医薬部外品と美白コスメに使って

医薬部外品と美白コスメに使って

美白化粧品について医薬部外品との関係について挙げてみると、化粧水や乳液の医薬部外品の場合、美白効果が在ると謳っている化粧品には「メラニン色素の生成を解きほぐします。

 

これによりシミやソバカスを日焼けから防ぎます。

 

」と美白が期待出来る表現が使われています。

 

通常、薬事法にもとづき美白化粧品が医薬部外品として認可を得る為には、基本的基礎化粧品の中に美白という薬効があるビタミンC導入剤を加えれば許可がそれほど簡単に貰えると言われています。

 

薬事法の表現方法によって、化粧品は使われている全成分を表示させなければなりませんが、医薬部外品は指定された成分表示だけで全部を表示する必要は無いとなっているのです。

 

つまり他にいかなる成分が入っていようとも消費者が分かり受け取れる事は無いという事にもなります。

 

これによってたくさんの製造会社で美白化粧品を医薬部外品として販売する様になったという話もあります。

 

ちょっとこの話は怖いですよね。

 

薬事法の単なる抜け穴を突いている様な感じだと思います。

 

勿論全部の製造会社がこうと言っている訳ではありません。

 

殆どの製造会社それでは大丈夫でしょう。

 

ただし一部そう言った製造会社が見て取れるのも事実だという認識は携帯しておいた方が良いかもしれませんね。

 

そういった事からも医薬部外品だからと言って化粧品と比べて効果が高いとは言いきれないという事にも繋がる。

 

もしも医薬部外品として美白化粧品を購入する場合には、美白化粧品に限りませんがいかなる成分が入っているか製造会社に確認してみると言うのも良いかもしれませんね。

 

 

 

 

アロマテラピーの最低限知ってほしいルール

癒しの代名詞もある「アロマテラピー」。

 

あんなアロマテラピーと法律って不釣り合いで関係が無い様に思えますよね。

 

アロマテラピーに関しての法律というのが存在している訳ではないのですが、精油や材料、関連グッズを取り扱う事に関しても最も制約が有る訳ではありません。

 

精油としてマッサージオイルをブレンドし、トリートメントをするという行為自体にも、国家資格が特に必要な訳でもありませんので、中でも法律がからむ様な事が薄い様に感じます。

 

ただしアロマテラピーにおいても有る程度のルールと言うのは存在しますし守らなくてはいけません。

 

自分がアロマオイルの効能によってブレンドオイルを作ったとします。

 

それに対して「これは○○に効果が有ります」と謳って販売する事は薬事法違反に該当するので、禁じられているのです。

 

コスメティックスを作って販売するのも薬事法違反になります。

 

しかし自分で作って自分で扱う分には自己責任の原則の下、何の問題も有りません。

 

トリートメントも治療行為になってしまうと医師法とかマッサージだとか該当してしまいますので違法となります。

 

あくまでも「ケア」をする、「トリートメント」をするという範囲内で行わなくてはならないのです。

 

万が一何か有った場合、こんな関連する法律を知っておかないと困難事になる可能性も否定できません。

 

自己責任という事になりますので、アロマテラピーを行う時折徹頭徹尾自己責任で、一定のルールを守って行なう様にください。

 

 

 

 

ジェネリック医薬品が日本で普及しなかった理由

病院をめぐって薬をもらう場合、どの位の割合でジェネリック医薬品が含まれているのでしょうか。

 

今ではしばし割合が上がっていると思いますが2003年時点では20%にも満たなかったそうです。

 

海外ではジェネリック医薬品の普及率が半分前後という事ですから、日本での普及率がまだまだという事がお分かり頂けると思います。

 

ではなぜそういった事態になってしまっているのでしょうか。

 

それは次の様な問題があると指摘されている様です。

 

先ずは日本人のブランド志向が有るからかもしれません。

 

おんなじ薬事法で医薬品となっていても、一流ブランドの方を好むという傾向が日本人には有ります。

 

これは医師も患者もおんなじ事だそうです。

 

また供給量や情報量が新薬と比べると数少ない為に、ほしいまま使えないという雰囲気を伴う可能性があるともいわれています。

 

ただし今では普及も少しずつ進んできているみたいで、薬事法によって放送されているであろうCM。

 

そのcmからジェネリック医薬品の知名度がひろがり、供給される機会も増えてきているみたいです。

 

近年医療費は高まっている傾向にあります。

 

多少なりとも押さえ付ける為にジェネリック医薬品を推奨しようという動きが国単位に起きているのです。

 

勿論今後色んな病気を治して行く為にも新薬の開発自体は絶対的に必要では有ります。

 

但しもう実績が在る薬で有れば新薬じゃなくてジェネリック医薬品による方が患者側の負担が少なくて済むのではないでしょうか。

 

 

 

 

ジェネリック医薬品が短いのはどうしてなのでしょうか

全ての種類の薬では有りませんが、ジェネリック医薬品の薬の価格は新薬と比べて40〜80%程度の価格で提供されると言われています。

 

なんでそういった低価格が実現出来るのでしょうか。

 

ジェネリック医薬品も薬事法においては名前にも書いてある通り「医薬品」としての分類になります。

 

ですから医薬品としての薬事法の表示・広告方法で行わなければなりません。

 

それが最近よく見るCMという事なのですね。

 

通常新薬を日本で発売されるまでには100〜200億円という強い開発費、一層10〜15年と言うとてつも薄い長い期間がかかると言われています。

 

新薬のもの質を見つけて、臨床試験を通して、審査を通して等色々やらなければならないのです。

 

対してジェネリック医薬品は、新薬の特許期間が終了したのを待ち受け、その成分や品質を基に開発をし、新薬と同等の品質や成分である事を証明できれば薬として見て取れると言います。

 

その費用や期間は新薬と比べると圧倒的に数少ないそうです。

 

だからこそジェネリック医薬品は安く提供できるのですが、安いからと言って品質が情けない薬では決してありません。

 

薬事法にしっかり則ってセキュリティや効果が確保されていますので、激しく規制が敷かれているのです。

 

また品質再評価という制度が始まった事からも、定期的に品質チェックが行われる様になっているので品質自体は確かなものとしてもらって大丈夫です。

 

品質は確かですが、開発期間や費用が安く挙げられていると言う理由からジェネリック医薬品は私達に安く提供できる薬として登場しているのです。

関連ページ

薬事法について
薬事法【コスメティック・医療用具】について、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
ダイエット・健康食品は薬事法として扱われるの?
コスメはコスメと医薬部外品に分けられます、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
栄養剤が薬事法で取り締まられる
サプリメントの薬事法違反、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
薬事法とペットフード
アロマテラピーに関する法律、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
薬事法とコンタクトレンズ
薬事法と食品の効果・効能について、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
薬事法とアロマテラピー
動もの薬事法とは、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
改正薬事法が施行された場合
ラベルをきちんと読みましょう、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
医薬品の分類
薬事法の抵触ケースについて、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
こんな表示や表現に注意して下さい
薬事法とトクホについて、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。