USPの役割

USPの役割

USPとは何ですか。

 

独自のウリですか。

 

当然、これは言葉としてはふさわしい解釈ですが、具体的にはどういうことかわかっていますか。

 

ちょっぴりわかりやすく言いますと、自分だけができるビジネスの提案です。

 

消費者に対して、私はこうしたことができますから、私のパートナーになりませんか、ということなのです。

 

USPを明確にすることは消費者にどういう恩恵を達することができるかを明確にすることです。

 

消費者は自分が満足できるとわかっているのであれば、それを貪るのです。

 

価格が高くても済むとしてしまう。

 

USPは提案ですが、消費者は約束と捉えます。

 

そのことは非常に重要です。

 

約束は守らなければならないからです。

 

クライアントとの約束です。

 

商品やサービスがUSP通りであれば、それは信頼に替わります。

 

それが品質と呼ばれるものです。

 

消費者がUSPを認めて何とか意義があるのです。

 

USPは企業のうたい文句ではありません。

 

そんなふうに考えますと、できないようなことをUSPとしてはいけませんし、継続できるものでなければなりません。

 

また、USPを実現するためにはかなりの努力をしなければならないのです。

 

USPを決めるところそこまで考えておかなければなりません。

 

そんなふうにしなければ、消費者の期待は裏切られることになります。

 

ネームバリューは激しく低下してしまうことでしょう。

 

自分たちが守れることだけをUSPとしなければなりません。

 

守れないこと、約束できないことは断じてUSPにはならないのです。

 

これからのビジネスにはUSPが必要です。

 

 

USPとWebマーケティング

WebマーケティングのコンサルタントなどはUSPのことを非常に重要視しています。

 

もちろん、それは当たり前なのですが、Webを活用した仕事にはUSPの活用が不可欠だからです。

 

営業は消費者と直接やり取りするわけではありません。

 

ぜんぜん、メールやサイトの情報のみ。

 

営業力を人がやるのではなく、言葉と実績で証明しなければならないのです。

 

Webマーケティングでは消費者の要望を確かめることも重要となります。

 

検索サイトの情報から、消費者がどういうものを求めているのかがわかります。

 

自分のショップが持ち歩いているUSPが要望に合致するようにしなければなりません。

 

そのためには思えるUSPとその価値を認めてくれるターゲットを絞り込むことですね。

 

ウェブショップの情報は口コミサイトによって広がっていきます。

 

日本中の人が口コミサイトにアクセス出来るのですから、良い評判を腹黒い評判も一気に流れることでしょう。

 

USPを作っていたとしても、それを守れなければ信用はがた落ちですね。

 

その代わり、しっかりとUSPを守っているショップの評価は伸びるでしょう。

 

USPを宣言するということは消費者に対して責任を負うことです。

 

簡単にあきらめてはいけないのです。

 

何としてもUSPに反しないようにください。

 

Webマーケティングでは売り上げが伸びないと悩んでいる人が多いのですが、それには理由があるということを理解しましょう。

 

一段と考えるのです。

 

商品を購入している人、していない人の差は何でしょうか。

 

あなたのショップに足りないものは何でしょうか。

 

 

USPの成功事例

ドミノピザの話はUSPの典型的な成功事例として、各種サイトで見極めることができます。

 

そのUSPとは「焼き立てのピザを半以内にお届けします」というものでした。

 

これは実績としてエライことも重要ですが、USPとして手本と決める点があります。

 

初めて、明確で具体的な言葉であることです。

 

消費者はこの言葉の意味をもちまして受け取ることができます。

 

そうして、それが実現浴びるかどうかを消費者自身が確認できるのです。

 

実現できたならばそれは期待通りの商品だと実感できるのです。

 

約束を守ってくれるショップですね。

 

また、当時は同じビジネスを通じているピザ屋はありましたが、半というユニークなキャッチフレーズが重要だったのです。

 

これが大成功してドミノピザは大きくなったのです。

 

「早く届ける」ではなく「半で与える」です。

 

より具体的に表現されているのです。

 

消費者は自分が期待していることが達成されれば満足します。

 

達成されたことを客観的に知ることができることが重要なのですね。

 

あなたの会社のUSPはどうでしょうか。

 

平等ですか。

 

消費者にとってわかりやすいでしょうか。

 

ここで消費者とはどのようなものでしょうか。

 

ピザを取る人はドミノピザの価値を認めているのですが、食べない人にとってはどうしてでも済むことです。

 

USPとはその価値を聞き入れる人だけが知っていれば良いのです。

 

これは企業から見ればターゲットを絞ることに他なりません。

 

すべての消費者を相手にする必要はないのです。

関連ページ

USPとは
営業とUSP・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPと差別化
USPの分析・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPと比較
USPと市場・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
ブランドのUSP
USPの方法・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPの例
USPと競合・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPの発見
USPとキャッチコピー・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPの情報
USPの効果・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPを知る
USPの問題・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
マーケティングとUSP
USPの重要性・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。