ブランドのUSP

ブランドのUSP

メーカーがブランドを探る時折、そのUSPを考えています。

 

他社との差異化を図ろうとするからです。

 

ブランドのイメージとは多くの人にとって、嬉しいものでしょうか。

 

すべての世代を対象としたブランドではなく、若者対し、中高年向けのブランドなどターゲットを絞っているはずです。

 

大手メーカーの営業戦略は参考になります。

 

真似をするのではなく、考え方を応用するのです。

 

USPは最大手だけではなく、個人経営のショップも活用出来るものです。

 

活用しなければ、成功しないと考えてもいいのです。

 

ブランドが他社との差異化に成功するためには、USPを明確にすることです。

 

USPが消費者に認められたところ、ブランドは毅然たる市場を獲得したことになります。

 

では、USPとしてどういうことを考えているのでしょうか。

 

性能や品質面での優位性が挙げられます。

 

メリットを有する商品であることをアピールするのです。

 

それは必然的に他社との差別化につながります。

 

そしたら、奇抜なことはどうでしょうか。

 

無論、消費者に割り切れるものでなければなりません。

 

スタイリッシュなデザインは皆の注目を集めます。

 

価格的に他社よりも高くても、購入しようと策する消費者は出てくるのです。

 

それがUSPなのです。

 

客観的にすべての点で他社より優れているということではなく、あるワンポイントだけでいいのです。

 

それがウリとなるからです。

 

世の中にたくさんあるブランドを考えてください。

 

それらがあなたの仕事の参考になるはずです。

 

 

USPの調査

USPマーケティングが注目されています。

 

他社に乏しいウリを突き止めることがUSPです。

 

ちっちゃな企業も大企業も商品のUSPを明確にしなければ、成功しません。

 

USPを明確にするということは、ターゲットとする消費者を明確にするということでもあります。

 

そのUSPに価値を認める人が消費者となるからです。

 

そのためには市場がどのようなUSPを求めているのかを考えなければなりません。

 

売り込みです。

 

営業戦略はそこから始まるのです。

 

地域に根差した仕事を展開するのであれば、その地域の市場を調査しましょう。

 

人々が何を求めているのか、どのような商品が好まれているのかです。

 

USPは企業の都合だけでできるものではありません。

 

消費者にとって価値がなければならないからです。

 

また、特別なものでなくてもいいのです。

 

お金をかけなくても、企業努力でできることでいいのです。

 

有名なピザ配達業者の話です。

 

USPとして、「半以内に送り届けます」を掲げました。

 

これは企業努力によって達成できることです。

 

そうして、一貫してそれを貫きたのです。

 

消費者にとって、それは価値のあることでした。

 

勿論、他社にそれができないわけではありません。

 

ただし、USPとして努力する姿勢が、実績として、成功の道筋をつけてくれたのです。

 

自社の商品にUSPがないと思っているのであれば、仕事は失敗するでしょう。

 

如何なるウリでもいいですから、きっちり作らなければなりません。

 

現代はコミュニケーションが速くなっています。

 

USPが口コミで拡がることも多いのです。

 

 

USPの方法

消費者の行動を見つけることはマーケティングの基本と考えられます。

 

USPが企業にとって重要なものであることが明確に意識され始めたのは最近のことです。

 

USPとは企業の強み、ウリのことです。

 

消費者が自社の商品をなぜ選んだのか、どうして選ばなかったのかをわかることが大切です。

 

ユニーク・セリング・プロポジションがあなたの会社にあるからなのです。

 

ぼんやり他社との差別化を図ってきたとしても、明確に意識してきたわけではないでしょう。

 

但し、これからのマーケティングはUSPを考えていかなければなりません。

 

消費者においてあなたの会社の商品に価値があるということです。

 

その価値を大切に守らなければなりません。

 

これが自社のUSPだと意識したならば、それに沿った営業戦略を考えていきましょう。

 

USPは複雑で高度なものである必要はありません。

 

シンプルで単純なものです。

 

また、皆様に対して、多くのことを約束することでもありません。

 

ただ、消費者が求めているであろうことの中で一つを確実にすることなのです。

 

それがUSPと言えるのです。

 

他社がやっていないことで、消費者が喜ぶことを探すのです。

 

会社の形態によって、そのUSPは違うものになります。

 

真にUSPを所持している会社も多いのです。

 

但し、それを意識するかどうかが重要になります。

 

USPは確実に守ってかなければならないからです。

 

自社の強みを意識することによって、営業の考え方が変わってきます。

 

そのためには他社のUSPがどこにあるのかを調べてみることもよいでしょう。

関連ページ

USPとは
営業とUSP・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPと差別化
USPの分析・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPと比較
USPと市場・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPの例
USPと競合・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPの役割
USPの成功事例・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPの発見
USPとキャッチコピー・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPの情報
USPの効果・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPを知る
USPの問題・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
マーケティングとUSP
USPの重要性・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。