コピーライターとしての就職

コピーライターとしての就職

コピーライターとしての就職は、簡単なものではありません。

 

以前、誰もがコピーライターになりたがった時期から見れば、ずいぶんと容易にもなったでしょうが、でもちょっと難関であると思った方が良いでしょう。

 

本気でコピーライターを目指しているかたは、何しろ大手の広告カウンセラーに就職したいと思うことでしょう。

 

大手の広告カウンセラーにコピーライターとして就職したいのであれば、まるで四年制大学へすすむことです。

 

何故なら、大手広告カウンセラーは、四年制大学の卒業生を採用することが、極多いからです。

 

とくにコピーライターの場合には、文章が上手であることは勿論のこと、他にも大きい知識や教養が求められるのです。

 

当然、大学へ進学したから、どなたでも広い知識や教養が身に付くというわけではありません。

 

しっかりと勉強を通じて下さい。

 

そうして、アルバイトなどもして社会性もちょこっと、身に着けておくと良いのではないでしょうか。

 

また、広告カウンセラーに就職した場合、コピーライター志望であっても、最初からアッという間にコピーライターをさせて得るところは、わずかと思います。

 

色々な部署でさまざまな経験を積み、コピーライターとしての適性があるかどうかがチェックされて、初めて起用繋がるというのが一般的です。

 

出来るだけ素早くコピーライターとして活躍したいというかたは、小さ目の広告カウンセラーや制作会社に就職するのが良いでしょう。

 

経験を積み込むと大手の広告会社へ転職したり、独立してしまうのがコピーライターですから、新卒の場合、小さ目の会社であれば、意外と就職しやすいでしょうし、アッという間にコピーを書かせていただける可能性が高いのです。

 

 

コピーライターのアルバイト

コピーライターをアルバイトで採用決めるという会社はいまいち多くはないでしょう。

 

ですが、最初はアルバイトで採用してもらい、とってもコピーの才能があるようでしたら本採用になるということが、ないわけではありません。

 

とくに、大学生の間にアルバイトとして広告コンサルタントや広告制作会社で働きますと、その可能性はもっと高くなります。

 

ですが、ちゃんと何らかの才能が見えないときついでしょう。

 

勿論、アルバイトの学生に、重要なコピーを寄り掛かるような会社はないと思いますが、少し考えてみないか?くらいのお誘いならあるかもしれません。

 

そういったチャンスが訪れた場合には、逃さずに全神経を集中して考えてみて下さい。

 

実際には、考えたコピーが採用されることは僅かと言っても良いでしょう。

 

ですが、コピーの採用が目的のではなく、その会社のコピーライターやそこの部署のかたがたに一目置かれるということが重要なのです。

 

また、アルバイトは単なる雑用か、アシスタントの場合がほとんどでしょう。

 

但し、絶対に遅刻や欠勤はせずに、どんなことけれども一生懸命、やりましょう。

 

アルバイトだからと、気軽に構えていてはいけません。

 

そうすることで、大学生のかたは、新卒採用の可能性が高まりますし、おとなのかたであれば、社員になってみないか?とのお声がかかりやすく繋がる筈です。

 

広告業界は、傍から見詰めると自由な社風で、お気軽に窺えるところがあるかもしれません。

 

ですが、自由であることと、いい加減であることは、さっぱり別のことです。

 

その自由な社風さえ、しっかりとした常識の上に成り立っているものであるということを忘れずに。

 

 

コピーライターの求人はどこで探すのか

コピーライターの求人を、よく見ることがないというかたは、多いかもしれません。

 

確かに、一般的な職種に比べれば求人は少ないと思いますが、でもインターネットの求人情報などでは、時たま見ることがあります。

 

勿論、普通に販売されている求人雑誌にも載っていることがあります。

 

アルバイトの募集がメインとなっているアルバイト図書であっても、載っていることがありますよ。

 

毎回、たくさんの募集が載っているわけではありませんが、ひとつふたつであれば、相当突き止めることができます。

 

また、各新聞の求人欄におきましても、時として捜しあてることができます。

 

新聞の折り込み広告として押し寄せる求人チラシ内でも、きわめて時折コピーライターの募集がなされています。

 

二度と、ハローワークも、コピーライターの求人がありさえすれば、紹介してくれるでしょう。

 

どうしても、手の届かない仕事ではないのです。

 

広告会社は、名前の知れた大手ばかりではありません。

 

大都市でしたら、ちっちゃな制作会社は、驚くほどたくさんあります。

 

ですから、2〜3か所で採用されなかったからといって、捨て去る必要はありません。

 

何度でも挑戦すれば良いのです。

 

以前、お話しましたね。

 

コピーライターは、簡単に諦めないような根強い性格でないとなれないと・・・。

 

考えたコピーが、一度で採用されることは、たまさか、何回も駄目出しをされて、やっと採用されるのです。

 

仕事に就くときもそれと同じだと思って下さい。

 

求人は、ほとんどどこにでも載っています。

 

あとは、あなたが応募するかどうか、のみ。

関連ページ

コピーライターという仕事
コピーライターという職業はいつ出来たのか・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
コピーライターが人気の職業である理由
コピーライターになるためには(2)・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
コピーライターの収入
コピーライターの活躍の場・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
コピーライターの仕事の範囲
フリーランスになるためには・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
セールスコピーライターとは
コピーライターの生活(会社勤務の場合)・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
コピーライターの生活(フリーランスの場合)
コピーライターへ転職の場合・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
コピーライターに必要な感性やセンス
コピーライターの資質・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
コピーライターにとっての締切り
コピーライターとして有名な人々(2)・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
一世を風靡したコピー
コピーライターの展望・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。