登録販売者であることのメリット

登録販売者であることのメリット

登録販売者は、2009年6月1日からスタートした、いまだにたいして真新しい資格です。

 

資格ですから、予めそれを取得するだけのメリットというのが多々あります。

 

今回は、それについて考えることにいたしましょう。

 

まるで、薬局やドラッグストアなど医薬品関連の仕事に就いているかたでしたら、登録販売者の資格を所持していることで、給与がアップすることになるでしょう。

 

受験のために、たくさん勉強もするですから、医薬品に対する知識も格段に増えます。

 

これは、医薬品を購入にいるお客様のためだけでなく、ご自身のためにも、ご家族のためにも大変素晴らしいことであると思います。

 

コンビニエンスストアでは、今後、大幅新規の雇用を行うことになるでしょうから、何とか資格を所持しているのに、それを生かせる仕事が中々見つからない・・・ということも使い切るでしょう。

 

コンビニエンスストアに限ったことではありませんが、それまでアルバイトで採用されていたかたも、この資格を所持することで、正社員として採用されることが増えると思います。

 

転職の際にも、有利になると思いますし、独立して開業することも夢ではありません。

 

無論、現在、何らかの商店などを経営してあるかたは、それに加えて医薬品も販売出来ることになるのですから、全体的な売上に期待が持てますね。

 

なんらかの理由で薬学部へ進めないかたにとっても、この登録販売者の資格を持つことで医薬品に関連する仕事に就くことが可能となるでしょう。

 

メリットはいっぱいありますね。

 

 

 

登録販売者の受験資格

登録販売者のメリットについて、前回、お話いたしましたが、とってもさまざまなメリットが行ける登録販売者だから、ぜひともこの資格を取りたいとおっしゃるかたは多いでしょう。

 

今後、ぐんぐん増えて生じることも考えられます。

 

ところで、この登録販売者の資格を得るための受験資格というのは、いったいどういうものなのでしょう。

 

本日は、それについてご紹介いたしますね。

 

受験資格は、きちんと条件の激しいものではありませんからご安心ください。

 

そうして、薬事法施行規則によって、4種類に分かれています。

 

では、(1)高等学校を卒業し、かつ、満1年以上のキャリアのある者。

 

そうして、(2)高等学校を未卒業であったり、高等学校卒業と同程度の資格を欠ける者に関しては、満4年以上のキャリアのある者。

 

グングン、(3)6年制の薬学部、または旧4年制の薬学部等を卒業した者。

 

最後に、(4)上記の者と同等以上の知識や経験があるということを都道府県知事が認めた者(旧大検、及び高等学校卒業程度の認定試験の合格者で、なおかつ1年間のキャリアのある者、外国の薬学校を卒業したもの)
以上、これらに当てはまるかたは、どなたであっても登録販売者の受験資格を持っていることになります。

 

試験は、それほど簡単なものであるとは言いにくいですが、しっかり勉強することでどなたでも合格することは可能です。

 

ぜひ、受験してこの資格を手に入れて下さいと思います。

 

なお、キャリアの詳細につきましては、また次回、ご説明させて下さい。

関連ページ

登録販売者とは
登録販売者制度が実施されてから、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
医薬品業界に参入する異業種(1)
医薬品業界に参入する異業種(3)、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
必要なキャリア(業務内容)
必要なキャリア(その他)、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
登録販売者の試験までの流れ
登録販売者の試験内容(2)、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
登録販売者試験の倍率
試験倍率の落差、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
登録販売者になるための勉強法
ガイドブックや問題集で勉強する、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
登録販売者の試験に合格した後
登録販売者と薬剤師の違い、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
登録販売者の求人
登録販売者試験の不正受験、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
登録販売者のスキルアップ
登録販売者になりましょう、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。