登録販売者の試験に合格した後

登録販売者の試験に合格した後

長い間、一生懸命に登録販売者の試験勉強をし、試験を受け、やっと合格することが出来たといたしましょう。

 

そんなにしますと、でもうOTC医薬品(医療用医薬品とは異なり、医師の処方箋がなくても購入できる医薬品のことを言います)を販売できるのか・・・というと、そうではないんですね。

 

試験に合格しただけでは、依然駄目なのです。

 

では、どうすれば良いのかといいますと、合格した後で都道府県に「販売従事登録申請」をする必要があるのです。

 

販売従事登録は、原則的に試験に合格した後、最初に勤める県ということになっています。

 

万が一、それが複数県に超える場合でしたら、どれかひとつの県で登録すれば大丈夫です。

 

例えば、試験は東京で受けて合格して、東京以外の道府県で登録するということも無論可能です。

 

そうして、まず登録してしまえば、どの都道府県も販売することが出来るようになります。

 

やはり、合格した後、いつまでに登録しなければいけないという決まりもののものもありません。

 

登録する際に必要な書類は、以下のようになります。

 

・販売従事登録申請書
・登録販売者試験に合格したことを証する書類
・申請者の診断書
・申請者の戸籍の謄本、または抄本
・雇用契約書の写し、または使用関係を証明する書類(薬局の開設者、または医薬品の販売業者と申請者に対する使用関係を証する書類)
これらを用意して販売従事登録申請をします。

 

次いで、あなたもOTC医薬品を販売することが可能となります。

 

 

 

登録販売者の収入

登録販売者の試験を受けるかたというのは、それまでドラッグストアや薬局などに勤務していらしたかたが多いでしょう。

 

そうして、医薬品の知識をぐっとたくさん増やしたいという凄い思いもあるでしょうし、買いに来ていただけるお客様の相談にも、もっと正しくのってあげたいという良心も激しいことと思います。

 

但し、それだけでもないでしょう。

 

この、登録販売者という資格を所持することによって、収入の面でもそれまでよりもっと豊かになるのではないか、という思いもあると思います。

 

おんなじ仕事をするのであれば、知識も給料も一層たくさんあるほうが良いですよね。

 

ところで、登録販売者の給料というのは、どのくらいなのか気になりませんか。

 

無論勤務する会社によって給料は違いますが、何しろだいたいの基準というものがありますでしょう。

 

登録販売者の場合には、他の一般的な仕事について若干高めに設定されています。

 

何より、誰もが所持出来るわけではない資格を携帯していますから、その分の資格手当てが上乗せ繋がる形になっている会社が多いようですね。

 

しかも、登録販売者の資格を取ってしまえば、学歴ですとか性別による雇用の差は無いものと思います。

 

正社員でなくとも、パート係やアルバイトであっても、この資格を携帯していることで、別に資格手当を上乗せして受け取る会社も多いようですよ。

 

動くうえで収入というものは大事なものだから、勤務する会社を選ぶ際には募集要項を望ましく確かめたり、疑問に思うことは面接場合ちゃんと確認しておくのが良いと思います。

 

 

 

登録販売者と薬種商の違い

「薬種商」をご存じでしょうか。

 

薬種商もまた登録販売者と同じように資格のひとつなのですが、医薬品販売業に従事するためには、取得しておかなければならない資格なのです。

 

本日は、この薬種商と登録販売者の違いについて、考えてみたいと思います。

 

本当に薬種商という資格は国家資格ではなくて、都道府県知事が認定する資格となっています。

 

販売出来る医薬品は、厚生労働大臣が指定する医薬品以外の医薬品に限られていて、薬剤師がいる薬局のように処方箋による調剤をする事は出来ません。

 

そうして、薬種商試験の受験資格は高校卒業以上であり、医薬品販売業のキャリアが3年以上必要ということになっています。

 

ここまで見てみますと、何となく登録販売者に非常によく似ていませんか。

 

この二つは、おんなじものだと考えてもかなり支障ありません。

 

元々薬種商という資格は個人に得るものではなく、店舗に得る意味合いが凄いものでしたから、試験を受ける時点で店舗を用意していないと受験資格すらないということになっていたのです。

 

これが、登録販売者という資格が出来たことで、資格は店舗ではなく個人に得るようになりましたし、高校卒業者の場合、キャリアは3年も必要なくなりました。

 

わずか1年で良いのです。

 

それに加えて、薬種商の試験よりもハードルが甚だ安いようです。

 

薬種商の試験では、その年の合格者がゼロという年も至極あったようですよ。

 

登録販売者という制度ができてから、医薬品販売における門が大きく開かれたということになりますね。

 

 

 

登録販売者と薬剤師の違い

登録販売者と薬種商の違いは、前回の記事でご理解いただけましたでしょうか。

 

今回は、登録販売者と薬剤師の違いというのをお話することにいたしましょう。

 

薬種商について、薬剤師という職業は大きく知れ渡っていますから、登録販売者との違いもなんとなくお分かりになるかたは多いのではないですか。

 

登録販売者については、ブログ内でとっくに細かい説明を通じていますから、ここでは薬剤師に焦点をあてて話を進めてゆきましょう。

 

初めて、薬剤師と登録販売者の大きな違いは医薬品を調剤できるか否かではないでしょうか。

 

登録販売者は、いくら薬の知識があっても調剤業務をすることが出来ません。

 

また、薬剤師はあらゆる医薬品を販売することが出来るにとどまらず、研究したり新薬を開発することも出来るのですね。

 

薬剤師のかたがたというのは、6年間という長い間、大学で勉強して知識を身につけて、再度国家資格にまで合格しているわけですから、調剤業務や新薬の開発なども頼めるということになっているのです。

 

6年間の長きにわたって毎日医薬品の勉強を通じてきたわけですから、その知識の多さには1年や2年の勉強で追いつけるものではありません。

 

また、薬科大学や一般大学の薬学部というのは、文系の大学や学部よりも、全く授業料が高額なことで有名です。

 

薬剤師になるためには、ある程度のお金もつぎ込まないといけないということになります。

 

登録販売者には、販売出来る医薬品にもある程度の規制がかけられていますが、中学卒業者であっても、高校卒業者であっても変わることができます。

 

つまり、初々しいあなたにも年取ったあなたにも、チャンスは平等にあるということなのです。

関連ページ

登録販売者とは
登録販売者制度が実施されてから、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
医薬品業界に参入する異業種(1)
医薬品業界に参入する異業種(3)、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
登録販売者であることのメリット
登録販売者の受験資格、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
必要なキャリア(業務内容)
必要なキャリア(その他)、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
登録販売者の試験までの流れ
登録販売者の試験内容(2)、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
登録販売者試験の倍率
試験倍率の落差、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
登録販売者になるための勉強法
ガイドブックや問題集で勉強する、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。