薬事法とコンタクトレンズ

薬事法とコンタクトレンズ

コンタクトレンズは医療器具にあたる為、薬事法の対象となります。

 

そのコンタクト販売における薬事法とはどんなものなのでしょうか。

 

現在の薬事法は改正薬事法と言われていて2005年4月から施行されている物になります。

 

この改正薬事法においてコンタクトレンズの取扱いが高度管理医療機器というものに分類される様になりました。

 

この為にコンタクトレンズを販売するにあたってことごとく医療機器販売業の許可を得なければならないという決まりになったのです。

 

一層コンタクトレンズは営利行為として販売する事が禁止されています。

 

その為に日本国内ではクリニックで医師の診察をやり、処方箋を発行してもらい、それを元にコンタクトレンズを販売するという販売形態を取っているのです。

 

つまりコンタクトレンズを購入するには医師の処方箋が必要という事になります。

 

薬事法によると医療現場ではコンタクトレンズの販売を直接行えません。

 

許可を得たコンタクトレンズ販売業者の自主規制として処方箋の提出を求めているという事になっているのです。

 

自主規制という事ですから、薬事法の観点で言うとコンタクトレンズを購入するには処方箋は取り除けるという事になるみたいです。

 

この事からコンタクトレンズの通販も可能(カラーコンタクト等がそれに当てはまる。

 

)ですが、購入する際には自己責任としてコンタクトレンズを正しくケアする知識を所持しておく必要があるのですが、出来れば定期的に眼科での検診をする事をオススメしたいと思います。

 

 

 

 

改正薬事法のメリットを最大限に連れ出す為には

今までの薬事法を見てみると、大衆薬に関する販売のルール付けがなく、販売者に委ねた形で販売を通してきました。

 

但し改正薬事法においては安心で安全面な大衆薬の供給体系、医療費を切り詰めるという事を目的として大衆薬の販売について法的に整備されたものになります。

 

そういった改正薬事法が持つメリットを実現させる為に、利用や生活者のイノベーションと努力が必要になりますし、供給者と販売者のイノベーションと努力が必要になります。

 

 

 

先ずは生活者と利用者のイノベーションと努力ですが、どんな風に販売制度が変わったのか新販売者制度が啓示されますので内容を把握する事、医薬品を安全にそうして効果的に使用する為に新販売制度を多いに活用しましょう。

 

そうして制度が整備されて自己責任をきつく求められる事が出来ないのもあります。

 

その為に情報を得る努力をしていかなければなりません。

 

 

次は供給者と販売者のイノベーションと努力ですが、改正薬事法は実施しなければならない内容が大いに手広く決められましたので、その多くを確実に立ち向かう形態を為に徹底して実施していくこと、終始供給者は資質の向上に勤めなくてはならずそれにより、この制度を活用出来るという訳です。

 

改正薬事法とは生活者を主体として考えられた内容になっています。

 

その為に効果的に実現に向けて、周りの事業者等が連携したり協力したりしていかなくてはならないのです。

 

そういった事を経て改正薬事法のメリットが最大限に引き出されるのではないかと考えられます。

 

 

 

 

薬事法と食品の効果・効能について

世界中に身体に良いと言われている食材というのが存在すると思います。

 

身体に有効な効果、効能がある食材や植ものなんかはたくさん在るのです。

 

但しその効果や効能に関して、何を調べたとしても不確か感じでちゃんと書かれている物が無い様に感じます。

 

なぜそんな状態になっているのかと言うと、薬事法が絡んで来る。

 

そもそも薬事法とは薬の事について書かれたものだと簡単に理解してくれれば良いでしょう。

 

薬と言うのは何年もの長い期間と莫大な費用をかけて、研究、実験を行い、その薬がセキュリティーが有って効力も有って、副作用がどうしてという事を証明して出されている物です。

 

こんな背景があるからこそ薬はその効果や効能を記載して良いとなっているのです。

 

但しこういう背景が無いものに関しては、実績や実証が無いという事、セキュリティーの事からも考えて、例え効果や効能が有ったとしても記載してはいけないという決まりになっているのです。

 

たとえばかぜを引いた時、りんごをすって食べれば直るなんて言われていましたよね。

 

けれども「りんごは風邪が癒える」とは言ってはいけないのです。

 

「風邪のウイルスに対して免疫を強めて受け取る効果がビタミンCにはあります。

 

そのビタミンCはりんごに手広く含まれているのです。

 

」という書き方をしなくてはいけないという事なのです。

 

遠回りに「りんごは風邪に効果が在るんだよ」と言っているのがお分かりいただけると思います。

 

これは単なる例になりますが、この薬事法があるからこそ、対象になっていない食品や植ものは効能や効果がちゃんと記せないのです。

関連ページ

薬事法について
薬事法【コスメティック・医療用具】について、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
ダイエット・健康食品は薬事法として扱われるの?
コスメはコスメと医薬部外品に分けられます、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
栄養剤が薬事法で取り締まられる
サプリメントの薬事法違反、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
薬事法とペットフード
アロマテラピーに関する法律、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
薬事法とアロマテラピー
動もの薬事法とは、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
改正薬事法が施行された場合
ラベルをきちんと読みましょう、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
医薬品の分類
薬事法の抵触ケースについて、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
こんな表示や表現に注意して下さい
薬事法とトクホについて、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
医薬部外品と美白コスメに使って
ジェネリック医薬品が短いのはどうしてなのでしょうか、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。