ヘッジャーとスペキュレーターヘッジャー価格変動による損失のリスクを減らすか取り除くために、上場商品の買いポジションか売りポジションを取る必要がある多くのコマーシャルズや機関投資家。彼らは資産価値を守るか、利益を安定させるために売買注文を出す。

一般的に、ヘッジ目的の市場参加者はリスクを望まないため、値動きにかかわるリスクを取り除こうと試みる。スペキュレーターヘッジャーとは正反対の理由で市場に参加する者。彼らは値動きによって生じる機会から利益を得るために売買注文を出す。言い換えると、価格が思惑どおりに動けば利益を上げられると考えて、進んでリスクを引き受けて、買いか売りのポジションを取る。

個々のスペキュレーターがいつ、どうやって買いか売りのポジションを取るべきかについて、いかに多様な考えを持っていようと、彼らは皆、同じことをもくろんでいる。ここに市場の感情的な要素があり、市場を動かす「生きた」エネルギーがある。彼らは安値と考えたところで買い、将来のある時点でそれよりも高値で売る。

あるいは、高値と考えたところで売り、将来のある時点でそれよりも安値で買い戻す。買い戻す。要するに、スペキュレーターにとってすべては、安く買って高く売るか、高く売って安く買い戻すということに尽きる。どんな銘柄をトレードしようと、思惑どおりに価格が動くほかに利益を得る方法はない。

     

投資カービィがおすすめするFXSuitについて

私がおすすめするFX会社は「3すくみスワップ投資法」と呼ばれるトレードテクニックがノーリスクで稼げると話題のFXSuitです。
FXSuitは取引条件も良く、「3すくみスワップ投資法」を実践すれば、確かに日々利益を出すことができます。

おすすめの記事