こんな表示や表現に注意して下さい

こんな表示や表現に注意して下さい

商品を購入するときどきラベルに書かれている商品説明もぜひ読んでおいてほしいと思います。

 

薬事法の対象となる商品には「医薬品等適正広告基準」というので規制されています。

 

その為に安易に広告をすることは出来ない様になっているのです。

 

たとえば「滋養強壮保健薬」の商品の広告をするのに効果として「シミにも効果が有ります」と強調する様な形で広告されているとします。

 

薬事法で承認されている効能、効果はあくまでも「滋養強壮」になります。

 

この商品はシミを治すものではないという事で薬事法違反に値するについてになるのです。

 

また美白に関しても薬事法での表現に制限が有って、薬事法では「美白」は承認されていない字句になります。

 

その為に「美白コスメ」とうたう事は出来ないのです。

 

広告をするとすれば「肌を白くみせる」という様な表現をする必要が出てきます。

 

そういった事からも押さえる様に、薬事法では表現がどうにも酷く色んな規制にあたっています。

 

但し世間一般の広告を見てみると「こうした効果が有りました」「私もこれで治りました」という様な謳い文句を山ほど見かけます。

 

はからずも「ホント?試したい」としてしまいますよね。

 

けれどもこれは薬事法では断じて認められない表現になりますので、そういった広告を堂々としている業者自体に注意をした方が良いと思います。

 

薬事法はそういった過剰に期待を寄せすぎない様に規制を通して消費者を守っているについてになります。

 

広告がオーバーで言わば本当の様に効果を謳っているからには、薬事法違反になりますのでその業者自体の信用自体を疑った方が良いかもしれませんね。

 

販売している側が知らない筈はないのですから。

 

 

 

 

成分名だけ表示されても分かりませんよね

2001年4月を境に薬事法が改正され、化粧品は使用している成分を全て容器や箱に記載しなければならないという様になりました。

 

この事から化粧品のパッケージを見てみると成分名がズラズラと書かれているのが分かると思います。

 

ただしこの書かれている成分の内、果たしてどれくらいの成分の事を皆さんは知っているのでしょうか。

 

殆ど分かんないけど、成分をきちんと公表しているんだから適切んだろうと安易に考えている人が多いのが実際の所ではないでしょうか。

 

薬事法の改正で成分を製造会社が公表する事によって、製造会社側が責任を持つ様にもなったのですが、思い付か成分だらけでは逆に不安になる事も有りますよね。

 

なので惜しくも使っている成分について調べて見分けることもオススメしたいのです。

 

そういった要望が多かったからなのか、最近では各製造会社のサイトをめぐってみると、成分に対する情報を公表している所が多い様です。

 

これは有難いですよね。

 

いかなる成分が入っているのか分かると安心材料にもなります。

 

またその他にも美容上の用語等を主に照会しているサイトがある等、色んなサイトがあります。

 

成分に関して気になるなという場合、こんな情報を有効利用をする事も、良いと思いますよ。

 

使われている成分に対して、用途や効果を確かめながら化粧品を選んで行くというのも、今時の化粧品の選び方かもしれませんね。

 

上手に払える様にそういった情報を有効利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

薬事法とトクホについて

医薬品と食品との違いを明確に表示し、消費者を続けるという事を目的として定められているのが薬事法になります。

 

薬事法がある事で、消費者は医薬品と食品の概念を混乱させなくて済みますし、規則正しい医療にあたって貰うチャンスを逃さなくても良いですし、食品に頼って病気が悪くなって仕舞う危険性を未然に防ぐ事が出来るのです。

 

こんな中、サプリを販売したいという時折薬事法の規制を受けなければならないのです。

 

「配合されている成分にはこんな作用を身体に与える事が出来ます」「不妊に有効です」「この食品で冷え性が治った」等、効能や効果に関して表記すると薬事法違反になってしまいます。

 

こんなサプリに対する情報を提供している専門サイト自体には薬事法が適用される事は無いのですが、サプリを販売している会社の電話が掲載されていたり、サプリのアフィリエイト広告を通じているのであれば適用されるのでもしもサイトを作ってみようかなと考えている場合には注意が必要です。

 

仮に効能や効果を謳っていた場合、そのサイト自体が販売目的のサイトであると捉えられてしまいますので、薬事法違反になってしまう。

 

こんなやり方はバイブル商法と呼ばれています。

 

サプリにこんか効果が有った、そういった効能が有ると謳った本の後ろにディーラーの電話が記載されていて、本を広告として利用しているというものになります。

 

これだけうまい効果を聞いてほしいと思った所に電話が有ったらなんとなく連絡してしまいますものね。

 

これをバイブル商法と言い、やり方によって薬事法違反になるのです。

関連ページ

薬事法について
薬事法【コスメティック・医療用具】について、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
ダイエット・健康食品は薬事法として扱われるの?
コスメはコスメと医薬部外品に分けられます、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
栄養剤が薬事法で取り締まられる
サプリメントの薬事法違反、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
薬事法とペットフード
アロマテラピーに関する法律、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
薬事法とコンタクトレンズ
薬事法と食品の効果・効能について、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
薬事法とアロマテラピー
動もの薬事法とは、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
改正薬事法が施行された場合
ラベルをきちんと読みましょう、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
医薬品の分類
薬事法の抵触ケースについて、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
医薬部外品と美白コスメに使って
ジェネリック医薬品が短いのはどうしてなのでしょうか、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。