万一の事態に備えて生命保険に加入している人は多いと思います。生命保険に入っていれば、一家の主に、もしもの事態が生じた場合でも、経済的な損失をカバーしてくれます。

不動産投資は、そんな生命保険よりも、いくつかの点で上回る機能をもっています。投資用不動産をローンで購入した場合、団体信用生命保険(団信)に加入することになります。これは、ローンを組んだ人に万一の事態があって亡くなったときに、保険会社がローンの残債(借入金のうち、まだ返済していない金額)に相当する保険金を金融機関に支払ってくれる、というものです。

また、団体信用生命保険は、高度障害の際も適用されます。一般の生命保険と比べて、掛け金が割安になるのもメリットのひとつです。万一の事態が起こっても、団体信用生命保険に加入していれば、家族にはローンの返済が終わった不動産が残ります。当然、その不動産から毎月の家賃収入を得られるので、経済的にも安定した生活を送ることもできます。

場合によっては、不動産を売却して、まとまったお金を手に入れることも可能です。生命保険だけでこれだけ高機能の保障を得ようと思ったら、長年にわたって、相当な保険料を払い続ける必要があります。不動産投資をすれば、現在の保険の見直しができますし、場合によっては保険を解約するという選択肢もあります。

おすすめの記事