います。

 

日本企業においてはMLMについてちゃんと学ぶことが大切です。

 

 

ネットワークビジネスの魅力

何故ネットワークビジネスがここまで広がりを見せているのか、ネットワークビジネスの魅力について紹介します。

 

一部目は「収入に上限がない」ことです。

 

一般的なビジネスそれでは自分の会社が販売した代金しか収入を得ることができません。

 

それがネットワークビジネスの場合、自分以外の人が宣伝して売った商品の代金も買い取ることができるのです。

 

これを「権利的収入」と言います。

 

これがあるからネットワークビジネスの成功者になると億万長者も誕生するわけです。

 

2つ目は「初期投資費用が安っぽい」ことです。

 

一般的にビジネスを起業しようと思うとかなりの初期投資費用が必要となります。

 

ただしネットワークビジネスの場合、ネットワーク企業から製品を買ってそれを売るだけなので、店舗も不要、製品開発費用も不要、研究費も不要となります。

 

そのため初期投資費用は安ければ10,000円程度ですむわけです。

 

多くても数十万円程度あれば十分なわけです。

 

ロイヤリティがないことも費用を安くしています。

 

ビジネスを起業してみたいけれど、資本金がないという人にはお勧めのビジネスだと思います。

 

3つ目は「副業として在宅ワーク」としてできることです。

 

一般的に会社を起こすとか、フランチャイズビジネスなどを始める時折、今勤めている会社を辞めて専念しなければ片手間にできるものではありません。

 

但しネットワークビジネスはパソコンがあれば自宅でいつでもスキな時間にできます。

 

ですから独立してみたいけれど会社は辞めたくないという人にお勧めなのです。

関連ページ

ネットワークビジネス2
選択のポイント3・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
将来性の見極め方
成功のノウハウ・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
失敗談
収入の種類・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
報酬システム
簡単な特徴・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
売上ランキング
次世代の雇用形態・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
日本アムウェイ
ニュースキンの被害・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
ニューウェイズ
スターライズ・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
アニューウエル
事前対策・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
三基商事
騙されないための注意点・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。