スマートグリッドで未来が変わる

スマートグリッドで未来が変わる

未来この時代がスマートグリッドの導入で変化していく予想が立てられています。
スマートグリッドを構築するにあたっては先ずはスマートメーターの構築とメーター部位のインフラから始めた方が良いのではないかと言う見方も有ります。
具体的に何をどうしていくのかと言うと、スマートメーターを端末にして通信システムを組み込み、ご家族内では小規模なネットワークシステムを構築していこうと言う考えの様です。
スマートメーターを取り投入する事で今まで考えつかなかったような生活が出来る様になると言われているのです
色々な産市場ではもビジネスチャンスと捉えていて、消費者の行動や嗜好が変化して来ると予想されますのでマーケティング市場も大きく変化してくるのではないかと予想されるのです。
今まで電気は電力会社、ガスはガス会社となっていたのが介護や食料の会社ともなってしまう他業種への参入も考えられますし、新たに新しい電力通信網に対して新規参入してくる様になるかも知れません。
良い事ばっかりではないかとおもうスマートグリッドですが、依然としてプライバシー面、セキュリティ面に関連して課題が残っているのも事実の様です。
というのは言ってもスマートグリッドに対する計画は始まったばっかりです。
現実に投資額がこの位とか決まってはいません。
米国では再生の基盤となるグリーンエネルギーの戦略として20年以内に300兆円は投資するのではないかと言われています。
ニッポンも遅かれ早かれスマートグリッドに対する進みも進行して来るとおもわれます。

 

将来多大なる影響があるスマートグリッド

電力、エネルギー、自動車とわたしたちの生活に欠かせない物とスマートグリッドは将来的に必要不可欠、切断しても切り離せない存在なってはないかと言われています。
あまり知られていないスマートグリッドですが、容易に解説した場合インターネットと同じ様な感覚で有ると言えます。
インターネットは通信カテゴリーにおけるシステムになりますが、スマートグリッドは電力カテゴリーにおけるシステムと言う事になります。
何故インターネットとスマートグリッドが似ているのか、色んな方が議論をしているので色んな見解が有るとおもいます。
どんな見解が有るのかちょっと挙げてみましょう。
先ずはスマートグリッドは活かし方次第で大きなビジネスチャンスに繋がると言う事です
インターネットが普及した時を考えてみましょう。
インターネットが一般ご家族に普及し始めたのが1990年代の事、インターネットを利用する為のパーソナルコンピュータが爆発的に売れ、ヤフーやグーグルと言ったネット専門業者が参入してきて電子媒体で取引を行なう様になりました。
現在ではインターネットは生活にもこの時代にも欠かせない存在になりました。
スマートグリッドにもこれと同じ様な見込みが秘められていると言う事で、色んな専門業者が今スマートグリッドにトピックをしているのです。
それは電力というのは全く無関係の専門業者も含有されているやうです。
それと将来的に家電や電気自動車等を繋げて、ITビジネスではのビジネスチャンスが広がるのではないかと言う見解です
色んなチャンスや見込みが有るスマートグリッドは将来、色々な物に欠かせない存在なってはないかと言う考えですのです。

 

電力の最適化を行うスマートグリッド

電力を需要している側が供給している側になる。
双方で協力する事で電力の無駄を省き、最適化する様なシステムになっていくと言われています。
スマートグリッドの事を言うと色んな人が色んな見解で解説をしているとおもいますし、インターネットを見てみても色んな解説を受けられるとおもうのですが、ある定義を挙げてみると、発電をしている立地(集中型だとしても分散型だとしても)から電力は高圧送電や会社が有るビル、ご家族への配電は当然の事、家電や蓄電にいたるまでの電力システムの機動を常に監視し、無駄を防御し、システム化によって電力が最適化出来る様に送電システムを近未来化していくと言う事だやうです。
一見分かりやすく解説している様だとしても、初めて聞いた人のケースは分からない人も沢山とおもいます
容易に解説した場合、今は電力を供給する側が需給側に対して沢山電力量を一定で送っています。
それを需給する側と協力する事によって、電力の需給を合わせていくと言う事だとおもうのです。
考えはすさまじく良い感じの事ですよね。
だとしても単純に出来るかと言うとそういった事はありません。
これを実現させようとした場合、ご家族ではこれ程の需要があったら嬉しいと言う情報と、電力会社が今これ程の電力を供給していると言う情報の双方の情報を即座に収集して、分析して、情報を返すと言う事を行なわなければなりませんし、そういった情報を処分するシステムを導入していかなければなりません。
それにはやはりITの力が必要ですし、ITを利用して需要と供給のバランスの最適化を行なう電力網の事をスマートグリッドと呼んでいるのです。

関連ページ

スマートグリッドって何?
スマートグリッド【日本】、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。