登録販売者になるための勉強法

登録販売者になるための勉強法

登録販売者になるためには、資格試験に合格しなくてはなりませんから勉強が必要です。

 

それも、簡単な勉強ではなく、しっかりとした勉強が必要となります。

 

多くのかたがたは、ドラッグストアや薬局などで働きながら、試験勉強をすることになるでしょう。

 

必然的に、勉強時間は夜と休みの日だけということになり、低い勉強時間で知識を得ることに集中しなくてはなりません。

 

もしも、そういう仕事という制約がないかたは、医療系の専門学校などへ通学して登録販売者の勉強をするのが良いと思います。

 

仕事があるかたは、専門学校は無理ですが、通信教育であれば可能ですね。

 

また、インターネットを使用して勉強することができるe-ラーニングによっても勉強することが可能です。

 

そうして、そういうものを一切使用しないで、テキストやテキスト、問題集などで独学するという勉強法があります。

 

結果、専門学校以外は全て独学ということになりますが、勉強を継続するという意志が途切れるというかたは、通信教育か、e-ラーニングのほうが、依然としていくらかでも良いのではないかと思います。

 

テキストとテキストのみで勉強する方法ですと、最初の2〜3日はやる気になっていても、次第に怠けてしまうというかたが多いです。

 

ご自身の学生時代を振り返り、それだけでも大丈夫だと自信のあるかたは断じて現在においても大丈夫だと思います。

 

ただし、学生時代から、そういう勉強法よりも塾などに向かうほうが自分に合っていたというかたは、通信教育かe-ラーニングによって、勉強せざるを得ない環境にしてしまいましょう。

 

それであっても、継続させるためには、ご自身の意志が必要となります。

 

勉強法を決める際にも、それほど登録販売者の資格を取らなくてはならないのだ!という凄い意志を特に持つことが大事でしょう。

 

 

 

登録販売者の勉強が出来る専門学校

独学で登録販売者の勉強をするのは、全く厳しそうだというかた・・・専門学校に通うことをお勧めいたします。

 

どうしても取りたい資格でしたら、学費程度の投資はもったいなくないでしょう。

 

ただし、あまり短い金額ではありませんから、では独学で頑張ってみて、さすが駄目だということになってからでも良いと思います。

 

登録販売者はまだまだ初々しい資格ではありますが、試験に合格させるためのクラスはあちらこちらで開設しています。

 

大都市でしたら、「東京医療秘書福祉専門学校」や「日本医歯薬専門学校」、「東京豊島医療福祉専門学校 」、「国際デュアル仕事専門学校 東京校」、「中野健康医療専門学校」、「朋友柔道整復専門学校」、「横浜医療秘書歯科助手専門学校」、「日本統合医療学園」などがありますし、大都市以外の関東地方ですと「東日本栄養医薬専門学校」、北海道地方でしたら「北海道医薬専門学校」や「札幌医療秘書福祉専門学校」、「北海道環境福祉専門学校」、東北地方でしたら「北日本医療福祉専門学校」、「仙台医療秘書福祉専門学校」、甲信越地方でしたら「新潟こども医療専門学校」、東海地方でしたら「あいち仕事専門学校」や「国際医療管理専門学校 名古屋校」、「静岡医療学園専門学校」、近畿地方でしたら「大阪医療秘書福祉専門学校」、「大阪医療技術学園専門学校」、九州地方でしたら「九州仕事専門学校」、「福岡医健専門学校」などの専門学校があります。

 

もちろん、これらは、ほんの一例であって、全国各地にはたくさんの専門学校があります。

 

しかし、登録販売者になるための勉強が出来る専門学校というのは、今のところはいまだに大きな街しかありませんので、地方のかたがたにとっては大変不便でもありましょうが、継続さえ出来るのであれば、独学でも合格出来る試験ですので、頑張って頂きたいと思います。

 

 

 

登録販売者の勉強ができる通信講座

登録販売者になりたいという気持ちが強ければ、専門学校などへ行かなくても独学で勉強ができると思いますし、昼間、仕事を通じているかたは専門学校へ向かう時間がとれませんから、必然的に独学になると思います。

 

以前にも何気なくふれましたが、独学の中それでもそれほど、勉強が進めやすいのは通信講座や、e-ラーニングでしょう。

 

これらは、一人であっても勉強が進めやすいような構成になっているものだから、本や問題集だけの独学よりもやりやすいように思います。

 

また、問題などを解いた後、郵送することにより添削を通じてできるということで、さまざまなアドバイスを頂くことも可能でしょう。

 

専門学校に比べますと、費用の面でもさんざっぱら安上がりになりますから、ひとつの勉強法として考えてみてはいかがでしょうか。

 

登録販売者の試験対策のための通信教育をいくつかご紹介いたしましょう。

 

・産業能率大学の「登録販売者 通信教育講座」
・LEC東京リーガルマインドの「登録販売者 試験対策講座」
・ヒューマンアカデミーの「登録販売者 合格講座」
・ネオフィスト研究所の「登録販売者 試験対策」、そして「登録販売者 OTC講座」
・JCI(公開経営指導協会)の「登録販売者 受験対策講座」
・キャリアカレッジジャパンの「登録販売者 合格指導講座」
・三幸医療カレッジの「登録販売者講座」
・日本統合医療学園の「登録販売者 養成学科」
・アイウィルの「登録販売者講座」
など、これらを含めまだまだたくさんの通信講座が用意されています。

 

いくつかの講座に資料請求などして、比較検討して下さい。

 

 

 

登録販売者の勉強が出来るe-ラーニング

パソコンを良く使用するかたは、登録販売者の勉強もパソコンでやってみてはいかがでしょうか。

 

現在では、e-ラーニングといって、パソコンとインターネットを使用した通信講座というものが出来ていて、だいぶ人気があります。

 

とくに、若々しい世代に人気が高いようですが、パソコンとインターネットさえ使用出来れば年齢なども関係ありません。

 

さまざまな講座が用意されているなかで、登録販売者の講座も勿論あります。

 

本日は、e-ラーニングで登録販売者の勉強が出来るところをご紹介してみたいと思います。

 

・Study jp e-ラーニング講座の「登録販売者 受験講座」
・Make Dream School Web講座の「医薬品登録販売者 資格Web講座」
・日本医歯薬専門学校の「登録販売者学科」・・・こちらは、専門学校を卒業したあとで、試験対策としてe-ラーニングシステムを使用することが可能となっています。

 

・NetPILOTINGの「一般用医薬品販売 栄転講座」
・ライトワークス e-ラーニング教材「登録販売者試験対策シリーズ」
などが、e-ラーニングで登録販売者の試験対策が出来る講座です。

 

当然、上記以外にも依然としてたくさんありますから、ご自身でも検索するなどして見い出し、いくつか良さそうなところが見つかったのなら、資料を請求心がけるなり、問い合わせを心がけるなりすると良いでしょう。

 

e-ラーニングの費用は、通信講座並みでそれほど高額ではありませんし、パソコンを使用するからといって、操作が難しいわけでもありません。

 

どなたでも勉強できるようになっていますので、ご安心ください。

 

 

 

ガイドブックや問題集で勉強する

登録販売者の勉強は、専門学校や通信講座、e-ラーニングなどに頼らなくても、本や問題集さえあれば一人でも出来ます。

 

自ら勉強することの大きなデメリットとして、継続が出来ないということが言えると思いますが、そこさえクリアできるのであれば、なにも高額な費用を出して学校などに向かう必要はありません。

 

通信講座も、e-ラーニングも独学ではありますが、本と問題集のみで行なう独学は、果たして孤独なものだから、勉強のスケジュールや時間配分なども全て、自分で決めなくてはならないのです。

 

でも、独学で勉強したいとおっしゃるかたは、何冊かの本と問題集を購入して下さい。

 

実際に独学で勉強を通してみて、これなら続けられみたいとか、自分には独学は無理みたい・・・などということが実体験として分かってくると思います。

 

まずは、独学で登録販売者の試験を受けようというかたのために、お勧めの本や問題集をご紹介いたしましょう。

 


・薬学検定3級・4級
・薬学検定試験 公式ガイド
・U-CANの登録販売者これだけ!一問一答集
・登録販売者になる!いちばん判るテキスト
・登録販売者攻略テキスト
・一括払い合格!登録販売者試験完全攻略テキスト
問題集
・完全攻略 医薬品「登録販売者試験」合格テキスト+模擬問題
・詳解 登録販売者過去問題集
・1回で合格!登録販売者予想問題集
・登録販売者直前対策問題集
・登録販売者試験想定問題集
・合格エキスパート 登録販売者試験問題集
上記以外にもまだまだたくさん発売されています。

 

これらは、飽くまでも参考程度として、あとはご自分で中身を見て一番勉強しやすいものを選んでください。

関連ページ

登録販売者とは
登録販売者制度が実施されてから、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
医薬品業界に参入する異業種(1)
医薬品業界に参入する異業種(3)、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
登録販売者であることのメリット
登録販売者の受験資格、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
必要なキャリア(業務内容)
必要なキャリア(その他)、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
登録販売者の試験までの流れ
登録販売者の試験内容(2)、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
登録販売者試験の倍率
試験倍率の落差、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。