医療事務の求人

医療事務の求人

ハローワーク等の求人の中に「医療事務」という仕事を見つけた人の多くは、その時点でほとんど「資格がいる」と決め付けてしまうのではないでしょうか。

 

但し、実際にはあんまりそんなにとは限りません。

 

医療事務の仕事を行う上で、有利に陥る資格はたくさんあります。

 

また、求人情報の中には、資格がないとダメと明記しているところもあるかもしれません。

 

ですが、全ての医療事務の職場で資格を必須としているわけではありません。

 

やっぱり、そうでない所の方が多いくらいです。

 

資格が必要だから無理と先入観で決め付けず、しっかりと求人情報に目を通じてみましょう。

 

 

医療事務の就職先には、かなりの種類があります。

 

病院というイメージが非常に硬い職業ですが、本当は病院だけではありません。

 

他にも、クリニックや歯科、あるいはそれ以外の職場もあり、就職先にはかなり豊富に候補があります。

 

そうして、それらの職場で立ち向かう業務は、おんなじ医療事務という仕事であっても異なります。

 

当然、大筋において全く異なるということはありませんが、職場が違えば労働環境も業務内容も特色があり、随分同じではありません。

 

従って、職場次第で相性の良し悪しが分けることも十分にあり得ます。

 

 

最初から医療事務の仕事をしたいとしている人も、一気に医療事務の求人に飛びつくより、本当にそれがどこからの求人で、その職場ではどういう業務を行うのかということをではしっかりと頭に入れておきましょう。

 

その上で、自分が長く続けられるかどうか、労働条件はどうなのかということも検討しつつ、他の職場の医療事務とも比較した上で慎重に応募先を決めた方が、後々後悔せずにすむでしょう。

 

 

病院の求人

 

さまざまな職場がある医療事務ですが、そのメインとなるのは前もって病院です。

 

医療事務の仕事において、何より求人が出ているのも病院ではないでしょうか。

 

 

病院とひとくちにいっても、本当は経営母体によってその種類はかなり多様です。

 

例えば、国が経営している「国立病院」は、国という巨大な組織が運営しているので非常に大きな母体を有する病院といえます。

 

 

地方自治体が運営している病院は「公立病院」といいます。

 

このあたりは、学校と同じですね。

 

公立病院の中には、県立病院、市立病院などが留まるのが一般的です。

 

二度と、病院の中には、医療法人という病院を統合する法人が運営している「民間病院」もあります。

 

 

これらの組織の中で医療事務の仕事をする場合、その母体によって業務が大きく変わるかというと、そういうわけでもありません。

 

では、規模の高い病院の方が忙しないかというと、それもそんなにとは限らないのが実状です。

 

というのも、病院における医療事務の仕事は、完全分担制なのです。

 

例えば、受付ひとつをとっても、初診受付、再診受付、入退院受付、処方箋受付、会計など、数多くの種類があります。

 

 

規模の小さい病院はこういった受付をある程度統一していますが、大規模の病院ではそれぞれに始めるケースも多々あります。

 

やはりその場合はそれぞれの窓口に医療事務を配置するので、自然と業務は分散されます。

 

病院の求人で求められるのは、何よりキャリアです。

 

経験が豊富な人ほど採用されやすい傾向にあります。

 

診療所の求人

 

病院と病院の違いは、主にその規模が区分けの基準として挙げられます。

 

おんなじ保険病棟で、とも医療保険の対象となるという点では同じですが、病院は病院と比べると、規模がつまらない病棟ということになります。

 

厳密にいうと、患者の入院限度数を表すベッドの数が20床以上の場合は「病院」、19以下の場合は「病院」と定義されています。

 

 

この定義は、建築ものの面積、スタッフの数など、丸々規模にも反映されます。

 

やっぱベッド数が多いところは建ものもすごく、スタッフも大きくなります。

 

そのため、日本における病院のスタッフの数は平均で10数名ですが、病院では平均2〜3名ほどです。

 

病院は、非常にコンパクトな経営方式で運営されている病棟なのです。

 

 

その病院の求人として出される医療事務の業務は、病院と比べると求められる仕事が多い傾向が見受けられます。

 

病院のようにスタッフの数が多くないので仕事が分担化達することがなく、必然的に多くの業務をみずから立ち向かうニーズが生じるのです。

 

従って、外来患者の対応からレセプト業務、カルテ管理など、ありとあらゆることをこなせなくてはなりません。

 

そんな意味では、病院での医療事務はやりがいのある仕事といえるでしょう。

 

 

病院における医療事務の適正は、行動力に尽きます。

 

率先して何かする性格の人であれば、病院の医療事務より病院のほうが向いているかもしれません。

 

それほど、自分の仕事に対してあまり人を介入させたくないという人には最適な仕事といえますので、求人情報にいくつかの医療事務の募集がある場合には、病院を選ぶと長続きする確率が高いでしょう。

 

 

調剤薬局の求人

 

医療業務は、診察や治療を行うだけとは限りません。

 

患者の病状によって薬を処方する、薬剤師という仕事もあります。

 

そうして、その薬剤師がはたらく場所として多く求人にも出されているのが、薬屋です。

 

病院に隣接しているケースも数多く、薬屋は既に医療分業の代名詞ともいえる存在になっています。

 

 

こんな薬屋は、薬を売っているお店という意味ではドラッグストアと被っていますね。

 

ですが、実際には薬屋とドラッグストアはことなる施設です。

 

ドラッグストアとの大きな違いは、医療用薬品を向き合うという点です。

 

医師が指示を出し、それを元に処方するのが薬屋です。

 

ですから、病院に隣接している薬局には、病院からもらった処方箋を持ち歩いて出向くことが多くなります。

 

無論、薬屋には大衆薬品も売ってあり、その点がドラッグストアと混同しやすい点ともいえます。

 

 

薬屋には、基本的に薬剤師が勤めているので医療事務の仕事はないように思われがちですが、実際には薬屋も求人を出していることが多いのです。

 

薬屋が医療事務の求人を取り出す理由は、コストの削減です。

 

事務全般を頼るスタッフを薬剤師の資格を欠ける人で賄えば、その分人件費が削減できるということです。

 

 

薬屋での医療事務の仕事は、本当に患者の持ち歩いて来た処方箋を受け取って薬歴簿を定めることから始まります。

 

以前にも訪れたことのある患者の場合は、その履歴を見て処方箋の内容と照合します。

 

コンピューターを使いますがそんなに苦しい操作ではないので、未経験でも十分に対応可能な業務です。

 

後は薬剤師にデータを与え、薬を受け取って会計を行います。

 

 

歯科医院の求人

 

歯医者は、正確には「歯科クリニック」といいます。

 

歯医者での歯の治療は、基本的に「患部の修復により状態を元に返す」という考え方が理念となっており、その点において医科とはことなるため、医科と歯科は別の分野として分けられています。

 

そのため、医療事務に関しても、医科と歯科では別ものとして扱われるのが一般的です。

 

求人に出される情報も、病院やクリニックと歯医者とでは、別個の案件として扱われます。

 

この点は、医療事務の求人情報を見る場合に気にする必要のある注意点のひとつです。

 

 

歯医者の医療事務の特徴は、ほとんど「苦しい」という点が挙げられます。

 

これは、技術や知識が必要というだけではありません。

 

単純に、募集が少ないという点において競争率が高いので、就職することが酷いのです。

 

その一番の理由は、歯医者の数です。

 

近年、歯医者は人口の割にかなり多いといわれてあり、以前ではほとんど見られなかった廃業する歯医者が増えてきました。

 

そのため、求人自体もかなり減ってきています。

 

資格を持つ歯医者も募集が減っているということは、医療事務の仕事はもっと安いということです。

 

 

歯医者の医療事務に従事できた場合に行なう仕事は、主に受付となります。

 

カルテの発行と管理、電話対応、会計、予約の管理など、一般的な事務業務はおそらく行うと考えて良いでしょう。

 

それだけではなく、歯科助手ともいえるような治療器具の洗浄などを行なうケースも手広く、非常に仕事の幅が幅広いのが特徴です。

関連ページ

医療事務という仕事
医療事務の求人、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
医療事務とレセプト業務
医療事務の求人、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
医療事務の重要な点
医療事務の求人、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
医療事務の就職形態
医療事務の求人、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
医療事務の勤務時間
医療事務の求人、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
医療事務の資格
医療事務の求人、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
医療事務の就職活動
医療事務の求人、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。