ダイエット・健康食品は薬事法として扱われるの?

ダイエット・健康食品は薬事法として扱われるの?

ダイエット食品や栄養剤、サプリメント等は薬事法では規定されていません。

 

今現在のこれらの感覚で言うと、普通の食品よりもダイエット効果が有る、健康に良いと言われている物は、医薬品としても医薬部外品としても扱われません。

 

その為に単なるダイエット食品、栄養剤と見なし、薬事法だけじゃなくて食品衛生法、栄養改善法によって規制されているのです。

 

薬事法での規制は効能、効果を認めているという事ではなく、「薬事法に該当しないもの」「身体への効果を認められないもの」という観点からの規制となっています。

 

だからこれらを飲んだり食べたりして、病気が癒えるとか、こんな効能や効果が見て取れるとか、用法用量はこれだとか謳ってはいけないという事になるのです。

 

「これを食べると(飲むと)風邪が直る」なんて断言して書いてある栄養剤は逆に薬事法に違反しているという事になるのですから、覚えておきましょう。

 

とはいうものの、現在はトクホ、いわゆる「トクホ」と呼ばれている物が有りますよね。

 

「保険機能食品制度」というのが2001年に生まれ、先程のトクホとは特に「栄養機能食品」という栄養成分に対しての機能表示が可能となる分類が出来る様になりました。

 

これによって、トクホは一定した健康への効果を表示する事、栄養機能食品については、一定した栄養成分の役割を表示する事が可能となったのです。

 

こんな事から、むやみに栄養剤やダイエット食品に依存しない様に覚えておいてくださいね。

 

 

 

 

薬事法に違反している広告表現

いかなる表現をしたら薬事法対象外のものが薬事法に違反している事になるのでしょうか。

 

以下に例を挙げてみたいと思いますので、薬事法の表記方法として覚えておくと良いと思いますよ。

 

 

先ずは疾病に関する治療や予防効果に関する明示や暗示をする事、身体への組織機能に関しても増強や促進を明治に暗示する事が違反だとされています。

 

 

「この商品を飲んだら風邪が直る」
「内臓にはこの商品が効く」
「便秘が解消出来る」
「血行促進が出来て代謝がアップする」
「アンチエイジングが出来ます」
「冷え性改善が出来ます」
「1日何粒を食後に服用してください」
「貧血が改善されます」
「体質改善が出来ます」
「アメリカでは医薬品として認定されています」
こんな他にも製品で差し出す効果や効能について暗示する事も薬事法違反となるようです。

 

 

「効果や効用を表現する事」
「口コミを記載してその中に”効果が有りました”という事」
「好転反応は表現してはいけません」
「日本では昔から肝臓や胃に効果が見て取れると言われています。

 

という様に由来を説明するのも違反となります」
等が言える様です。

 

いくつか例を挙げてみましたが、かなり規制が有るという事になりますね。

 

つまり薬事法で承認されていないものは、効果や効能について広告を通してはいけないと決められているのです。

 

仮に書いてしまったら罰則対象になってしまいますので注意して下さいね。

 

必ず表記されているとそれを信じて購入して仕舞う人も多いと思います。

 

薬事法の対象となっている物以外でそういった表記がされていたら逆にいかがわしいと思う様にするのも1つの目安かもしれません。

 

表記には度々注意して下さいね。

 

 

 

 

コスメはコスメと医薬部外品に分けられます

「コスメティックス」「医薬部外品」の定義、表示、品質について薬事法という法律で規制されています。

 

コスメティックスを製造したり輸入したりする際には、薬事法によって基準が満たされているかどうか判定を通じてもらい、許可を得る必要が有ります。

 

消費者にとって安全なコスメティックスを届ける為の規制だそうで、5年毎に更新は行われています。

 

ですから個人で作ったコスメティックスを勝手に販売する事は薬事法違反になるので出来ないのです。

 

こんなコスメティックスには薬事法で「コスメティックス」「医薬部外品」のどちらかで扱われる様になります。

 

その違いとは果たして何なのでしょうか。

 

コスメティックスは身体をキレイに、健やかにする事を目的として使われるもので、作用的には緩和なものを指しています。

 

医薬部外品は在る一定の目的が有り、再度人体への作用が緩和なもので機械器具ではないもので、厚生労働省が認定している物を指します。

 

目的とは「口臭予防」「体臭予防」「脱毛」「育毛」「剃刀」「蚊やハエの駆除」等っていう事が挙げられます。

 

コスメティックスは使用している全成分を容器やパッケージに表示させなければならない事に対して、医薬部外品は厚生労働省からの許可は必要ですが、表示は厚生労働省が指定している成分以外は表示しなくても良いと言われているのです。

 

簡単にコスメティックスと医薬部外品の違いについて言うと、使用する目的が特定されているか、厚生労働省が認定している有効成分においているか、許可を得ているかがその違いとなる様です。

関連ページ

薬事法について
薬事法【コスメティック・医療用具】について、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。