医薬品の分類

医薬品の分類

医薬品は薬事法の対象となります。

 

薬事法では何かと規制が有りますので、医薬品に該当する物はそれを守らなくてはいけません。

 

ただしこの「医薬品」は以下の2つに行政上では分類される事が出来るそうなので、如何なる分類か挙げてみたいと思います。

 

 

先ずは「医療用医薬品」になります。

 

この医療用医薬品は医師や歯医者の人が取り扱う医薬品、または医師や歯医者が処方箋を差し出したり指示を醸し出したりした事によって使用受ける医薬品の事を指しています。

 

簡単に言うと、お医者さんが得る薬という事になるのです。

 

こんな医療用医薬品は特定の病状によって使用しているので、薬理作用が著しく副作用も在るという事になります。

 

こんな医療用医薬品は一般的には自由に購入する事が出来ない様になっています。

 

次に「一般用医薬品」になります。

 

この一般用医薬品は医療用医薬品以外の医薬品の事で、市販薬の事等を指し得います。

 

薬局、薬店等で処方箋無しに購入出来る薬になります。

 

この事を薬局のカウンター越しに購入出来る薬としてOTC(オーバー・ザ・カウンター)とも呼ばれています。

 

医薬品にはそういった2つの分類の他に、手当や予防薬などの「使用目的」や「薬効」、内用薬や外用薬等の「適用方法」、抗生もの質等の「本質」、錠剤や軟膏等の「剤形」という様な分類が有りますので、その時の状況に合わせて自分が持っている薬がどんな分類になるのか気にして見てみるのも良いかもしれませんね。

 

 

 

 

ジェネリック医薬品って何

最近テレビで薬のCMを通じているのを知っているでしょうか。

 

そうして頻繁に取り上げられているのが「ジェネリック医薬品」になります。

 

低価格で、新薬と同じ効果が見て取れるとして紹介されています。

 

医療費が年々高くなっている昨今、こんな低価格の薬は美人だと思います。

 

但し名前は知っているでも、案の定どういう薬なんだろうとしている方も多いと思いますので、ここではジェネリック医薬品について挙げてみたいと思います。

 

先ずは医薬品は薬事法によってドラッグストアなんかで気軽にもらえたり、薬剤師さんと相談して変えたりする「一般医薬品」と、医師から処方されていただける「医療用医薬品」に区切る事が出来ます。

 

更に医療用医薬品は薬事法では2種類に分けられていて、時間とお金をもの凄いかけて研究・開発したメーカー以外で製造、販売を通じても良いと認定されている薬とに分けられています。

 

この後者の方にジェネリック医薬品が該当するのです。

 

病舎で薬を買う時、薬に対する説明書を貰います。

 

これには効果や呑むタイミングなどが記されているのですが、新薬かそれ以外かまでは記載されていないのが現状です。

 

その為に今までは僕らが貰っている薬がジェネリック医薬品かどうかなんて意識するチャンスが無かったのです。

 

今はジェネリック医薬品としてくださいとお願いすると変えてくれる等の配慮もされている様で、薬に対する意識が変わってきたとも言えるでしょう。

 

 

 

 

薬事法の抵触ケースについて

日本において医薬品、医薬部外品、コスメティックス、医療器具に関する運用や表示に関して定めた法律を薬事法と呼んでいます。

 

これらの品質・安泰を続ける為に規制をかけて衛生上の向上を策することが目的としています。

 

行政がこれらに対しての承認や許可、確認、監督を行う形態で行われています。

 

こんな薬事法の抵触ケースについてどういうものが有るか挙げてみましょう。

 

先ずは商品を使用した体験談、使用前・使用後の写真や図に関してですが、サプリやサプリメントを含めて食品は医薬品ではありませんので、その効果や効能を表現する事は出来ない決まりになっています。

 

その為に体験談や使用前後の写真なんかは効果が絶対的にもらえるという誤解を達する可能性がおっきい為に薬事法違反となります。

 

次に個人輸入代行広告に関してですが、薬事法では輸入代行業務社が個別輸入の手続きを請け負っています。

 

その業者が未承認なのにも関わらず医薬品や医療器具等の広告をするという事は禁止されているのです。

 

とにかく注意が必要なのはダイエット広告です。

 

ダイエットは健康被害が多発している為に殊に注意しなくてはなりません。

 

「どうしてもやせる」なんて言葉を載せない様にください。

 

また近年許可なく医薬品や医療器具を輸入しているケースもあると言います。

 

こんな事が全て薬事法違反になりますので、「輸入代行業務」と謳っている業者等にも注意が必要になります。

 

もしもこんなサイトを発見した場合、抑える機関が有りますのでそこに相談して見ると良いでしょう。

関連ページ

薬事法について
薬事法【コスメティック・医療用具】について、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
ダイエット・健康食品は薬事法として扱われるの?
コスメはコスメと医薬部外品に分けられます、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
栄養剤が薬事法で取り締まられる
サプリメントの薬事法違反、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
薬事法とペットフード
アロマテラピーに関する法律、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
薬事法とコンタクトレンズ
薬事法と食品の効果・効能について、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
薬事法とアロマテラピー
動もの薬事法とは、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
改正薬事法が施行された場合
ラベルをきちんと読みましょう、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。