USPとは

USPとは

企業のマーケティングにおいてどういうことが重要視されるのでしょうか。

 

あなたはUSPという言葉を聞いたことがありますか。

 

Unique Selling Propositionの頭文字ですが、日本語に訳すと「自社の強み」となります。

 

つまり、自社が他社に対して持ち歩いている強みのことです。

 

USPを持ち歩いていれば、他社に対して優位に立つことができると考えられます。

 

マーケティングにおいては自社ブランドの商品をどのように売り出して出向くかが重要となります。

 

このたまにUSPを考えるのです。

 

他社との違い、強みをどこに植え付けるのかを考えていくということです。

 

USPが明確であれば、価格を押し下げること無く売り上げを確保することができます。

 

当然、USPを確実なものにすることは容易ではありません。

 

営業戦略を最初から明確にしておかなければなりません。

 

行き当たりばったりのマーケティングでは無理。

 

USPを確実にするには他社がまねのできないことを持ち歩いていることや、消費者に対して魅力を持ち歩いていることが重要です。

 

自社の商品にそれだけの価値を加えることなのです。

 

USPの考え方はまったく多くの企業で明確に意識されていません。

 

近年になって、言葉として出てきたのです。

 

無論、何となくUSPの考え方はありました。

 

商品のメリットを決めることで優位に立とうとしてきたのです。

 

それを意識的に明確にすることが、現代のマーケティングを制することになるのです。

 

インターネットの普及によって、マーケティングの方法は複雑になってきました。

 

旧態依然としたマーケティングは通用しなくなっているのです。

 

 

USPの活用

USPとは他社にない強みということです。

 

この点だけは他社には負けませんというセールスポイントのことです。

 

USPは企業内で司ることができますが、それを決めたならばとことんこだわらなければなりません。

 

それほどしなければ、消費者から見てUSPに見えないからです。

 

USPは消費者に対しての公約と考えてもよいでしょう。

 

従って、実現困難なことをUSPとしてはいけませんし、実現しているかを判断できないようなこともUSPとはならないのです。

 

たとえば、誠実な対応、優しいサービスなどはその判断が難しくなりますよね。

 

なかなか自己満足で終わってしまうケースが多いのです。

 

USPを考えることは大切です。

 

そのUSPが消費者にとってメリットとならなければ意味がないのです。

 

あなたの商品はお客様に対して、いかなるメリットがあるのでしょうか。

 

それはお客様にとって、一体全体メリットなのでしょうか。

 

USPを考えることは、自社の商品やサービスを振り返ることにもなります。

 

どこにメリットを持たせているのかを考えるのです。

 

これから開発する商品ならば、いかなる人に使ってもらおうとしているのでしょうか。

 

ターゲットを明確にすることが大切です。

 

ターゲットを絞り込むことでUSPが作りやすくなります。

 

すべての消費者が満足できる商品などありえません。

 

絞り込んだターゲットが満足してくれれば良いのです。

 

それがUSPなのです。

 

USPは辛く練り上げる必要はありません。

 

できることで良いのです。

 

それを誠実に守っていきましょう。

 

 

営業とUSP

インターネットの普及によって、営業活動の方法が変わってきました。

 

ネットを通じての広告が当たり前となったからです。

 

ウェブショップなどがたくさん誕生していますが、それを成功させるためにはどういう営業が必要なのでしょうか。

 

やはり、直接お客様との対面はありません。

 

自社の良さを知ってもらうためにはサイトやサービスを充実させるしかないのです。

 

なので、USPの考えが出てきます。

 

USPとは独自の強みと訳されます。

 

他社にはない独自のメリットです。

 

たくさんのショップの中で、なんで当社を選んでくれたのか、どういうものを購入してくれたのかを分析することが営業活動として重要なことになります。

 

多くの人がリピーターとなることによって、ウェブショップは売り上げを引き伸ばすことができるのです。

 

他社には薄いメリットを消費者が感じたからこそリピーターになるのです。

 

それがUSPということになります。

 

最初からUSPを意識した営業活動をすることが基本だが、自然とUSPが意識されて生じることもあります。

 

たとえばブランドイメージです。

 

品質の高い商品を渡し積み重ねることで、ブランドに品質の高さがイメージされるのです。

 

それは品質の高さをUSPとして考えて商品を渡したからです。

 

USPを考えたならば、それを一貫して守らなければなりません。

 

そうでなければ自社ブランドを汚すことになるのです。

 

企業はイメージが大切です。

 

そのイメージがいまだに確立していない段階では、誠実な対応が求められます。

 

USPを続けることが大切なのです。

関連ページ

USPと差別化
USPの分析・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPと比較
USPと市場・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
ブランドのUSP
USPの方法・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPの例
USPと競合・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPの役割
USPの成功事例・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPの発見
USPとキャッチコピー・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPの情報
USPの効果・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPを知る
USPの問題・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
マーケティングとUSP
USPの重要性・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。