薬事法とアロマテラピー

薬事法とアロマテラピー

個人でアロマオイルにおいてコスメティックスやマッサージ用ブレンドオイルやバスソルトを作り上げる事は見て取れると思いますし、それがアロマテラピーを楽しむ方法でもあります。

 

ただし作ったものを販売したり渡したりする事は薬事法での無許可化粧品等の製造や販売に該当する為に違反となります。

 

日本でのアロマオイルは雑貨として扱われている為に薬事法としては対象外になるのですが、それを使って作ったものが薬事法に触れないようにする注意をしなくてはならないのです。

 

とは言ってもスキでアロマオイルにおいて手作りコスメティックスを吐出し、知り合いにプレゼントするという事は薬事法違反にはなりきれないものと判断されているそうです。

 

プレゼントは有料でも無料でも薬事法違反にはならないそうで、引き上げる側と貰う側の双方に理解が出来ているとすれば、自己責任という位置付けで薬事法違反にはなりません。

 

飽くまでも自己責任の範囲ですので買う側が納得して貰える様に一先ずあけわる側も説明はした方が良いかもしれませんね。

 

そういったアロマオイルによるコスメティックスの授受で、事故が万が一出てしまったとしても、PL法上の製造もの責任法はあげた側にはありませんので良いのですが、自分の中で何らかの責任は感じるかもしれませんので、よく勉強を通してそうして差し出す様にするという判断も必要なのです。

 

アロマテラピーは身心共に効果を与えてくれますので上手に使って、生活の中に取り入れていきたいものです。

 

だからこそ薬事法に関する事も覚えておいた方が良いと思いますよ。

 

 

 

 

動もの薬事法とは

現在の日本では多くのご家庭でペットを飼っていると思います。

 

そのペットと薬事法について挙げてみたいと思います。

 

仮に人間が食べているお肉をペットにご飯として与えてしまった場合、それはペットフードとして分類される事になります。

 

現在の日本では農林水産省も厚生労働省もペットフードは管轄外という事ですので、ペットフードのセーフティは保たれていないもおんなじ事となります。

 

防腐剤や添加ものを使いたい放題極端に言うと払えるのです。

 

最悪なメーカーだと利益追求だけに走ってしまって、低コストで質の悪いものを販売する事になるのです。

 

原材料も消費者が思い付かのを良い事に、年齢別や症状別等、色んな表示において販売しているのが現状の様です。

 

どうにも哀しい現実ですよね。

 

ただし動もの薬事法という問題もあります。

 

動もの薬事法では動もの用医薬品に該当している物の効能や効果等の表示に関して基準が設けられています。

 

ペット用であっても人間と同じで、ペットフードやサプリメントは一般の食品扱いになります。

 

仮に病気の治療や予防を目的としているフードであればそれは医薬品として分類されますので、それ相応の表示や広告をする事になります。

 

勿論医薬品であるビアガーデンもされていると思いますので、参考にしていただければと思います。

 

あなたの大切なペット。

 

良かれとして選んでいるフードが偽物である可能性もあります。

 

そういった事実を覚えておくと現にというときの知識になって良いと思いますよ。

関連ページ

薬事法について
薬事法【コスメティック・医療用具】について、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
ダイエット・健康食品は薬事法として扱われるの?
コスメはコスメと医薬部外品に分けられます、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
栄養剤が薬事法で取り締まられる
サプリメントの薬事法違反、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
薬事法とペットフード
アロマテラピーに関する法律、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
薬事法とコンタクトレンズ
薬事法と食品の効果・効能について、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
改正薬事法が施行された場合
ラベルをきちんと読みましょう、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
医薬品の分類
薬事法の抵触ケースについて、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
こんな表示や表現に注意して下さい
薬事法とトクホについて、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
医薬部外品と美白コスメに使って
ジェネリック医薬品が短いのはどうしてなのでしょうか、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。