USPと比較

USPと比較

ネットで商品を検索するときどき、その比較サイトを見極めることが多いのではないでしょうか。

 

同じものであれば、価格が短いものを選びたいからです。

 

ただし、USPを携帯している商品であれば、他社と比較しても十分に太刀打ちできます。

 

USPは独自の強みだからです。

 

価格が高くてもそれだけの価値を認めている人は購入するのです。

 

USPが消費者にとって価値となるのです。

 

USPが注目陥るのはこのようなケースが多いからです。

 

現代は価格競争に陥りがちですが、USPをしっかりと携帯している企業の商品は市場でのシェアを確保できるのです。

 

比較するなかには価格だけではなく、性能面での比較もあります。

 

他社よりも際立つ性能を携帯していればそれがUSPとなるのです。

 

その性能を求めている消費者がいるのです。

 

ターゲットを絞り込むことがUSPを有効に活用する手段と考えられます。

 

多くの人がおんなじ性能を求めているわけではないからです。

 

価格だけを見ている人、精度、静かさ、多機能性など、探し求めるものは異なっています。

 

要望の多様化と表現してもよいでしょう。

 

その多様な分だけUSPがあるとしてよいでしょう。

 

企業内の営業戦略としてUSPを考えて下さい。

 

USPを考えない営業はあり得ないと言ってもいいのです。

 

他社との比較を防ぐことはできません。

 

そのためにもUSPを確実なものにするのです。

 

どのようなUSPにすればよいかは、どのような消費者に販売するかに関わって来る。

 

ターゲットとUSPには密接な関係があるのです。

 

 

製品のUSP

製品を販売するたまに他社には無いバリューを塗り付けることが大切です。

 

それをUSPと呼びます。

 

独自の強みと訳されますが、平たく言えばメリット、または価値のことです。

 

他社との差別化を図ることが経営の成功をもたらしてくれるのです。

 

業務において、どの業種も当たることです。

 

多くの人が各種USPを考えています。

 

新しい仕事を始めるのであれば、初めてUSPを明確にすることです。

 

如何なる市場をターゲットとするかということです。

 

これからの時代は要望の多様化に対応しなければなりません。

 

但し、すべての要望を対象とする必要はないのです。

 

ある限られた人たちにとってUSPが価値あるものであれば、業務として成功することになるのです。

 

ターゲットを絞るということは、その市場も限定的なものになります。

 

総売り上げは多くを見込めないかもしれません。

 

但し、それは営業戦略として問題ないと考えられませんか。

 

真新しい製品を開発する時として他社との比較に持ちこたえるだけのUSPを持っていなければなりません。

 

そんなにしなければ価格競争になってしまうからです。

 

価格競争は自社にとっても他社にとっても素晴らしいことではありません。

 

そのことを十分理解しておきましょう。

 

製品のメリットをアピールすることが本来の営業戦略です。

 

価格を押し下げることはリーサルウェポンとして下さい。

 

USPとはUnique Selling Propositionの略です。

 

この英語を知らなくても、USPの考えを持っている人も多いでしょう。

 

ひとりでに製品を作って並べるのではなく、商品を購入している消費者のことを考えているのです。

 

 

USPと市場

大きいターゲットと大きい市場に割り切れるサービスや商品は理想的なものです。

 

仕事として大成功となるのです。

 

但し、現実は難しいでしょう。

 

そこでターゲットを絞り込むことを考えなければなりません。

 

限定したターゲットであれば、商品の購入目的が明確となります。

 

それらの消費者に対するUSPを考えるのです。

 

USPは他社に薄いウリです。

 

限定した市場で割り切れるUSPを考えて行くことが営業戦略となるのです。

 

あなたの企業はいかなる人をターゲットとしていますか。

 

ターゲットを絞り込む時によく利用される方法は、架空の消費者をイメージすることです。

 

具体的にイメージします。

 

年齢、性別、家族構成、日常生活、住所などです。

 

その消費者にとって、価値を持つUSPとはいかなることかを考えるのです。

 

そうすれば、いつの間にか見えてくることがあるはずです。

 

イメージした消費者は全体に対してどのくらいの割合でしょうか。

 

それによって市場規模が見えてきます。

 

ぼんやり消費者と考えていたものが、だんだん具体化して来る。

 

マーケティングを考える時に、商品のすべての工程を考える必要はありません。

 

ある一部分のUSPだけでもいいのです。

 

それが消費者にとって、価値をもたらしてくれるのです。

 

たとえば、品ぞろえで他社を圧倒するとか、ニッチなジャンルを強調するとか、仕入れをスピーディーにするっていうことです。

 

考えてみれば、USPはたくさんイメージできますね。

 

逆にUSPを考えずに仕事を通じてはいけないのです。

関連ページ

USPとは
営業とUSP・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPと差別化
USPの分析・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
ブランドのUSP
USPの方法・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPの例
USPと競合・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPの役割
USPの成功事例・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPの発見
USPとキャッチコピー・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPの情報
USPの効果・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPを知る
USPの問題・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
マーケティングとUSP
USPの重要性・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。