栄養剤が薬事法で取り締まられる

栄養剤が薬事法で取り締まられる

医薬品の様な効能や効果を標榜している「栄養剤」と言うのも中には有ります。

 

栄養剤に対して効能や効果を謳ってしまいますと、消費者はその栄養剤に対して過大な期待を寄せる事になります。

 

もう一度医薬品の様な感じだと誤解してしまい、本来は病院をめぐって診てもらわなければならない所を、適切な医療を受けさせる機械を逃して仕舞う事に繋がり、その結果病状を悪化させて仕舞う可能性があるからです。

 

こういう事を除ける為にも、こういう効能や効果を標榜している栄養剤は薬事法で食い止める必要が出てくるという訳なのです。

 

また栄養剤なのに医薬品に使用されている成分が含有されている場合も有ります。

 

こんな場合は消費者が摂取してしまうと純化上の危害を加えて仕舞う可能性が有ります。

 

また医薬品じゃないのに医薬品の様に販売されていたり、医薬品なのに栄養剤の様に販売されていると、それを摂取する消費者側が医薬品に対しての認識を間違って仕舞う事になって、混乱させてしまう様になります。

 

こんな純化上の危害を加えない様に防止する為に、不正な標榜を通じている栄養剤は、薬事法によって無承認無許可医薬品としての取り締まりが繋がる事になるのです。

 

栄養剤はあくまでも医薬品ではなく、健康に良いと言われている物が入っている物になります。

 

ですから栄養剤は過大評価をし過ぎないで、健康に生まれ変われるサポートになれば良いなという感覚で購入する事が必要なのです。

 

 

 

 

医薬品とサプリメントの区別について

「サプリメント」は色んな目的を持ち歩いて購入すると思います。

 

その目的として医薬品の様な目的を抱いている方もいるかもしれません。

 

但し現在の日本ではサプリメントは医薬品としての部類には入りませんので、薬事法違反にならない様に注意する必要が有ります。

 

食品衛生法において食品と言うのは、全ての飲食ものの事を指しています。

 

しかしその中それでも薬事法に規定されている医薬品や医薬部外品は食品には含まないという様に規定されているそうです。

 

すると医薬品も医薬部外品でも乏しいサプリメントは「食品」という事になる訳です。

 

薬事法においては医薬品や医薬部外品と言うのは、人や動ものが病気だと診断され、その治療や予防の為に使用する物の事を指しているという事、その他にも身体の構造や機能に作用(影響)をする様な事を目的としている物で機械ではないものの事を規定しているとしています。

 

この条件に該当している物は医薬品として薬事法の規制を受ける事になるのです。

 

これで言うとサプリメントは医薬品には該当しませんので、薬事法に関しても医薬品としての規制に該当しない様にしなくてはいけません。

 

実に販売されているサプリメントが医薬品としての目的をパッケージや容器、広告等に表示させた場合は医薬品としての規制に該当する行為をしたという事になりますので、偽医薬品という事になり、無承認無許可医薬品という事になります。

 

つまり薬事法違反として扱われるのです。

 

ですからサプリメントを購入する際には、医薬品としての記載がないかどうか注意して購入する必要が有ります。

 

 

 

 

サプリメントの薬事法違反

たとえば健康食品に「こういう効果が有ります」とか薬効を標榜して、広告に表示したり販売したりしてしまった場合は如何なる扱いになるのでしょうか。

 

その健康食品が現に販売されているのであれば、薬事法の無承認無許可医薬品を販売したという事で薬事法違反(第55条第2項)という事になります。

 

また商品の販売はしていなかったとしても、薬効を表示させて広告を出した場合それでも薬事法第68条に違反する事になります。

 

これは承認前の医薬品を広告するのを禁止する薬事法になっています。

 

そういった健康食品を販売する場合には薬事法違反にならない様に注意する必要が有ります。

 

その為には、成分、製法についての説明の域を超えて、特定の病気の方に対して(たとえば糖尿病、アトピー等)使用ください等の表現とか、免疫を強化していただけるとか新陳代謝が上がりますとか、細胞が活性化しますという様に病気の治療効果を謳った表現をしてしまうと薬事法違反という事になります。

 

これは医薬品としての表現、広告の仕方になります。

 

健康食品を作っている側としては、こんな効果を信じているからこそ謳いたく繋がるのも聞こえるのですが、消費者側に過大な期待を寄せ過ぎない様にする為にも、薬じゃないのですからこんな事を誤解止める様に薬事法違反にならない様に気を付ける様にする必要が有るのです。

 

 

今は色んな効果が期待出来る健康食品が有り、選ぶ側も成分や効果や何やかや見て見極める目も厳しくなっていると思います。

 

こんな健康食品と医薬品の区別を充分理解して見る事も忘れないでくださいね。

関連ページ

薬事法について
薬事法【コスメティック・医療用具】について、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
ダイエット・健康食品は薬事法として扱われるの?
コスメはコスメと医薬部外品に分けられます、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
薬事法とペットフード
アロマテラピーに関する法律、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
薬事法とコンタクトレンズ
薬事法と食品の効果・効能について、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
薬事法とアロマテラピー
動もの薬事法とは、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
改正薬事法が施行された場合
ラベルをきちんと読みましょう、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
医薬品の分類
薬事法の抵触ケースについて、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
こんな表示や表現に注意して下さい
薬事法とトクホについて、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
医薬部外品と美白コスメに使って
ジェネリック医薬品が短いのはどうしてなのでしょうか、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。