医療事務とレセプト業務

医療事務とレセプト業務

代表的な医療事務の仕事に、レセプト業務というものがあります。

 

外来対応など、患者の目に見える部分の仕事が目立つ医療事務ですが、本当はこのレセプト業務こそが、医療事務の仕事の柱といっても差し支えありません。

 

月の初めには、レセプト業務に追われることになります。

 

 

レセプト業務は、正式名称を「診療報酬請求」と言います。

 

診療代を請求するための明細書を作成するのが、この仕事です。

 

診療報酬明細書の作成自体は、特にむずかしい業務ではありません。

 

この世はパソコンという便利なものがあり、医療機関の中にも患者管理やレセプト作成をパソコンでしているところも多くなりましたので、手作業でない場合にはソフトの扱いも感じ取る必要があります。

 

 

慌しい病院の場合、診療報酬明細書は相当な数にのぼります。

 

明細は詳細まで書き表す必要があるので、その作成には少なからず時間がかかります。

 

また、患者によって症状が異なれば治療方法も変わってきますから、明細にも個性が生まれます。

 

その上で、数多くの明細書を作成して行くことは、最適労力を要する作業となります。

 

 

とはいえレセプトの作成方法を覚えることは難しくなく、診療科ごとのパターンを覚えてしまえばできる業務なので、取り立てて資格等が必要などの制限はありません。

 

医療事務の求人情報の欄に「レセプト業務」と書かれることも、そう多くはないでしょう。

 

この業務があるから、求人情報をスルーする等という必要もないでしょう。

 

 

レセプト業務をやりこなすコツは、慣れです。

 

日々の業務の中でとにかく行っていく仕事なので、経験を積んでいけば対応出来るようになります。

 

 

医療事務とクラーク業務

 

重要な医療事務の仕事として、クラーク業務というものがあります。

 

断じて耳に馴染みのない言葉ではないでしょうか。

 

クラーク業務という仕事は、簡単にいえば事務が行う雑務全般を指します。

 

因みに、クラークという言葉は英語で「事務員」という意味です。

 

 

クラーク業務には、「外来クラーク業務」「病棟クラーク業務」「OAクラーク業務」などがあります。

 

外来クラーク業務というのは、主に外来患者に対して行なうクラーク業務で、外来患者に対する対応全般を指します。

 

また、外来患者への案内だけではなく、診察券を確認し、その患者のカルテ、レントゲン写真といった検査データを備え付ける業務も行います。

 

これらの業務は、診察をスムーズに行なう上で非常に重要な仕事です。

 

 

病棟クラーク業務は、ナースステーション内で行なうクラーク業務です。

 

主な内容としては、「カルテ、伝票などの管理」「電話対応」「入院して来た患者、退院して行く患者の受付業務」「面会者への案内」「定期請求業務」「リネン管理」「他のセクションへの搬送」などです。

 

他セクションへの搬送を行う場合は、その患者に関する書類や伝票、あるいは薬品などに関する搬送を行います。

 

 

OAクラークは、いわゆるオフィス機器を使用した業務です。

 

主にパソコンやテレックスなどの操作で、少々専門色が力強い業務となります。

 

労働者派遣法「快活26業務」のうちの「5号業務」に該当する仕事です。

 

 

これらの医療事務の仕事は、個別で求人に出されることも多いようです。

 

OLとして事務で働いていた人などは、クラーク業務の求人に応募してみても良いかもしれませんね。

 

 

医療事務と医療秘書

 

基本的には雑務が多い医療事務ですが、その中にあってある程度特殊ともいえるのが、「医療秘書」の仕事です。

 

医療秘書も、分類上は医療事務の中に入っています。

 

そのため、求人情報にも「医療事務」の中の業務として書かれていることが多いのですが、中には医療秘書という単独の業務として求人に出されるケースもあります。

 

 

通常、秘書というと、代議士や会社の社長などに付くものという印象を受けますが、医者の世界にも秘書は存在しています。

 

院長、あるいは看護部長など、役職のある人に付いて秘書業務を行うという仕事なので、秘書としての役回りはもちろん、室内におけるさまざまなことに精通している必要もあり、思い切り耐え難い仕事になります。

 

とはいえ、秘書の役割自体は他の分野の秘書と変わりません。

 

上司が仕事を行う上で、より効率よく業務をやりこなすためにスケジュールを管理したり、補佐をしたりするのが秘書の役割です。

 

医療秘書は、大規模な病院の場合のみに存在するのが一般的です。

 

 

医療秘書の条件は、当然ながら医学や医療事務全般に精通していることが条件となります。

 

秘書とはいっても、上司の補佐だけをしていれば良いというわけでもありません。

 

室内にいるスタッフなので、勿論患者に対しても接する機会はあります。

 

そういった意味では、極めて敷居の良い、多くのことを求められる職業といえます。

 

 

医療秘書は、場合によっては病棟クラークとして患者とナースの間にのぼり、業務を行うケースもあります。

 

この場合は、患者と向き合いながら双方のコミュニケーションが円滑に行くように振舞う必要があるでしょう。

関連ページ

医療事務という仕事
医療事務とレセプト業務、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
医療事務の重要な点
医療事務とレセプト業務、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
医療事務の求人
医療事務とレセプト業務、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
医療事務の就職形態
医療事務とレセプト業務、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
医療事務の勤務時間
医療事務とレセプト業務、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
医療事務の資格
医療事務とレセプト業務、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
医療事務の就職活動
医療事務とレセプト業務、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。