USPの例

USPの例

ビジネスにおいてUSPを考えることは大切なことです。

 

自社の強みがなければ、消費者にとってメリットがないからです。

 

USPを考える場合どういうポイントがあるでしょうか。

 

初めて、USPとは新たに編み出すことではありません。

 

無論、これから新しいビジネスを始める場合は別です。

 

すでにあるUSPに気付いていないことが多いのです。

 

商品として販売しているのであれば、どこに他社との違いがあるのかを考えるのです。

 

USPを決めたならば、それは継続することが大切です。

 

ほとんど、そのUSPを続けていけることでなければなりません。

 

ウリですから、単発的なことではないのです。

 

そしたら、得意なことです。

 

他社に負けないようにと、不得意な分野で無理をしてもダメです。

 

自社が得意としている部分にUSPを持たなければならないのです。

 

そうしたら、社員がそのUSPに自信を持ち歩いていることです。

 

それはスキなことにつながります。

 

無理してUSPを通じても、途切れることになってしまう。

 

USPの成功事例はたくさんありますが、それを直接真似することは意味がありません。

 

どういう考えでUSPに至ったのかを解ることが大切です。

 

企業の規模に関わらず、USPを持つことは消費者を知ることでもあります。

 

USPとは消費者が求めているものですからです。

 

商品が売れない理由、売り払える理由を考えてみましょう。

 

どこに違いがあるのでしょうか。

 

売り込みも必要ですね。

 

営業としてやらなければならないことは多いのです。

 

USPはビジネスの手段です。

 

それだけでまとめるわけではありません。

 

 

USPの評価

あなたの営業活動はいかなる評価でしょうか。

 

自社の営業活動を評価することは大切なことです。

 

その評価を基に改めるべきところは改めなければならないからです。

 

次へのステップとなるのです。

 

USPを明確に所持している企業はUSPに沿った評価をしなければなりません。

 

USPによって消費者の印象は変わったのか、売り上げにどのように影響したのかを見極めるのです。

 

売り上げが生える時折理由があります。

 

ほとんどの場合はUSPの影響によるものでしょう。

 

必ずしもUSPの効果は高いとしてよいのでしょう。

 

他社に対する優位点をUSPと言いますが、具体的な商品の性能が優れている時だけではありません。

 

営業戦略として他社との差別化を図ることが出来るからです。

 

一際性能的に同じ商品を販売している場合は、USPを明確にすることで消費者に注目されるでしょう。

 

そうして、自社を選んで下さる機会が多くなるのです。

 

インターネットでUSPを調べてみましょう。

 

USPが魔法の言葉のように表現されているケースもあります。

 

当然、USPだけですぐに売り上げが挙がるわけではないのです。

 

USPを意識した営業活動を行うことによって売り上げが出るのです。

 

そのことを十分理解しておきましょう。

 

USPによってあなたの意識が変わるのです。

 

それが評価となるのです。

 

USPの効果とは直接目に見えることかもしれません。

 

ケバイUSPである必要はありません。

 

地道で誠実なUSPも人を引き寄せることでしょう。

 

それを望んでいる人がいるからです。

 

 

USPと競合

ユニークの対比語として競合があります。

 

企業の営業戦略はUSPを決めなければなりませんが、そのためには競合をわかることが大切です。

 

競合を知らずにUSPは語れないと言うくらいです。

 

では競合はいかなることでしょうか。

 

ここでの競合は競合他社のように会社同士の競争の意味ですが、どうしても同業者ではありません。

 

お客が自分の要望を満たそうとするたまに思い浮かべる複数の選択肢のことです。

 

昼食に何を取るか企てるら、ファストフードにするか、寿司にするかを考えますよね。

 

それは世代によって異なってきますし、予算にも関係してくるのです。

 

仕事を展開しようとすると必ず競合という場面があるのです。

 

競合した相手と自社との差別化を図ることがUSPに他なりません。

 

メリットを消費者に対してアピールするのです。

 

USPとは自分にしかないウリです。

 

それが競合との間で比較されるのです。

 

競合を考えるら、自社に対抗している他社を考えます。

 

いかなる仕事けれども競合はいます。

 

自社の製品と同じものが存在しないとしても、なんらかの形で競合はあるのです。

 

そのことを理解しなければなりません。

 

たとえば商品は優れてあり、他社が作っていないとしても、それを購入しないという選択肢があるからです。

 

また、ジュースを考えたら、健康に良いもの、しぼりたてのジュースなど各種見方ができます。

 

イコール競合となるのです。

 

競合を考えることによって自社のUSPが明確に意識されます。

 

違いがわかってくるからです。

関連ページ

USPとは
営業とUSP・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPと差別化
USPの分析・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPと比較
USPと市場・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
ブランドのUSP
USPの方法・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPの役割
USPの成功事例・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPの発見
USPとキャッチコピー・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPの情報
USPの効果・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPを知る
USPの問題・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
マーケティングとUSP
USPの重要性・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。