コピーライターの収入

コピーライターの収入

コピーライターというと、大変、お金保ちのイメージがありますね。

 

本当に、有名なコピーライターになりますと、一言のコピーを書くだけで数百万円という収入が得られる場合もあります。

 

そこまで行きますと、一文字で数十万、数百万の世界ですね。

 

なんだか一般のかたがたにとっては、コピーライターの収入というと、そういった部分しか耳に入らないようです。

 

実際、そういった収入を得ているコピーライターというのは、ほんの一部のかたがたのみ。

 

そのように陥るためには、過去に大成功したコピーを書くなどの実績が、きっちり必要になってきます。

 

実績も何もなくて、突然、一文字数十万円になるはずがないのですね。

 

ですが、一般のかたがたは、コピーライターにさえなれれば、大きな収入が得られるというように誤解していらっしゃいます。

 

とくに、これからコピーライターになろうとしていらっしゃるかたは、予め、この誤解を解いて下さい。

 

そうして、コピーライターという職業のかたは、広告業界には山のように来るということも覚えておいてください。

 

そうして、大多数のコピーライターは、クリエイターでありながらも、いわゆるサラリーマンものの月収で生活をしているのです。

 

極めて普通の職業よりも安い収入のかただって多いのです。

 

僅か経験を積んだだけで、すぐにフリーランスになってしまったりすると、仕事そのものが激減しますから、収入は微々たるものになってしまいます。

 

このような現実をしっかりと直視したうえで、結構コピーライターとしてやっていきたいのかどうか考え直してください。

 

 

コピーライターに向いている人とは

「スキこそものの上手なれ」とは言いますが、いよいよそれぞれの職業には、向いているかたと、そうでないかたとがいらっしゃいます。

 

では、コピーライターに向いているかたというのは、如何なるかただと思いますか。

 

予め、文章を書くのがスキなかた・・・これは必須事項でしょう。

 

文章を書くのが嫌いなかたが、有名なコピーライターになったという話は聞いたことがありません。

 

また、文章を書くのがスキであるということは、一気によむのもスキであると言えるのですね。

 

数限りない文章をよむことによって、表現の幅も広がりますし、イマジネーションも広がるのです。

 

たくさんの読みものを読まずして、ただ自分の中にあるものを書くだけで、上手な文章が書き込めるようになる筈がないのです。

 

また、あんまり諦めないねばり強い性格もとても重要です。

 

広告に使用するインパクトあるうたい文句は、わずかひとつではありますが、このひとつに決定するまでの間、何十、何百というコピーを書いているのです。

 

このへんは一般には知られないことところが、本当はそういった努力をしてこそ、あの凄いコピーが完成しているということを忘れてはいけません。

 

仮に、自分がコレだ!!というような、コピーがひとつ思い浮かんだとください。

 

いよいよコレしかない!これで行こう!・・・そのように思ったとしても、実際にはそれがただただ生きることはほとんどありません。

 

広告主であるクライアントの希望に沿ったものでなくてはなりませんし、クライアントがOKを現すまでは何度でも考え直さなくてはなりません。

 

勿論、言いなりになるだけではなく、クライアントを説得させるだけの力量というものも必要です。

 

 

コピーライターの活躍の場

コピーライターは、広告のコピーを考えるのが仕事だが、実際の活躍の場というと、如何なるものがあると思いますか。

 

ほとんど頭に思い浮かぶのは、広告というところから考えますと、テレビやラジオ、新聞、雑誌、ポスター、パンフレット等々ではないでしょうか。

 

いざ、このようなところで活躍しているコピーライターは非常に多いです。

 

ですが、このようなところ以外にも、だらだらあるのですね。

 

例えば、あちらこちらで開催される、何らかのイベントの企画や運営に始めることもあります。

 

そのイベントの案内状の文章を考えたりもするでしょうし、入り口に立て掛ける看板の文章を考えることもあるでしょう。

 

プログラムなどを配る場合には、その内容を考える場合もあります。

 

このような仕事を通じているコピーライターもいらっしゃいます。

 

また、新商品の開発に始めるコピーライターもいらっしゃいます。

 

アイディアの段階から始める場合もありますし、商品が出来上がってからそのネーミングをお願いされる場合もありますね。

 

今まで市場になかったもののネーミングを考えるのは、酷いことでもありますがおもしろい仕事だと思います。

 

これは、家電製品であったり、文房具であったり、地域の特産ものというものであったり、お菓子であったり、とってもさまざまです。

 

広告のコピーを考えるのが得意なかたもいらっしゃいますし、このように商品のネーミングを考えるのが得意なかたもいらっしゃいます。

 

コピーライターの仕事は、皆さまが思っているよりも、始終多岐にわたっているということを知ってくださいね。

関連ページ

コピーライターという仕事
コピーライターという職業はいつ出来たのか・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
コピーライターが人気の職業である理由
コピーライターになるためには(2)・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
コピーライターの仕事の範囲
フリーランスになるためには・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
コピーライターとしての就職
コピーライターの求人はどこで探すのか・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
セールスコピーライターとは
コピーライターの生活(会社勤務の場合)・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
コピーライターの生活(フリーランスの場合)
コピーライターへ転職の場合・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
コピーライターに必要な感性やセンス
コピーライターの資質・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
コピーライターにとっての締切り
コピーライターとして有名な人々(2)・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
一世を風靡したコピー
コピーライターの展望・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。