医療事務の勤務時間

医療事務の勤務時間

さまざまな労働条件があり、その条件の中からプライオリティーを見出して行くことで人は就職活動を通じていきます。

 

そういった労働条件の中けれども、更に重視されている点は勤務時間です。

 

どんなにその仕事をやりたいと思い、資格を持っていて自分に向いている仕事だと思っても、その仕事の勤務時間で自分が時間を組み立てることができなければ、正しく「絵に描いた餅」です。

 

時間というのは、実に都合がつかないものです。

 

特に、お子さんを有する主婦は家事をしながら子供の面倒を見なくてはならず、なかなか動く時間帯を自由には設定できません。

 

そういった意味では、最優先で気にやる点といえます。

 

 

医療事務の勤務時間帯は、就業形態や勤める場所によって激しく異なります。

 

ともかく正社員の場合は、朝9時から夕方5時、6時までというフルタイムのケースが多くなります。

 

また、意外と週休二日制でない所が多く、就労時間は長めとなるため、主婦などが勤めることはきついでしょう。

 

 

一方、パートの場合は、断然勤め先が影響して来る。

 

病院、病院等に勤務する場合はそこそこ朝が速い傾向があり、8時や8時半に始業に関してが多く見受けられます。

 

その一方で、薬舗などでは割と遅くに始業となるケースもあります。

 

アルバイトの場合は、3時間で隔てることが多いようです。

 

夜間の場合は長時間、日中の場合は短時間で区切り、緊急病院の場合は夜間当直もよく見受けられます。

 

また、レセプト業務が伸びる月末や月の初めには残業も多くなるようです。

 

 

基本的に、医療事務の労働時間は求人情報に記されていますが、必ずその通りに上るとは限りません。

 

気になる人は、求人を出している会社に問い合わせてみましょう。

 

 

医療事務の初任給

 

ありとあらゆる職業の求人情報において誰もが共通して注視する点といえば、その職業の収入でしょう。

 

求人情報を見る動機には、学生を卒業するので就職活動を行わなければならないに関してが多い一方、職に不満がある、あるいは仕事上の立場が微妙で、場合によっては辞めできるかもしれない等というものもあるでしょう。

 

 

ただ、どういう理由、立場であれ、収入が多いに越したことはありません。

 

今仕事を持っている人ならば、その仕事よりもできるだけ良いか、多少なりともほど近い収入がないと、生活レベルの維持が困難になります。

 

学生から社会人に上る場合それでも、単純に生活のためというだけではなく、どれくらい貯金が出来るか、仕送りが出来るかということも考えた上で就職先を決めるケースが数多く、年収は大きな目安となります。

 

全ての職業において、収入は最大のチェックポイントとなるでしょう。

 

 

医療事務の収入は、勤め先で変わってきます。

 

また、年齢や学歴、雇用形態でも大きく変わって来る。

 

そのため、おしなべて「この額」という決まった額があるわけではありません。

 

それぞれの立場次第です。

 

 

一例として、正社員の初任給を見てみましょう。

 

初任給は、収入を見極めるときのひとつのバロメーターです。

 

高ければ大きいほど良いですが、低いからといって悲観する必要もありません。

 

初任給はあくまで、最初に得られる収入です。

 

 

医療事務の正社員の初任給は、高卒の人の場合は15万円強。

 

大卒の場合は、18万円強が平均となっています。

 

初任給としては、平均的な数字といえるでしょう。

 

 

医療事務の年収

 

どのような職業にでも言えることところが、年収はおんなじ年齢、おんなじ職場もおんなじとは限りません。

 

立場、雇用条件、契約など、さまざまな要素が絡み合った上で決まってきます。

 

例えば、求人情報に記されている年収の欄も、決してその額を100%いただけるとは限りません。

 

また、そこから勤務年数によって上がっていく場合もありますし、上がらない場合もあります。

 

求人に記された収入だけではなく、その職業の将来性なども考えた上で応募先を決めると良いでしょう。

 

 

医療事務の年収は、正社員であれば、基本的には勤務年数によって上がります。

 

大体の目安として、35歳の平均月収は26〜27万円、50歳の場合は34〜35万円です。

 

従って、年収はそれぞれ320万、420万円程度となります。

 

これは、高卒も大卒もいまいち差はありません。

 

高卒はスタートが速い分勤続年数が多くなるので、ゆくゆくは十分に大卒の人達と同等の収入を得られるようになります。

 

そんな意味では、医療事務は高卒と大卒の差が僅か職業といえます。

 

 

一方、パート、アルバイトの場合は時給で示されます。

 

また、派遣型の場合も、時給換算のケースが多いようです。

 

派遣の場合は、平均1,000〜1,300円くらいといわれてあり、一般的なアルバイトよりは結構高めとなっています。

 

ただ、動ける時間が限定されているケースも手広く、月換算、年換算だと大きな額にならないこともあります。

 

アルバイトの場合は、派遣より200〜300円程酷いようです。

関連ページ

医療事務という仕事
医療事務の勤務時間、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
医療事務とレセプト業務
医療事務の勤務時間、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
医療事務の重要な点
医療事務の勤務時間、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
医療事務の求人
医療事務の勤務時間、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
医療事務の就職形態
医療事務の勤務時間、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
医療事務の資格
医療事務の勤務時間、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
医療事務の就職活動
医療事務の勤務時間、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。