セールスコピーライターとは

セールスコピーライターとは

コピーライターの前に「セールス」という言葉がついた、「セールスコピーライター」という仕事が注目を浴びています。

 

セールスという言葉が付くことによって、よく言われている一般的なコピーライターとは少し違うということを強調しているのでしょう。

 

だいたいの予測が付くかと思いますが、セールスコピーライターというのは、俗にいうセールスレターを書く人のことです。

 

セールスレターはお分かりでしょうか。

 

文字通り、なにかを譲るための文章ということです。

 

普通のコピーライターも、広告のコピーを考えたりするのですから、結局は何かを並べるための文章ではあるのですが、そこにはますます強烈なクリエイティビティが要求されるのが普通です。

 

結果的には、売り払えることに結び付くのですが、それでは広告に目を向けてもらい、その商品を知ってもらいたいというところから始まると言って良いでしょう。

 

一方、セールスコピーライターのほうは、クリエイティビティよりも、最初からダイレクトに「並べるための技術」が重要となってきます。

 

買い手の心理に訴えかけるような手法ですね。

 

一般的にセールスレターというのは、長いものが多いです。

 

売りたい商品に興味もなかった人を振り向かせようというのですから、それも仕方のないことかもしれません。

 

その長い文章を、どのようにして最後まで読んで味わうのか・・・そうして、どんな言い回しをすれば、正に買いたい気持ちになって現れるのか。

 

このようなことを勉強しなくてはならないのが、セールスコピーライターです。

 

インターネットの時代になってから、急激に需要が増えた仕事でしょう。

 

 

コピーライターのコンテスト

ただちに一人前のコピーライターとして活躍したいというのであれば、コピーライターのコンテストに応募を通じて見るという方法があります。

 

カメラも小説もそうですが、コンテストというもので喜ばしい賞を作ることが、出世への近道になることがよくあります。

 

コピーライターも例外ではありません。

 

できれば、大きなコンテストで最優秀賞を取れば一番良いですが、そこまでではなくとも、ちっちゃなコンテストでいくつかの賞をもらっていれば、就職の際の大きなアピールポイントになりますし、現にやけに有利であることは間違いないでしょう。

 

コピーライターのコンテストなんて、あるのか?と思われるかもしれませんが、常に気にしていますと、結構色々なところで募集していることに気が付きます。

 

テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、インターネット、など、あなたのコピーの能力を試すチャンスは、どこにでも転がっています。

 

このようなコンテストにおいては、年齢や性別、これまでのコピーの経験など、一切、関係ありませんから、どなたでも応募することが出来ます。

 

現に、普通のサラリーマンをしながら、ひそかにコピーライターになりたいと思い、勉強して来るかたも多いのではないかと思います。

 

そういったかたの大半は、年齢も30代であったり、40代であったりすると思います。

 

年齢が邪魔をして、まずまず転職にも踏み切れないっていうところでしょう。

 

ですが、このようなかたがたこそ、ガンガンコンテストに応募して、チャンスをものにすることです。

 

広告の世界は、必ずや実力がありさえすれば年齢は決して重要ではないでしょう。

 

 

コピーライターの生活(会社勤務の場合)

コピーライターになりたいというかたは、現役のコピーライターが日々、どういう生活を送っているのかわかりたくはありませんか。

 

コピーライターといっても、会社勤めのかたと、フリーランスのかたでは、時間の使い方が激しく異なっていると思いますが、会社勤めのコピーライターは、ほとんどのかたが一度は経験することだから、そちらからご紹介してみましょう。

 

あくまでも、極一般的なコピーライターの生活です。

 

全員が、おんなじとは限らないのでそういった視点で読んでくださいね。

 

会社勤めですから、基本的に実働時間は8時間となっていますが、ひと月のうち8時間だけ働いて帰宅することが出来る日というのは、わずかと思った方が良いでしょう。

 

同じように、広告会社も近年それでは週休二日制をとっているところが多いですが、コピーライターが毎週二日、ちゃんと休めることはまるで、無いと思って良いでしょう。

 

基本的に、クリエイティブな仕事は慌しいです。

 

何故なら、クライアントの都合に合わせて、仕事を進めなくてはならないからです。

 

例えば、やっとの思いでコピーを書いてクライアントに提供しても、一度でOKが出るということはたまたま、修正依頼が来ます。

 

そうして、その期限が「明日の早朝で」というなら、当然ですが、その日は完成するまで帰宅することが出来ません。

 

このような感じで、土曜日や日曜日が出勤になって仕舞うことも多々あります。

 

修正依頼でなくとも、いくつかの仕事が重なって、それらの締切りの日が近かった場合、まったく忙しくなってしまい、家に帰ることが出来ないということもあるでしょう。

 

ちっちゃな会社であっても、クライアントの都合で仕事を通じている以上は、このような生活になります。

 

でも、コピーライターになりたい!というかたが、やってゆけるのです。

関連ページ

コピーライターという仕事
コピーライターという職業はいつ出来たのか・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
コピーライターが人気の職業である理由
コピーライターになるためには(2)・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
コピーライターの収入
コピーライターの活躍の場・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
コピーライターの仕事の範囲
フリーランスになるためには・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
コピーライターとしての就職
コピーライターの求人はどこで探すのか・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
コピーライターの生活(フリーランスの場合)
コピーライターへ転職の場合・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
コピーライターに必要な感性やセンス
コピーライターの資質・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
コピーライターにとっての締切り
コピーライターとして有名な人々(2)・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
一世を風靡したコピー
コピーライターの展望・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。