期間の取り方

移動平均線は多くの投資家が活用するテクニカル指標ですが期間設定の取り方は都市化によって千差万別です。

より機能する機関の移動平均線を使えばチャート分析やエントリーの精度が上がります。

この動画では移動平均線の期間の取り方をトレード手法別にか移設していきますので是非お役立てください。

移動平均線をトレードに生かす方法は大きく分けて2つあります。

一つ目

一つ目は移動平均線とローソク足の位置関係によってトレンドを分析すること上向きの移動平均線の上側にローソク足が位置する場合は上昇トレンド

下向きの移動平均税線の下側にローソク足が位置する場合は下降トレンドと判断することができます。

実際のチャートを見てみるとこんな感じです。

チャートの左側では上向きの移動平均線の上側にローソク足が位置する上昇トレンドチャートの右側部分では下向きの移動平均線の下側にローソク足が位置する下降
トレンドが形成されていることがわかりますね。

移動平均線をトレードに生かす方法の2つ目はサポートレジスタンス要素としてエントリーの起点に使うということです。

移動平均線はサポートレジスタンス要素として機能しやすいのでローソク足が移動平均線に接近するタイミングでの押し目買い戻り売りがとても有効となります。

これまで開設したような移動平均生の機能をより有効に活用するためには多くの投資家が意識する期間設定を使うのがオススメです。

移動平均線自体はポピュラーな分析しようですがチャートに表示している投資家が少ない期間設定はあまり機能しません。

どんなに優秀なトレーダーでもチャード上に表示されていない指標を参考にすることはできませんからね。

fxや株式投資でよく使われる移動平均線はこうma20na75ma200maといった数値です。

どれも期間を表しています。

この中でも特に多くの投資家が参考にしているのが20から25期間です。

日足で言うところの過去1カ月の平均価格に当たる。

20から25maは非常に多くの投資家が分析の軸にしています。

なので複数の時間足の20maお宿にするとトレンド分析にもエントリーポイントの検討にも役立ちfxの基本となるトレンドに沿った取引との相性も抜群です。

オススメ

ここからはトレード手法別に移動平均線のオススメ期間設定をご紹介していきます。

まずはゆったりと取引するスイングトレードです。

参考にするチャートは日足や4時間足といった時間軸です。

日足では分析の軸とする20maを短期移動平均線と史上癒しである週足の20maに相当する。

100maを長期移動平均線とします。

ちなみに日足の5日分が週足なので20maかける5倍で100maという計算式です。

4時間足は同じ方式で短期のい20maに加えて上位足である日足の20naに相当する

120maを表示させます次は1時間足や15分足をメインにするデイトレードです。

1時間足は短期の20 maa長期は上位足である4時間足の20maに相当する80円運営を表示させましょう。

15分足も同様に短期が20ma長期が80円運営となります。

次はスキャルピングでよく使われる5分足と1分足です。

5分足は短期に20ma長期に15分足の20maに相当する。

1分足には短期に20円ウェイ長期に5分足の20maにソートする100maを使います。

では表示させた日本の移動平均線をどのようにトレードに生かすのか具体例を用いて解説します。

上側の日足チャートの場合はチャートの左側で短期と長期日本の移動平均線が接近し接近して保ち合い相場に入っているのがわかりますね。

その後2つの移動平均線を下抜けるような大きな下落が起きました。

この下落によってもともと下を向いていた長期maを短期maが下抜ける。

デッドクロスが発生していますそれから一時的な戻りが入った後のポイントさんが絶好の売り場です。

日足の20m8週足の20naがダブルで上値抵抗となりますので売り手の優位性が非常に高い局面となっています。

その後は日足の20maに沿って大きくレートが下落しているのがわかりますね。

次は下側の4時間足を見ていきましょう。

短期と長期の移動平均線が接近することによって持ち合いが起きていますが

買い手の勢いがじわじわ増してきて長期の日足20maが下向きから横向きに変わってきています。

そして短期maが長期ma上抜ける抜けるゴールデンクロスが発生しました。

このチャートでの買い場は保ち合い上限をブレイクアウトするポイントです。

買い手の参入売り手の撤退が重なる。

まとめ

レジスタンスラインのブレイクによって大きな上昇に発展しています。

ということでトレード手法ごとの移動平均線の期間の取り方に関する解説は以上となります。

移動平均生の期間設定で大事なのはより多くの投資家から意識される機関を使うことこの条件さえ満たせばトレンド分析の精度もエントリーの精度も高くなりますよ。

おすすめの記事