薬事法とペットフード

薬事法とペットフード

今は空前のペットブームと言っても良い位、ペットを養う人が増えていると思います。

 

そうしてペットフードに関してもなんだかんだ有って、何を選んであげたら良いのか実際分からなくなる位有ります。

 

そのペットフードを見ていると、犬種別だったり、年齢別だったり、体調や症状別だったり色々在るのですが、実際に良いのか悪いのか分からないですよね。

 

こんなペットフードに関しても薬事法が適用されていると言うのはご存じだったでしょうか。

 

ひとまず薬事法についてですが、日本国内での医薬品、医薬部外品、コスメティック、医療機器についての運用や広告等の事を定めている法律の事となっていて、対象となるのは人間のものだけではなくてペットや動もの用のものも規制対象としているそうです。

 

 

一般的なペットフード、サプリメントは医薬品という部類においていないそうです。

 

ですからそういった一般のペットフードやサプリメントに関しては、医薬品や医薬部外品では表示出来る効果や効能について表示をする事が出来ないとされています。

 

もしされていたらそれは薬事法違反という事になります。

 

この表示はパッケージや袋だけに限った話ではなく、インターネットにおいての宣伝、チラシに関しても同様の適用がされます。

 

ご自宅で飼っているペットは誰しも望ましいですよね。

 

医薬品や医薬部外品じゃないのに効果や効能を謳っているペットフードは薬事法違反という事になりますので、注意して下さいね。

 

 

 

 

薬事法とサプリメント

最近では色んなサプリメントが発売されていて、色んな効果が期待できるとしていますよね。

 

口から摂取する物について薬事法では「医薬品」「食品」のどちらかに分類されるとしていますサプリメントに関して言うと「食品」に分類される為に特定部位を搾り取りたり、効能や効果を表示したり掲載したりする事ができないと決められています。

 

これには効能や効果を説明する事が出来ないのもそうなのですが、この商品によるお客様のクチコミなんかも掲載出来ないとなっているそうです。

 

こんな薬事法による規制が極めて激しくのし掛かっているのです。

 

これらを取り扱っているお店によっては、薬事法違反にならない様に色んな正解が取られているみたいです。

 

良い様に対策をしているのなら良いのですが、効果を伝えたいが為にユーザーレビュー風にしてブログを作って、感想を載せたりとかしているショップもあるみたいです。

 

こんな事は規制逃れを通じているに過ぎませんので、きちんと信用しない方が良いかもしれませんね。

 

また品名をわざと伏せて効果や効能を伝えている物もあるみたいです。

 

食品には薬事法の規制の他にも「食品衛生法」「健康増進法」「景品表示法」「JAS法」と言ったものがあります。

 

薬事法は平安を続ける為に規制を通じている法律になります。

 

その隙をくぐり抜けて提供しようとしている業者は最初から信用できません。

 

触る方法は回りくどくても蔓延ると思いますので、正攻法で勝負しているショップを選ぶ様にください。

 

 

 

 

アロマテラピーに関する法律

【薬事法】
「医薬品」「医薬部外品」「コスメティックス」「医療器具」の製造・販売・公告の事を規制する法律を薬事法としています。

 

スキンケア用品はこの内の「コスメティックス」の中に入ります。

 

製造・販売・公告に関して薬事法では厳しく条件が決められていますので、条件を守り抜き、新生をした上で許可が下りたら販売が出来る様になっています。

 

そうして注意してほしいのがアロマテラピーを始め、スキンケア用品は飽くまでも「コスメティックス」になります。

 

色んな効果があるとは言え、医薬品ではありませんので表立って「○○に効果が有ります。

 

」なんて表現を通して販売する事は薬事法違反になります。

 

また許可を得ないで作ったアロマテラピーのスキンケア用品を販売することも薬事法違反になりますので注意してくださいね。

 

 

【PL法(製造者責任法)】
販売した商品に欠陥が有った場合、トラブルを起こした消費者のみならず、製造者に対しても責任を問うという法律になります。

 

たとえば精油を販売する際に瓶に入れて販売されていますよね。

 

その蓋部分に欠陥があるとします。

 

開けるのに失敗して精油が服に付いて取れなくなってしまいました。

 

という場合ところが、消費者側にも責任があり、作った側にも責任があるという事になるのです。

 

そうならない様に商品に関しての管理や説明不足にならない様にする事も大切となります。

 

カタログデータが入っていないと責任が問われる場合も有りますので注意してくださいね。

 

この他にも「消防関連法」等が有りますので精油の販売はこんな法律がある事も覚えておかなくてはいけません。

関連ページ

薬事法について
薬事法【コスメティック・医療用具】について、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
ダイエット・健康食品は薬事法として扱われるの?
コスメはコスメと医薬部外品に分けられます、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
栄養剤が薬事法で取り締まられる
サプリメントの薬事法違反、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。