USPと差別化

USPと差別化

自社の商品が他社にまねのできないものであるだとすれば、最初からUSPは明確になっています。

 

USPを自覚することによって、他社との差別化を図ることができるのです。

 

差別化に成功すれば、価格競争をする必要がなくなります。

 

但し、そのUSPが明確であっても営業戦略をうまく進める必要があります。

 

それは商品のメリットをすべての消費者が同じように感ずるわけではないからです。

 

つまり、ある人にとってはUSPがメリットであっても、第三者にとっては何の価値もないというケースはよくある話です。

 

商品を販売するときにはそれを求めている人に販売しなければなりません。

 

それが営業戦略ということになります。

 

当然、サービスなどにおいてもおんなじことです。

 

自社のサービスをいかなる人が求めているのかをわかることから始めましょう。

 

こうした人にとってのターゲットプライスはどれくらいなのかを設定します。

 

強みがあっても、それを上手く利用しなければならないのです。

 

黙っていて消費者の方から近寄って得ることはわずかとしてよいでしょう。

 

皆はたくさんの商品を見ています。

 

あなたの企業のUSPに気付かないかもしれないのです。

 

営業とは消費者に対してのアプローチです。

 

積極的な販売を努めなければなりませんが、不要人には意味がないのです。

 

社会の要望や時流も無関係ではありません。

 

タイミングを離すことが命取りの達する恐れもあります。

 

商品の差別化を明確にして、それをメリットとして販売していくのです。

 

 

USPとメリット

USPとは独自の強みであり、メリットとしてよいでしょう。

 

あなたの会社の商品やサービスはどこがメリットなのでしょうか。

 

それを考えることがUSPを考えるということです。

 

今までの営業戦略はそのことを明確に意識してこなかったのです。

 

今さらながらですね。

 

商品のメリットを考えていなければ消費者に対して積極的な営業ができません。

 

ただし、このUSPは一層濃いところまで考えなければなりません。

 

つまり、みんなに対してのメリットは存在しません。

 

ある人にはメリットであっても、他人にはメリットではないのです。

 

そのことを意識すれば、如何なる人に商品を販売すべきかがわかります。

 

ターゲットを絞り込むということです。

 

このような営業戦略はこれも提唱されてきました。

 

但し、多くの企業で本当の意味で理解されていなかったのでしょう。

 

USPという言葉が注目を集めていることからもわかります。

 

メリットを出した品ぞろえが営業の売り上げを引き伸ばすことは明らかです。

 

どれだけ他社に対してメリットをアピールできるかが重要なのですね。

 

あなたはセールスですか。

 

如何なる販売の仕方を通じていますか。

 

USPを意識して下さい。

 

やはり、USPとはセールス個人が感じ取ることではありません。

 

企業として共通した意識を持つことが大切です。

 

そうして、それは貫くものでなければならないのです。

 

トレンドによってなかなか方向転換を余儀なく罹ることもあるでしょう。

 

その時でも消費者の視点に立って、USPを考えるようにしましょう。

 

 

USPの分析

商品を販売するときどきその商品に価値をつけています。

 

他社には乏しい価値を塗りつけることができればそれがUSPとなります。

 

USPとは独自のウリと解釈してよいでしょう。

 

自分の会社が持っている価値とは如何なるものなのかを分析しましょう。

 

多くの人が商品の価値を高めようとしています。

 

それが消費者にとって有益なものであれば、販売の増加となって顕れるでしょう。

 

他社にはない価値を捜し当てることは大切なことなのです。

 

USPを考えるときどき、消費者が求めている価値を分析しなければなりません。

 

それは市場が求めているものと考えてもよいでしょう。

 

世代や置かれた生活環境によって求めるものは異なってきます。

 

同じ道徳心を持っているわけではないのです。

 

時流もありますね。

 

人はもっとおんなじ考えを通しているわけではないからです。

 

考えたUSPをどんどん変えてはいけないということではありません。

 

時代に割り切れるものでなければならないのです。

 

USPを考えるということはマーケティングをしっかりとあげることに他なりません。

 

消費動向、商品の価値、時流など、多くのことを分析しなければなりません。

 

そうして、その中からUSPを考えていくのです。

 

厳しいことをUSPとすることはありませんが、消費者にとってアピール出来るものでなければなりません。

 

また、一向に他社ができないことである必要はないのです。

 

ただ、自分たちの気持ちが他社に負けないものでなければなりません。

 

現代の消費者は賢くなっています。

関連ページ

USPとは
営業とUSP・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPと比較
USPと市場・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
ブランドのUSP
USPの方法・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPの例
USPと競合・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPの役割
USPの成功事例・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPの発見
USPとキャッチコピー・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPの情報
USPの効果・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPを知る
USPの問題・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
マーケティングとUSP
USPの重要性・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。