医療事務の資格

医療事務の資格

仕事を選ぶ上でひとつ問題となることといえば、資格です。

 

求人情報の中に、条件として「有資格」と記している職業がありますね。

 

この場合は、応募の時点でその職業に関する資格を所持している必要があります。

 

その職業に就くために必須な資格である場合もあれば、必須ではないけどその会社が条件として資格の取得を課しているケースもあります。

 

無論、資格がなければ応募しても通ることはありません。

 

 

医療事務には民間機関が設けた資格はありますが、必須資格は存在しません。

 

国家資格のように法的に統一されている資格試験がないため、医療事務の求人で資格が必要であることを明記しているケースはどちらかというと乏しいようです。

 

有資格者を優遇しているケースはあっても、必須としていることはあまりありません。

 

そのため、医療事務の仕事は資格がなくてもできます。

 

 

ただ、資格を所持していることでさまざまな点で有利に上ることも事実です。

 

医療事務は、雑用全般を行う仕事であると同時に、医療関係の仕事も精力的にやりこなす必要があります。

 

それほど中小規模の病院やクリニックなどで動く場合は、数多くの業務をみずからやりこなす必要があります。

 

資格を所持していればその範囲も二度と連なるために重宝され、職場での立場も築き易くなるでしょう。

 

 

医療事務という職業は、立場的にそんなに安泰ではないケースもあります。

 

正社員でない人は最もそうです。

 

そういったところで自分の居場所を築いて行くのは、資格という目に見えた証なのかもしれません。

 

 

病院・診療所勤務の医療事務に有効な資格

 

医療関係の資格は、多種多様です。

 

医師免許や歯医者免許の他にもたくさんの資格があり、その資格に応じた職業もあるので、医療の世界においてはとっても業務が細分化されています。

 

医療事務は、その中けれどもさほど多様な仕事をやりこなす業務です。

 

病院や小規模の病院に勤務する場合は単にそうです。

 

ただ、医療事務の仕事は雑務が大半を占めるのも事実です。

 

できれば医科関連の資格を得て、ステップアップを果たしたいところです。

 

 

医科関連の資格には、「医療事務技能審査試験」「診療報酬請求事務能力認定試験」「医療事務管理士技能認定試験」「メディカルレセプションクラーク」「保険請求事務技能検定試験」「医事管理士」「医療保険士」「医療管理秘書士」「医療事務士」「医療秘書認定試験」「医療秘書技能認定試験」といった資格があります。

 

この中で目をひくのは、名称的にも「医療事務技能審査試験」と「医療事務管理士技能認定試験」、後は「保険請求事務技能検定試験」「医療事務士」あたりでしょう。

 

 

「医療事務技能審査試験」は非常に長い歴史を持つ試験で、合格することで「メディカルクラーク」という称号が得られます。

 

メディカルクラークには1級と2級があり、2級は患者視点や一般知識、1級は院内コミュニケーションや専門知識が試されます。

 

この資格は医療事務の必須資格ではありませんが、所持していれば就職活動において思い切り有利になります。

 

求人に応募が殺到した場合や、求人に資格者優遇と書いていた場合は、とりわけ有効です。

 

医療秘書の仕事をしたい場合は、「医療秘書認定試験」「医療秘書技能認定試験」といった試験で資格を得ると良いでしょう。

 

 

歯科医院勤務の医療事務に有効な資格

 

病院や病院と違い、歯医者で動く医療事務の場合は、それ程多くの有効資格があるわけではありません。

 

その一方で、求人の数が少ないことから有資格者を優遇するケースは病院等より多いようです。

 

そのため、歯医者で医療事務としてはたらくことを前提に求人情報を見る場合は、資格を持っている方が有利といえます。

 

 

歯医者の医療事務に対して有効な資格は、「医療事務技能審査試験」「診療報酬請求事務能力認定試験」「医療事務管理士技能認定試験」などでしょうか。

 

これらの資格は、歯医者特有の知識が試されるというものではありません。

 

虫歯治療や口腔内における知識などを伺うといったものではないため、基本的には歯医者で行なう業務内の範疇で、持っていれば便利となる資格、あるいはその範囲を勉強することで現に知識として役に立つ資格ということになります。

 

 

例えば、「診療報酬請求事務能力認定試験」という試験は、医療関連の保険や報酬、あるいはさまざまな請求事務の実技に関する技能と知識が問われます。

 

この資格を持っていれば、請求書の作成をはじめ、会計などさまざまな面で信頼を得られるでしょう。

 

診療報酬請求事務の資格には、医科と歯科があります。

 

従って、歯科専門の資格ではないものの、歯科ならではの資格といえるのかもしれませんね。

 

歯医者は基本的に病院ものの規模のでかいところはなく、少人数で構成されています。

 

そのため、資格を持っていればその分信頼を得やすく、就職もし易いといえるでしょう。

 

 

調剤薬局勤務の医療事務に有効な資格

 

薬舗は、基本的には病院やクリニック、歯医者などとは性質の違う職場です。

 

決定的な違いは、患者がいないという点です。

 

やはり、薬局に来る人の多くは病気等によって身体が弱っているみなさんで、病院で処方箋をもらった後に来るケースも多々あります。

 

ただ、薬局においてはそういった人達であっても「カスタマー」であって、患者ではありません。

 

徹頭徹尾、お店に来たお客として接する必要があります。

 

そのため、医療事務の仕事の内容も、病院等とは一線を画すことになります。

 

 

そんな薬舗勤務の医療事務で有効とされる資格は、「医療保険調剤報酬事務士」「調剤報酬請求事務専門士検定試験」「調剤事務管理士技能認定試験」等といったところです。

 

薬舗で行なう処方箋や調剤レセプトの処理、あるいは薬局におけるカルテである「服用歴」の読み方などを学べる資格なので、純粋に実践的な知識が得られます。

 

もちろん、これらの資格を所持していれば就職にも有利ですし、求人の競争率が高い場合けれども採用される可能性が高くなります。

 

 

この中で、所持していると殊に合格しやすい資格は「医療保険調剤報酬事務士」です。

 

医療保険調剤報酬事務士の資格試験は毎月行われているので、チャレンジしやすいという点がポイントです。

 

受験料は初回のみ無料で、2回目以降の受験は4,000円が必要となります。

 

初回で取得できれば経費もかからないので、なるたけしっかりと勉強してから受けたほうが良いでしょう。

 

薬舗の医療事務の求人はそんなふうに多くはないので、資格の取得は非常に有効です。

 

 

医療事務の勉強方法

 

就職する際、自分が目指し示す職業に絶対に必要な資格があれば、いつしかその資格を取得するための勉強をすることになります。

 

ですが、求人で「必須」とされていない資格の場合は、随分モチベーションが上がらないというのが実状ではないでしょうか。

 

そうして、更に厄介な点といえるのが、問題集やテキストの存在です。

 

 

必須科目であれば多くの人が問題集を購入するので、必然的にそういった需要に見合うだけの内容のものが販売されます。

 

ですが、医療事務の資格に関する問題集やテキストは、断じて多くはありません。

 

ほとんどの資格に関しては、自己学習が困難な状況です。

 

そんな意味では、医療事務関連の資格は、まるで勉強をする段階で大きなハードルがあるといえます。

 

 

そのため、医療事務における資格取得の勉強方法としては、通信講座が最も有効です。

 

スクールに通うという方法もありますが、通学する時間を日常生活の中から捻出するのはむずかしいという人も多いものです。

 

また、現在自分が住んでいる地域に医療事務の勉強が出来るスクールがあるとも限りません。

 

その点、通信教育は時間も場所も選ばないので非常に有利です。

 

 

医療事務の通信教育としてメジャーなところは、「ユーキャン」「ニチイ学館」「ヒューマンアカデミー」「DAI-X(ダイエックス)」などが挙げられます。

 

ユーキャンでは「医療事務管理士技能認定試験」の通信講座を受けることができ、ニチイ学館では「医療事務技能審査試験」、ヒューマンアカデミーとダイエックスでは「診療報酬請求事務能力認定試験」の通信講座が受けられます。

 

 

医療事務の求人情報を確認する前に、ひとまず関連資格の勉強を通じて就職に有利な資格を取得し、その資格が通じるところを買えるようにしておいた方良いでしょう。

関連ページ

医療事務という仕事
医療事務の資格、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
医療事務とレセプト業務
医療事務の資格、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
医療事務の重要な点
医療事務の資格、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
医療事務の求人
医療事務の資格、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
医療事務の就職形態
医療事務の資格、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
医療事務の勤務時間
医療事務の資格、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
医療事務の就職活動
医療事務の資格、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。