コピーライターが人気の職業である理由

コピーライターが人気の職業である理由

今でこそ、コピーライターの人気はスタンダードで定着したようですが、以前には、誰もかれもがあこがれるような花形職業であった時期があります。

 

そういう時期を経て、コピーライターという職業がしっかりと定着したことから、現在でもこの職業を目指すかたが多いのだと思います。

 

近ころは景気の問題もあることから、堅実な職業に就きたがるかたも増えてきていますが、そういう中にありながらも、広告業界の人気は、相変わらず高いですし、広告業界の中で言いますと、コピーライターの人気もくれぐれも乏しいものではありません。

 

但し、どうしていつの時代もそれだけ人気があるのでしょう。

 

ひとつには、広告業界という業界そのものの人気が大きいということが言えるでしょう。

 

そうして、その中で自分が出来そうな仕事というと、ペン一本あればできて、しかもわずか一言で数百万円を稼ぎ出せるコピーライターが良い・・・ということになるのではないでしょうか。

 

営業はスキではないし、デザイン系は才能がない。

 

写真を撮るような技能もないし、事務系なら広告業界である無用・・・とすれば、残るのはコピーライターくらいしかないですからね。

 

単純に、何か横文字職業に就きたい・・・といった考えのかたもいらっしゃるでしょう。

 

技能が優先陥る横文字職業の中において、コピーライターはそれほど簡単になれそうに見えるのかもしれません。

 

勿論、このような安易な発想のかたがたばかりではありません。

 

以前より文章を書くのがスキというかたは、単に一言で大衆の心を鷲掴みにするこの職業で、自分の才能を試してみたいと思うこともあるでしょう。

 

それぞれに、各種思いを持ち歩いて、この職業は絶えず人気が高いのだと思います。

 

 

コピーライターになるためには(1)

前回は、コピーライターという職業がいつも人気である理由として、コピーライターになりたいとしているかたの動機などいっぱい書せていただきました。

 

ですが、安易に感じる理由であったとしても、それが乏しいということではありません。

 

きっかけなど、如何なるものであっても、一生懸命に努力をして、人を引き寄せるようなコピーを書き、実にその仕事が心底スキになれれば次いで良いのではないでしょうか。

 

優秀なコピーライターというのは、流行を作り出し、時代そのものを作ってゆくことさえ可能なのです。

 

今後もたくさんのかたにコピーライターを目指していただきたいですね。

 

但し、どのようにしてコピーライターになったら良いのでしょう。

 

僅か考えただけでは、よくわかりませんね。

 

コピーライターという仕事には資格というものがありませんから、実のところ、今あなたが「私は、コピーライターです。
」と名乗れば、即、コピーライターになることが出来ます。

 

但し、なので仕事が来ることは、僅かでしょう。

 

そういった過程を経てコピーライターになりました・・・という証明というものがないと、世間は認めてくれないのですね。

 

一番速いのは、コピーライターの養成講座や、専門学校に通うことでしょう。

 

四年制大学を卒業なさったかたであっても、このような学校に通わないと、どうしても優秀なコピーライターになることは出来ません。

 

コピーライターになるための勉強を充分にしたあとで、広告会社に就職します。

 

 

コピーライターになるためには(2)

コピーライターになるための方法として、前回は養成講座や専門学校に通うということを提案いたしました。

 

今回は、そういう学校には行かずに、高校や大学を卒業したのち、ちっちゃな広告会社に就職するという方法です。

 

広告会社といっても、コピーが書けないと仕方がありませんから、まさにコピーライターが在籍していて、広告を制作しているようなところが良いでしょう。

 

そうであれば、少なくとも済むのです。

 

当然、在籍しているコピーライターが、有名人である必要もありません。

 

そういう会社に就職を通じて、アシスタントからするのです。

 

いわゆる下積み生活ですね。

 

収入が少ないうえに、ツライ毎日となりますが、この方法の良いところは、まさに広告を制作する過程を体験出来るということです。

 

また、実際のコピーライターの仕事をその目で探ることが出来るのも大きな収穫となるでしょう。

 

学校で知識を詰め込んでいるのと、実際の現場で仕事をしながら得るのとでは、大きな差があるのも事実なのです。

 

現場は著しいです。

 

ですが、例えば、大卒なのにいつまでもアシスタントなんてやっていられない・・・このように思って仕舞うようなかたは、最初から養成講座のほうへ行ってください。

 

一時的なプライドよりも、いつか一人前のコピーライターになって決めるという意気込みのあるかたのみ、現場を選んでください。

 

そこで、一生懸命に経験を積んだら、次はコピーライターとして一段と大きな広告会社へ移って下さい。

 

最終的には、大手の広告会社や企業の宣伝部まで行けると良いですね。

 

そうして経験を積んで、一人前のコピーライターになってゆくのです。

関連ページ

コピーライターという仕事
コピーライターという職業はいつ出来たのか・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
コピーライターの収入
コピーライターの活躍の場・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
コピーライターの仕事の範囲
フリーランスになるためには・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
コピーライターとしての就職
コピーライターの求人はどこで探すのか・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
セールスコピーライターとは
コピーライターの生活(会社勤務の場合)・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
コピーライターの生活(フリーランスの場合)
コピーライターへ転職の場合・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
コピーライターに必要な感性やセンス
コピーライターの資質・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
コピーライターにとっての締切り
コピーライターとして有名な人々(2)・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
一世を風靡したコピー
コピーライターの展望・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。