USPの発見

USPの発見

当社にはUSPがないと悩んでいる人は多いようですが、はなはだそうでしょうか。

 

USPを欠ける企業は存在しないと思います。

 

自社が持ち歩いている強みを自覚していないのです。

 

先ず、商品を購入してくれるクライアントのことを分析してみましょう。

 

どんな人が購入しているのでしょうか。

 

その理由は何でしょうか。

 

USPがないならば、他社の商品でもうっちゃるはずなのです。

 

自社の商品に自信を持つことは大切ですが、その断固たる理由がなければなりません。

 

精神論ではビジネスは成功しないのです。

 

多くの人が営業として自社の商品を販売していることでしょう。

 

彼らがUSPを示すことができなければ、売上は落ちていくのです。

 

USPとは酷いことではありませんが、誰でもできることだとすれば意味がないでしょう。

 

インターネットで検索してみませんか。

 

多くのサイトでUSPの重要性が説かれています。

 

具体的にどのようにしてUSPを創るかのアドバイスを通じてくれるサイトもあるでしょう。

 

USPをしっかりと持つことによって、大半のビジネスが成功すると言われています。

 

逆に見れば、多くの企業がUSPを欠けるということです。

 

それであれば今がチャンスかもしれません。

 

他社との差別化を図るチャンスです。

 

USPは頼もしい言葉で表現できなくても良しのです。

 

コピーではありません。

 

誠実でわかりやすい言葉でUSPを指しましょう。

 

そんなふうにすることによって、消費者の共感を得ることができるのです。

 

今からでも遅くありませんよ。

 

 

企業とUSP

営業戦略を考える部署を持っているような企業では、当然のことながらUSPもしっかりとしています。

 

勿論、一つのUSPである必要はありません。

 

いくつかのUSPを持っていても構いません。

 

消費者の違いによってUSPを使い分ければよいからです。

 

USPとは独自のウリですが、企業が広くなれば多角的なUSPを考えていかなければなりません。

 

ちっちゃな企業であってもUSPに対する考え方は変わりません。

 

消費者に対する独自の約束なのです。

 

当社の商品にはあんな頼もしいメリットがありますと消費者に約束するのです。

 

その約束は二度と破ってはいけません。

 

消費者にとって、自分が何を期待しているのか、その期待は満足されたのかが明確に押さえることが重要です。

 

それがリピーターとなるポイントなのです。

 

企業に対するリライアビリティとなっていきます。

 

企業のサイクルは長いですから、USPも継続していくことが大切です。

 

自分たちから、次の新人社員たちへと受け継いでいくのです。

 

そのためにはUSPは全社員が納得するものとなるでしょう。

 

それが社員のモチベーションを高めてくれるからです。

 

他社との差別化を図ることが重要ですが、それは簡単ではありません。

 

同業他社であれば、それはさらにです。

 

今は誰もやっていないことだとすればUSPとして通用するでしょう。

 

明確な意思を持って、企業全体で対応していくのです。

 

上辺だけを繕っていては逆効果です。

 

消費者を見くびってはいけないのです。

 

USPが重要視されるようになってきた背景には、Webときの業務の展開があると言われています。

 

 

USPとキャッチコピー

キャッチコピーは企業のイメージアップに効果的です。

 

奇抜なキャッチコピーはみんなに共感を加えるものとなります。

 

USPも同じように重要です。

 

ただし、USPはユーザーとの独自の約束という面が強くなります。

 

頼もしい言葉だけではUSPは駄目。

 

USPが自社の特徴を賢く表現していることもあるでしょう。

 

それは消費者が望んでいることにマッチすれば、仕事はすごく広がるのです。

 

USPを求めている人々をターゲットとして絞り込むのです。
キャッチコピーは商品を購入する人もしない人も共感していただけるかもしれません。

 

但し、USPの価値を聞き入れる人は商品を購入する確率が高いのです。

 

現代の企業はUSPを明確にすることを重要視しています。

 

それが企業としての理念ともなるのです。

 

お客様にとってメリットであることを企業として確実にまとめる約束なのです。

 

喜びを達するためには、期待していることとその結果が明確でなければなりません。

 

具体的な数字で表現されないとしても、消費者が満足したと思えることが大切なのです。

 

USPを活用するための方法について、コンサルタントなどのサイトがたくさんあります。

 

それらの人のアドバイスを受けることもよいのですが、自分たちでしっかり考えることです。

 

USPは自分たちで設けるものですからです。

 

とっくにあるのに気づかないケースもあります。

 

マーケティングが重要なのは、気づかないことを作る時かもしれませんね。

 

他社との差別化を図るためのUSPですが、できないことを約束しないようにください。

関連ページ

USPとは
営業とUSP・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPと差別化
USPの分析・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPと比較
USPと市場・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
ブランドのUSP
USPの方法・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPの例
USPと競合・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPの役割
USPの成功事例・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPの情報
USPの効果・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPを知る
USPの問題・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
マーケティングとUSP
USPの重要性・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。