USPの情報

USPの情報

USPについての情報をまとめるためには、企業のサイトをよむことです。

 

そこには消費者に如何なるメリットをもたらしてくれるのかが書かれているでしょう。

 

それがUSPです。

 

明確な言葉ではないケースもあるでしょう。

 

但し、それは求めている人に理解できれば良しのかもしれません。

 

USPを具体的にすることによって、ターゲットを絞り込むことができます。

 

ターゲットを絞り込むことは要望を絞り込むことになるのです。

 

要望に対してUSPが合致していることが大切ですね。

 

USPについて満足した消費者は口コミサイトなどに打ち込むことでしょう。

 

良い評判が広がっていくのです。

 

如何なるUSPを作ればよいのか見当もつかないのであれば、営業コンサルタントなどに相談してみるのもよいでしょう。

 

たくさんの書籍なども販売されています。

 

もうどこでもUSPなのです。

 

USPを掲げたからと言ってすぐに営業成績がよくなるわけではありません。

 

但し、それまでと異なる視点で消費者と接することが出来るようになるかもしれませんね。

 

これからの時代は営業戦略が重要です。

 

どのように営業展開して行くかということです。

 

そのためにもUSPがなければなりません。

 

USPによる経営でなければならないからです。

 

これは企業の歴史と直接関係ありませんから、古めかしい企業でも初々しいUSPを作って良しのです。

 

これまでの歴史を通して目新しいUSPです。

 

また、目新しい企業は時代にマッチしたUSPを探ることでしょう。

 

自分たちの得意な分野でUSPを作りあげることが確実ですね。

 

USPは約束として守らなければならないからです。

 

 

USPを作る

USPを取ることを考えましょう。

 

USPとは自社の強みです。

 

他社に弱いもので、これだけは渡り合えるというものです。

 

たとえば引越し業者の例を挙げてみましょう。

 

ただただ価格が低い引越し業者であれば、それはUSPとはなりません。

 

特徴を表すのです。

 

いかなる利用者を考えるかが大事です。

 

学生専門の引越し業者それでもいいでしょう。

 

すべての利用者に対してUSPを考えるのではなく、限定して良しのです。

 

学生の利用者に特化することによって、他社にまねができないサービスを提供するのです。

 

また、女性スタッフだけで引越しを行うというサービスもあるでしょう。

 

同業他社が行っていないサービスです。

 

利用者の視点に立って、サービスを考えることが大切です。

 

マーケティングの基本は、消費者の気持ちになることです。

 

消費者が何を求めているのかを正確に把握することです。

 

よく、5W1Hと言われますね。

 

誰が、何を、いつ、どこで、誰に、どのようにということです。

 

この観点から、サービスの対象を絞り込むのです。

 

その中から実現できそうなUSPを掘りおこすのです。

 

注意しなければならないのは多くのことを望んではいけないということです。

 

すべてのお客に平等に行えるサービスは限られていますし、実現することは困難になります。

 

できないことをUSPとすることは無駄なのです。

 

継続してできることがUSPの基本です。

 

大きなことでないほうがよいでしょう。

 

引越し業者の例を考えてもわかるように、各種視点を持てばUSPを始めることは難しくありません。

 

 

USPの効果

マーケティングの手法の一つとしてUSPを定めることがあります。

 

これは消費者に対して、自分たちが如何なる価値を加えることができるかを明確にすることです。

 

USPとは独自の強みですが、消費者にとってはメリットとなるのです。

 

消費者が待ち焦がれるメリットがあなたの定める価値と合致すれば業務は成功するのです。

 

業務を進めて行くときの道標としてもUSPを考えることができます。

 

USPに反しないような行動をとらなければならないからです。

 

USPを創ることによって多くの企業の売り上げが遅れると言われています。

 

つまり、USPを欠ける企業が多いということなのです。

 

USPを持たなければ、営業の明確なビジョンを描くことができません。

 

消費者に対して何をアピールすべきかわからないからです。

 

USPの効果を過小評価してはいけません。

 

今までのやり方を振り返ってみましょう。

 

如何なる消費者に対して、如何なる商品を販売してきましたか。

 

それは消費者にメリットを与えたのでしょうか。

 

USPを決めることによって、明確にメリットを与えていると聞こえるでしょう。

 

自分たちの営業戦略が間違っていなかったのだと自信を持ち歩いて呼べるのです。

 

社内のモチベーションも伸びることでしょう。

 

営業のターゲットが明確になるからです。

 

業務には相手が必要です。

 

他社との差別化を図ることによって、利益を高めることができるのです。

 

それはUSPを明確にすることによって可能となるのです。

 

あなたは如何なるUSPを作りましたか。

関連ページ

USPとは
営業とUSP・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPと差別化
USPの分析・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPと比較
USPと市場・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
ブランドのUSP
USPの方法・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPの例
USPと競合・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPの役割
USPの成功事例・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPの発見
USPとキャッチコピー・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPを知る
USPの問題・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
マーケティングとUSP
USPの重要性・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。