シニアの方の副収入について

シニアの方の副収入について

昨今、不況の時代に突入して現役の世代も仕事をする事が辛い時代になってきています。
その中でシニア世代の人達はますます大きい状況に陥っているのではないかと思うのです。
年金を貰うと言っても生活が充分にもらえる程では薄い、しばし余裕が在るお金が欲しい、副収入を得たいとしている方も多くいるのではないでしょうか。
今、株を通じていて有る程度利益が出ている人や、アパートを経営していて家賃収入が見て取れるという副収入を得る道筋がある人は良いですが、そんな状況に無い人が殆どの事でしょう。
アルバイトと言っても体力勝負の所も多いですし、年齢制限がかかっていてシニアの方が働く条件は少ないと呼べると思います。

 

そこでインターネット会社で起業してみるという方法も有りだと思います。
大成功を通じて高収入を得るとまで行かなくても、月に数万円でも稼ぐ事ができる程度の起業をする事を考えてみてはいかがでしょうか。
インターネット会社ですとほとんど条件は取り除けると思いますし、年齢もそれほど関係する事は無いでしょう。
これで多少なりとも稼げるようになると生涯現役で仕事をして行く事がもらえるというのです。
しかし、インターネット起業をする為にはある程度、インターネットやパソコンに関する知識が必要になると思いますので、ある人に限ってという事になります。
思い付か場合は、悪徳業者に引っかかって仕舞う可能性も有りますので、1人で始めずに頷ける方に対してもらって始めて行く様にする事をお勧めします。

 

 

公務員の副収入について

公務員は安定職業だからお給料的にも問題は乏しいだろうと言われたのは昔の事、今はクビにはならないけれども、お給料がどうしても上がらずに家計も火の車となっている所もザラにあるのではないでしょうか。
そんな公務員の方それでも副業を通じて副収入を得たいとしている人は何となくいるというのです。
なので公務員の副業についてまだまだ説明して見たいと思います。

 

基本的に公務員が副業を通じて副収入を得る事は禁止されています。
なんで禁止されているのかと言うと、地方公務員の場合は憲法の条例に違反するからだそうで、憲法の条例には「信用の失墜行為を禁止する(第33条)」「職務に専念しなければならない義務(第35条)」「営利企業においての従事を制限する(第38条)」という内容のものになります。
そういった事から公務員の場合は副業をするとした場合は、任命権者の許可を受けなくてはならないのです。
この許可を無くしてはどんな副業に対しても副収入を得る、報酬を貰うと言った行為はしてはいけないのです。

 

ただし絶対という事は有りません。
例外もある場合が有ります。
たとえば講演料や原稿料として味わう場合は、報酬という分類がされず、任命権者の許可も無用為、副収入としては持てる事になります。
とは言っても各勤務場所によって変わりますので確認はしておいた方が良いと思います。

 

基本的に公務員の副業は禁止となっていますが、当然隠れて副収入を得ている人は多いみたいです。
そう言った事だと、やっぱりインターネットを使って副収入を得るという事自体人気があるのが押さえる様な気がします。

関連ページ

副収入を得たい
副収入を得る方法【FX】・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
副業で副収入を得る
副収入を得る方法【ポイントを貯める】・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
副収入が思う様に上がらない訳
インターネットの副業にはどんな物があるのか・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
副収入を得る方法【パソコンを利用】
副収入にかかる税金・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
インターネットで副収入を得る事について
副収入を得る方法【ギャンブル・宝くじ】・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
副収入を得る方法【ブログライター】
副収入を得る方法【ミステリーショッピングリサーチ】・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
副収入に対しての確定申告
誰でも出来る副収入を得る方法2・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
副業する人が増えている訳
インターネットを使った副収入のメリット・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
副業で副収入を得る為のポイント
インターネットを使った副収入のデメリット・就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。