USPを知る

USPを知る

営業戦略として、USPが注目変わるようになってきました。

 

ユニーク・セリング・プロポジション、企業のウリです。

 

やはり、今までも考えられてきたのですが、それを明確に意識することが大切なのです。

 

漠然と他社にないものを求めていてもダメ。

 

多くの企業は他社との差異化を図ろうとしていますが、それは商品ごとに異なっているケースもあるのです。

 

USPを意識することによって、一貫した営業戦略を構築することができるのです。

 

USPを作りあげることは厳しいことではありません。

 

逆に耐え難いことをUSPとしてはいけないのです。

 

お客に対してUSPを確実に守らなければ、自社の強みとはならないからです。

 

消費者が多くのことを望んでいるとしても、すべてを満足させるようなサービスはありません。

 

その中でこだわりを持ち歩いているものを決めるのです。

 

消費者があなたの商品を選んだ理由はなんでしょうか。

 

なんで、他社の商品ではなかったのでしょうか。

 

その理由をわかることは大切です。

 

それが自分でも気が付いていないUSPなのかもしれません。

 

これからの時代は安売り競争ではありません。

 

安売りでは将来が見えないからです。

 

外国から同じ商品が輸入されたならば、太刀打ちすることは難しいでしょう。

 

USPを意識して下さい。

 

マーケティングの専門家の提唱です。

 

自分の仕事に自信を持ち歩いているのであれば、どんなことを心がけていますか。

 

それこそがUSPと言えるのではないでしょうか。

 

自社を宣伝するからには、このことだけは譲れないというポイントがあるはずですよね。

 

 

USPの注意

効果的Webマーケティングの重要性が説かれるようになってから、USPが注目を集めています。

 

USPとはユニーク・セリング・プロポジションです。

 

企業のウリとか、強みと言われるものです。

 

あなたの会社にはいかなる強みがありますか。

 

USPを明確にすることこそ、マーケティングの基本なのです。

 

経営戦略のビジョンを明確にすることに他なりません。

 

他社に対していかなる優位性を持つことが出来るのか、それを考えましょう。

 

しかし、USPとは特別なことである必要はありません。

 

ちっちゃなことでも良しのです。

 

消費者に対して、この点だけは負けませんと言えるものです。

 

できもしないことをUSPとして持ち上げることは逆効果です。

 

消費者は愛想を尽かしてしまうでしょう。

 

消費者の立場に立って、マーケティングを考えていきましょう。

 

すべての消費者を対象とする必要はありません。

 

自社のブランドはどの世代をターゲットとしているのかを明確にすることです。

 

USPを調べることは、営業戦略を明確にすることです。

 

さっそくUSPだけを作っても、意味がありませんね。

 

その商品だけにある特徴です。

 

消費者にとってはメリットと言えるものです。

 

消費者の行動や求めているものを分析しましょう。

 

独りよがりのUSPなどありえませんね。

 

USPを考える時折、消費者に対して明確なメリットとなっているのか、他社がまねすることのできないことなのか、カワイイことなのかを自問ください。

 

他社との差別化を図ることができれば、価格が高くても売れていくのです。

 

 

USPの問題

自社の強みを見極めて、他社との差異化を図ろうとする動きが注目を集めています。

 

それはUSPと呼ばれるものだが、USPを結構絞り込めていない企業が多いようです。

 

それらのどこに問題があるのかを考えてみましょう。

 

企業内でUSPを考えてみたけれども、4に絞り込んで、それ以上に絞り込めてないという会社があります。

 

この場合の問題はターゲットを絞り込めていないということに他なりません。

 

如何なる世代を対象とするのか、如何なる要望に応えようとしているのかが重要です。

 

そこを明確にしないためにUSPが絞り秘めないのです。

 

ターゲットを絞り込む一つの方法としては、具体的なユーザーのイメージを形作ることがよく行われている手法です。

 

仮想の人もの像を作るのです。

 

その人をターゲットとするのです。

 

たとえば、どこに住んでいて、年齢は幾つで、性別は男性、家族構成も行う。

 

如何なる仕事を通じていて、日常的買いものは如何なるところに行くかを決めます。

 

その人の要望に応えられるような商品を提供するのです。

 

それがUSPとなります。

 

如何なる番組を見て、如何なるファッションや趣味があるのかをイメージします。

 

無論、会社で提供している商品においてくれるような人でなければなりません。

 

会議の中でこの人ものなら喜んで購入していただける商品を組立てるのです。

 

USPとはとっくに作られている場合もありますが、多くの企業では明確に意識されていません。

 

そのためにターゲットを明確にした営業戦略が作れないのです。

関連ページ

USPとは
営業とUSP・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPと差別化
USPの分析・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPと比較
USPと市場・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
ブランドのUSP
USPの方法・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPの例
USPと競合・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPの役割
USPの成功事例・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPの発見
USPとキャッチコピー・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPの情報
USPの効果・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
マーケティングとUSP
USPの重要性・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。