コピーライターという仕事

コピーライターという仕事

「コピーライター」という職業がありますが、あなたはご存じでしょうか。

 

過去に一時期、一大人気職業になったこともあります。

 

多くの若者が、コピーライターを目指し示したものです。

 

現在、このコピーライターという職業は、人気が廃れてしまったわけではなく、いよいよ広告業界を目指し示すかたの中の多くのかたが目標としています。

 

人気のある職業ではありますが、現にコピーライターとしてやっていけるかたは、どうしても多くはありません。

 

傍から見ると、誰でも出来そうな仕事に見えるのでしょうが、実際には大変、しんどい仕事けれどもあるのです。

 

しかも、努力だけでどうにかなるといったものでもありません。

 

根から持っている感性やセンスというものがないと、この仕事を続けてゆくのは難しいでしょう。

 

さて、このコピーライターの仕事は、どういう仕事なのかと申しますと、端的に言ってしまえば広告の文章・・・中けれどもキャッチコピーを書くかたのことです。

 

何らかの商品を宣伝したり、企業の宣伝をしたりするために、雑誌、新聞、ポスターなどに広告を出しますね。

 

また、テレビやラジオのコマーシャルもそうですし、インターネット上のウェブサイトやバナーなどを使用することも多々あります。

 

そういうところに宣伝のための文章を書くのがコピーライターの仕事なのです。

 

コピーとは宣伝用の文章を指し、ライターとは書く人のことですね。

 

コピーライターという仕事に断じて興味のなかったかたは、どういう仕事であるのかあやふやところもあったと思いますが、これでお分かりになりましたか。

 

●テーマ

 

コピーライターという仕事
コピーライターとライターの違い
コピーライターという職業はいつ出来たのか
コピーライターが人気の職業である理由
コピーライターになるためには(1)
コピーライターになるためには(2)
コピーライターの収入
コピーライターに向いている人とは
コピーライターの活躍の場
コピーライターの仕事の範囲
フリーランスのコピーライター
フリーランスになるためには
コピーライターとしての就職
コピーライターのアルバイト
コピーライターの求人はどこで生み出すのか
セールスコピーライターとは

コピーライターのコンテスト
コピーライターの生活(会社勤務の場合)
コピーライターの生活(フリーランスの場合)
企業との契約
コピーライターへ転職の場合
コピーライターに必要な感性やセンス
感性やセンスの身に付け方
コピーライターの資質
コピーライターにとっての締切り
コピーライターについての本
コピーライターとして有名な人々(1)
コピーライターとして有名な人々(2)
一世を風靡したコピー
コピーライターの展望

 

 

コピーライターとライターの違い

「コピーライター」の仕事は、よく「ライター」の仕事と混同されてしまいます。

 

とも文章を書く仕事ですし、「ライター」という言葉が入っていますから、同じように見まがうのでしょう。

 

実際、コピーライターを本業としつつ、ライターとしての仕事をかけもちしているかたもいらっしゃいますし、その逆の場合もあります。

 

ですが、コピーライターとライターの仕事というのは、違うものなのです。

 

その違いというのを、お話いたしましょう。

 

前回の記事では、コピーライターの仕事をご紹介いたしましたね。

 

よく読んでいらっしゃらないかたは、更に目を通していただけますか。

 

コピーライターの仕事というのは、広告のための文章・・・とくに謳い文句を書くという仕事なのです。

 

一方、ライターの仕事というのは、何かテーマを与えられ、それに沿って文章を書く仕事なのですね。

 

簡単に言いますと、違いはその部分です。

 

大きな違いがないように見えるかもしれませんが、可愛く考えてみて下さい。

 

広告のための文章を書くというのは、広告している商品を並べるための文章を書かなくてはならないのです。

 

それでは、広告に注目もらい、次に広告内の文章を読んでもらいます。

 

そうして、読んでくれたかたが商品を魅力に感じて、ほしい!と思い、まさに購入してもらわなくてはならないのです。

 

つまり、商品の売り上げが上がらなかった場合には、そのコピーライターには、能力がないと見なされることになります。

 

ライターの方は、とりわけ、書いた文章を多くのかたが読んでくれれば次いで良いのです。

 

ただし勿論、下手でちっちゃい文章であっては、誰も読んではくれません。

 

読んでいただけるか読んでもらえないか・・・というところで仕事の優劣が判断されることが多いです。

 

このような違いがあるということを覚えておいてください。

 

 

コピーライターという職業はいつ出来たのか

広告というのは、いよいよ絶えず昔からあったものです。

 

人は、生きてゆくために、何かを売ったり、買ったりしてゆかなくてはなりません。

 

現代のように、なにもかもが便利になった時代さえ、グングンさわやか生活を望むために広告は欠かせないものとなっています。

 

現に、広告ひとつで、ものの売り上げが至極移り変わるのには驚きです。

 

これにはコピーライターの力量もかかっているのですね。

 

ですが、広告が長い歴史を持つのに比べて、コピーライターという仕事は、特に長い歴史を携帯しているわけではありません。

 

如何なることなのでしょう。

 

つまり、以前より、広告の文章を考えたり書いたりするかたはいたのですが、特別、その文章だけに特化したような職業は長い間、存在しなかったということです。

 

それが、1980年代に入って、急に注目を浴び設けるようになったのです。

 

これは、大変、優秀なコピーライターが出現したせいに他ならないでしょう。

 

彼らの策する広告のコピーが、大衆の心をしっかりと鷲掴みにしたのです。

 

皆の心に響くようなインパクトがあり、かつ、いつまでも記憶に残ってしまうような強烈なコピー。

 

このセンスこそが、コピーライターの命と言っても良いでしょう。

 

このセンスは、一朝一夕に身に付くものではありません。

 

そのために、当時は俄かコピーライターもたくさん出現しましたが、自然淘汰されてしまうのが常でした。

 

多大な努力のほかに、ほんの少しの才能も必要であるということです。

 

結局、コピーライターという職業が定着したのは1980年代だと思って良いでしょう。

関連ページ

コピーライターが人気の職業である理由
コピーライターになるためには(2)・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
コピーライターの収入
コピーライターの活躍の場・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
コピーライターの仕事の範囲
フリーランスになるためには・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
コピーライターとしての就職
コピーライターの求人はどこで探すのか・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
セールスコピーライターとは
コピーライターの生活(会社勤務の場合)・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
コピーライターの生活(フリーランスの場合)
コピーライターへ転職の場合・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
コピーライターに必要な感性やセンス
コピーライターの資質・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
コピーライターにとっての締切り
コピーライターとして有名な人々(2)・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
一世を風靡したコピー
コピーライターの展望・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。