マーケティングとUSP

マーケティングとUSP

企業の売り上げを引き伸ばすためにはマーケティングをどんなに進めて行くかということが重要になります。

 

最近注目されているマーケティングの手法として、USPがあります。

 

ユニーク・セリング・プロポジションの略ですが、「企業の強み」とか「ウリ」と訳されています。

 

つまり、他社にない自社だけのセールスポイントです。

 

これは商品でもサービスけれどもどんな形でもいいのです。

 

これだけは他社に負けないことがあるはずです。

 

USPを考えるということは、マーケティングにおいて他社と同じ競争をしないということです。

 

おんなじ能力でおんなじものを作っている限りは価格競争になって仕舞うだけです。

 

まずはこれからの企業は伸びていきません。

 

他社にないものを見つけなければならないのです。

 

本当はUSPは既にある場合もあります。

 

それを自覚していないためにマーケティングの武器として活用できていないのです。

 

自社の商品をアピールするためのポイントを考えなければなりません。

 

どこがメリットなのかでしょう。

 

並みにはどうでも良いことけれども、こだわりを携帯している人にとっては意味のあることもあります。

 

つまり、ユーザーによってUSPとなるものがなるのです。

 

あなたの会社がどんな人をターゲットにしているのかを明確にすることです。

 

どんな世代に購入してもらおうとしているのかです。

 

そのためにはどんな使われ方をするのかを知っておかなければなりません。

 

現状を分析して、売り上げを引き伸ばすことを考えるのです。

 

 

USPの意味

USPを知っていますか。

 

USPとは直訳すれば、「独特の営業提案」となります。

 

つまり、他社には弱い独自のセールスポイントです。

 

多くの企業は新商品を開発した時に、どの部分が優れているのか、どこが新しいのかを強調します。

 

それがUSPと呼ばれるものです。

 

サービス業であれば、ある世代に絞り込んでサービスを充実させることが考えられます。

 

それを一貫して立ち向かうことによって、それがUSPとして定着するのです。

 

USPは社内だけで納得しているのでは意味がありません。

 

消費者が受け入れるものでなければならないのです。

 

それとなくしたものよりも、きちんと数字で表現出来る方が消費者に対してアピールし易くなります。

 

他社との差を数字で指し示すことが出来るからです。

 

USPを決めたならば、それを守っていかなければなりません。

 

USPを自分から壊してしまうと、逆効果になってしまいます。

 

消費者は離れていくのです。

 

これからのマーケティングは消費者の動向を掴むことが大切です。

 

適切USPを考えたとしても、だれもそれを求めていないのであれば、売り上げにはつながりません。

 

消費者が求めているものでなければならないのです。

 

売り込みを行うことは一般的です。

 

消費者がどんなものを求めているのかを分かることが大切です。

 

但し、他社との差を考えるのであれば、既存のメリットではだめですよね。

 

ユニークでなければならないのです。

 

簡単そうでしんどいのですが、それが営業戦略というものです。

 

あなたの会社はどんな営業戦略を描いているのでしょうか。

 

 

USPの重要性

ブランドを始める時に、いかなるセールスポイントを考えていますか。

 

他社には乏しいウリがありますか。

 

USPは「独自の強み」と訳されますが、このUSPを意識して営業展開をはかることが非常に重要になってきています。

 

他社には乏しいものを持ち歩いていなければ、ブランドとしての意味がないからです。

 

やはりブランドの場合だけではありません。

 

一般の商品やサービスすべてに当てはまることなのです。

 

USPを意識した商品作りが重要です。

 

他社のまねをするだけでは、売り上げを引き伸ばすことはできません。

 

いかなるUSPが自社にあるのかを明確にすることです。

 

そのためにはプライベートブランドのユーザーがどこにいるのかを知ることから取り掛かりなければなりません。

 

ターゲットを明確にするということです。

 

たとえばウェブショップではいかなる人に購入してくれかによって、品ぞろえが変わってきます。

 

実際のユーザーは半分以上がリピーターだそうです。

 

つまり、そのウェブショップにUSPを感じているのです。

 

ショップ側が指しなくても自然とUSPができあがっていることもあるのです。

 

ただし、それは稀なケースと考えてください。

 

USPを意識して造ることが大切なのです。

 

本当は他社がまねできないことをUSPとくださいが、現実問題としてはそういったメリットを考えるのは難しいと言えます。

 

そこで、他社に対して、これだけは負けないように頑張っているということけれどもUSPとして活用出来るのです。

 

たとえば、品ぞろえを豊富にするとか、当日発送を原則とすると言ったことで良いのです。

関連ページ

USPとは
営業とUSP・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPと差別化
USPの分析・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPと比較
USPと市場・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
ブランドのUSP
USPの方法・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPの例
USPと競合・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPの役割
USPの成功事例・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPの発見
USPとキャッチコピー・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPの情報
USPの効果・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
USPを知る
USPの問題・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。