コピーライターの生活(フリーランスの場合)

コピーライターの生活(フリーランスの場合)

前回の、コピーライターの生活はいかがでしたか。

 

会社勤めを通しているコピーライターの日々の生活を簡単にご紹介してみました。

 

今回はフリーランスのコピーライターの場合です。

 

フリーランスというのは、独立してみずから仕事をこなしている人々のことところが、そのため、時間の使い方も本人次第で、まだまだ自由です。

 

ですので、今回もまた、ごくごく一般的なフリーランスのコピーライターの生活だということを頭に入れてお読み下さい。

 

基本、フリーランスのコピーライターは、早起きをしません。

 

クライアントに指示されている締切り時間が早朝であったり、打ち合わせの時間が早めだったりした場合を除いて、早起きするということはたまさか、ざっと10時や11時ころに起きます。

 

そうして、身支度をすませて、コーヒーも呑みながら、メールなど連絡事項のチェックをしたりします。

 

そうして、前日に終わらなかった仕事に手を伸ばします。

 

集中が途切れたところで、朝食と昼食兼用の食事をとります。

 

外出する用がなければ、何でもかんでも仕事を続けます。

 

フリーランスのコピーライターも、会社勤めのかたと同じで、クライアントの都合に方向づけるのが普通です。

 

ですから、徹夜になることも頻繁ですし、休日が多少取れないということも十分にあり得ます。

 

最も、フリーランスの場合は、そこそこ、忙しくないと収入の面で苦労しますから、毎日ヒマとしているコピーライターよりは、ある程度、せわしないくらいでないと、続けてゆけないでしょう。

 

徹夜が多いためか、自然に、夜型になって仕舞うかたが多いです。

 

会社勤めとの違いは、自分を律していないと生活が人生不規則になりがちということでしょうか。

 

 

企業との契約

ここまでブログを読んでくださったみな様は、コピーライターという仕事がいかなるものであるのか、相当納得と思います。

 

コピーライターは、新商品の宣伝のためのキャッチコピーを考えたり、別途開発そのものにも係わる重要なポジションもあるのです。

 

その商品の宣伝コピーを書くということは、その商品のことをよく理解していることが必要ですからね。

 

つまり、コピーライターという職業は、全然悪気などなくても、単なる不注意から企業スパイにもなり得てしまうわけです。

 

最も危険なのは、今まで契約していたコピーライターを、ライバル会社に奪われて仕舞うことです。

 

社内に優秀なコピーライターを正社員として確保していれば別ですが、優秀な人材がいないため、フリーランスのコピーライターなどと契約していた場合には、ありがちなことです。

 

コピーライターのほうには悪気がなくても、ちらっと、何かと話に乗せられてしゃべって仕舞うということはいらっしゃることです。

 

それを防ぐために、企業とコピーライターの間まずは契約が受け取るのが普通です。

 

その契約内容というのは、他社に自社のありとあらゆるノウハウを漏らさないように・・・という契約というよりも、契約しているコピーライターが、ライバル会社の仕事に一切、関与しないように・・・という内容となっています。

 

そんな契約を通じて何とか、そのコピーライターに我が社の広告を任せられるようになるのですね。

 

コピーライターのほうも、そんな契約をしたからには、ライバル社の仕事に関与しないという、自分への戒めもののものができあがることでしょう。

 

これは、かわいらしくあるごく当たり前の契約であり、二度と物珍しいことではありません。

 

 

コピーライターへ転職の場合

「コピーライターとしての就職」や「コピーライターのアルバイト」などの前記事の取り分け、就職は何かと書きましたが、今回は転職のかたに絞って書いてゆきたいと思います。

 

転職と言いましても、その年齢などもさまざまであり、基本的には年齢が良いほど、どの職業であっても不利だというイメージが付きまといます。

 

同じ程度の実力であれば、企業は40代、50代の偏りも初々しいほうを採用するのが普通でしょう。

 

何故なら、年齢がういういしいほうが給料が少なくてすみますからね。

 

このような不況の時代にあっては、どこの企業もそういうものです。

 

しかしながら、クリエイティブな業界におきましては、やっぱ年齢よりも実力のほうが勝利することがあります。

 

ですから、仮にあなたが、30代や40代で初めてコピーライターとして転職決めるというのでしたら、一緒に入社試験を受けるであろう若者よりも、圧倒的に実力を付ければ良いのです。

 

年を取っているということは、そんなにこの世の中で生きてきているということです。

 

わずか一歳の差とはいっても、約365日分多く生きているのです。

 

それが10年からには、どうでしょうか。

 

3650日も手広く社会経験を積んでいるのですよ。

 

それだけの年月、コピーライターになるための勉強も怠らず、広い視野を持ち歩いてさまざまなことに関心をよせたり、趣味として楽しんでみたり、見聞を広げたりしましたか。

 

いい加減に、延々と日々を過ごしていたのであれば、若者に負けても仕方ありません。

 

ちゃんとコピーライターになろうと必死の若者はパワーに溢れています。

 

それでは、一度様子を見極めるためにも、中途採用の試験なり、面接なりにお出かけして見ることをお勧めいたします。

関連ページ

コピーライターという仕事
コピーライターという職業はいつ出来たのか・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
コピーライターが人気の職業である理由
コピーライターになるためには(2)・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
コピーライターの収入
コピーライターの活躍の場・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
コピーライターの仕事の範囲
フリーランスになるためには・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
コピーライターとしての就職
コピーライターの求人はどこで探すのか・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
セールスコピーライターとは
コピーライターの生活(会社勤務の場合)・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
コピーライターに必要な感性やセンス
コピーライターの資質・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
コピーライターにとっての締切り
コピーライターとして有名な人々(2)・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
一世を風靡したコピー
コピーライターの展望・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。