スマートグリッド

スマートグリッドと言う言葉を聞いた事が有るでしょうか。スマートグリッドはニッポン語で言うと「次世代送電網」と言われている物で、電力の供給側、需要側の両方から電力の流れを制御して最適化を図ろうとしている送電網の事を指しています。これを行なう為に送電網の一部にスマートグリッド専用の機材、動かすソフトウェアが組み込まれているのです。と言う様な定義付けは一応されてはいるのですが、現実には曖昧に定義付けられ...

未来この時代がスマートグリッドの導入で変化していく予想が立てられています。スマートグリッドを構築するにあたっては先ずはスマートメーターの構築とメーター部位のインフラから始めた方が良いのではないかと言う見方も有ります。具体的に何をどうしていくのかと言うと、スマートメーターを端末にして通信システムを組み込み、ご家族内では小規模なネットワークシステムを構築していこうと言う考えの様です。スマートメーターを...

導入から普及するまでスマートグリッドは5〜10年はかかると言われています。本格的に普及するまでに克服しておかなければならない課題があるので、どんな課題があるかいくつか挙げてみたいとおもいます。【技を標準化していく事】スマートグリッドに関連する技は標準化にはまだ至っていないやうです。スマートグリッド先進国である米国、ヨーロッパ、中国等では先駆けてスマートグリッドにかんする標準化をしようと取り組んでい...

スマートシティと言う都市が有りますが、一体何の都市の事を指しているのでしょうか。スマートシティというのは容易に言うとスマートグリッドにかんする主な技を使い、その都市全体のエネルギーシステムの構造を効率化、最適化させた都市造りを目指そうと構想している都市の事です。スマートグリッドにかんする主な技というのは、再生可能エネルギーの利用、発電システムの分散化、ビルやご家族で使われる電力の効率化、自動車を全...

次世代型としてトピックを集めているエネルギーシステムがスマートグリッドです。このスマートグリッドは未知なる見込みが秘められていて、発電の効率化、省エネ等が最適化していくシステムになります。このスマートグリッドはワールド中でトピック視されてきているとおもいますが、現実にスマートグリッドとわたしたちはどう結び付いていくのでしょうか。わたしたちの生活を振り返ってみると、あまり意識する事無く常に電気が利用...

ワールド中でスマートグリッドが導入されています。その中の一つがマルタ共和国で行なわれているスマートグリッドのプロジェクトで、IBMが広く展開しているプロジェクトの一つだやうです。マルタ共和国の主なエネルギーは火力発電な上に、交通手段は自動車が殆んどだやうです。ですのでマルタ共和国の環境要素問題としてCO2の排出量が沢山事が挙げられています。この問題を何とかしようと考えて、電力と水力を目で見える様に...

次世代の送電網であるスマートグリッドは米国大統領であるオバマ大統領が打ち出した景気対応策の一つとしてトピックされています。今近年、電力の発電と言うのは太陽光発電と風力発電と言う天気や気候に左右され易い状況からつくられています。この質の悪さ、不安定な方式でつくられている電力を安定させる事が出来るとか、電力の需要と供給をコントロールして省エネ方向に向かわせるとか、そういった事が出来てしまう送配電システ...

導入した場合かなり環境要素にもよく、楽だとされているのがスマートグリッドです。スマートグリッドの理想の姿は、電力の需要を管理してコントロールした場合言う物です。例えば真夏になると一斉にクーラーを付けてしまうので電力が高い時間帯が増加した場合おもうのです。それを電力会社がコントロールをし、クーラー以外の利用してない機材の電力を切断する、クーラーの設定温度も適度に保つ、それによって消費電力が下がり、経...

漠然とスマートグリッドと言っても想像が付きずらいかとおもいますが、「スマート」は「賢い」と言う訳、「グリッド」は「電力供給網」と言う訳、この「賢い電力供給網」の事を「スマートグリッド」と呼んでいます。質が高い電力供給網と言っても良いかも知れませんね。どういう事なのか具体的に言うと、電力発電所の様な電気を供給してくれる施設から、わたしたちが住んでいる各ご家族、働いているオフィス等に電気を送ってくれま...