薬事法について

薬事法について

自分が使っている様々な容器や箱をちょっと見てください。

 

シャンプー、化粧水、頭痛薬、歯磨き粉などたくさん有りますよね。

 

その容器や箱に「医薬品」「医薬部外品」という文字が書いてあるからには、それは「薬事法」によってその効果や効能が認められている物だという事になります。

 

自分が普段口に入れる薬、化粧水の様に肌に附けるもの等の中には「薬事法」という法律の中での法律が有って、原料、製造方法等を全てラベル上に表記しなくてはいけないとか、その表記や広告に対しての表現方法についてまで色んな制限が押し付けられています。

 

なんとなく聞いた事はあるも「薬事法」という法律の内容をよく知っている人はどれくらいいるでしょうか。

 

薬事法は昭和23年に公布され、改訂を繰返し昭和35年に今の形が整ったと言われています。

 

なんでそういった法律が出来たのかその目的は何だったのでしょうかと言うと、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」「医療機器」という4つの種類について、セーフティを確保させる為に必要と思われる規制を取ります。

 

もう一度保険衛生の向上の為に、医療上単に必要とする物の措置を講じる事を目的としています。

 

そうして医薬品等は広告をする為の法律が決められていて、その圏外の記載はNGとして、医薬品以外のものに関しては、医薬品としての効能や効果を決定付けて表記してはいけない等の決まりがあるのです。

 

この薬事法に部類する「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」「医療機器」にはそれぞれていぎが決められていますので、一度調べてみると良いと思いますよ。

 

 

 

 

薬事法【医薬品・医薬部外品】について

「医薬品」は薬事法で決められている物になります。

 

この「医薬品」、簡単に言ってしまえば薬の事を指しています。

 

お医者さんが病院で処方できる薬、薬局等で販売されている頭痛薬等の薬と言えば分かりやすいかもしれませんね。

 

この医薬品の中に配合されている有効成分が持ち歩いている効果を認めていて、病気の治療にと役立てたり、予防に役立てたりする薬の事を指しているのです。

 

CMで風邪薬な頭痛薬を流しているのを見た事があると思いますが、「使用上の注意を守り抜き、用量・用法をよく守ってお使い下さい」と言っていますよね。

 

これは薬事法で決められている事で身体に作用する有効成分が入っている物を使う際には、使用上の注意をよく守ってくださいねと注意を促す様に謳わなければならないのです。

 

次に「医薬部外品」も薬事法で認められている物で、医薬品までとはいきませんが医薬品の一部に因るものの事を指しています。

 

医薬品の様に効能や効果が認められている有効成分が配合はされているのですが、飛躍的に病気や怪我を治療するというものではなく、その予防に重きをおいている物の事を指しています。

 

また効果に関しても効果が期待出来るという感じで、あんまり効果が有るという訳ではありません。

 

こんな違いが医薬品と医薬部外品の大きな違いと言えるでしょう。

 

医薬部外品の取り扱いはまったく微妙なところがあり、効能や効果を正確に謳ってはいない処も多いみたいです。

 

成分表示もアレルギー反応を惹き起こす可能性がある成分表示が義務付けられていますが、それ以外は任意みたいです。

 

 

 

 

薬事法【コスメティック・医療用具】について

「コスメ」も薬事法で認められている物になります。

 

該当する物にスキンケア用品、ヘアケア製品、メーク製品、歯磨き剤、石鹸等が挙げられます。

 

コスメは2001年に規制緩和がされました。

 

今まではコスメを販売するには厚生労働大臣の認可が必要だったのですが、それを製造会社側の責任において作って良いという様に変わったのです。

 

しかし使っている成分は全て表記する事が義務付けられました。

 

この規制緩和によって真新しいコスメを一段と素早く消費者に提供できる様になったというメリット、消費者側も何がコスメの成分に配合されているかわかる事が出来るというメリットが出てくる様になりました。

 

やはり表示さえしていれば何の成分を配合しても良いという訳では有りません。

 

配合可能性分の指定、配合禁止成分が有る等、安全面の点では充分考慮されているのです。

 

ですからコスメを購入するたまにアレルギー反応が見て取れる方は、薬事法によって成分を確かめる事が出来ますので事前に回避する事が出来るのです。

 

次に「医療器具」に関しても薬事法で認められている物になります。

 

該当する物にメガネ、コンタクト、補聴器、磁気治療器、体温計、電気マッサージ器等が挙げられます。

 

またこれ以外にもガーゼ、脱脂綿といった詳しいもの、松葉杖、車イスといった高いものも含まれている様です。

 

身体へ作用を授ける効果がある用具の事を医療用具としているのです。

 

そういったものも薬事法できちんと認められているという事になります。