スマートシティとは何でしょう

スマートシティとは何でしょう

スマートシティと言う都市が有りますが、一体何の都市の事を指しているのでしょうか。
スマートシティというのは容易に言うとスマートグリッドにかんする主な技を使い、その都市全体のエネルギーシステムの構造を効率化、最適化させた都市造りを目指そうと構想している都市の事です。
スマートグリッドにかんする主な技というのは、再生可能エネルギーの利用、発電システムの分散化、ビルやご家族で使われる電力の効率化、自動車を全て電気自動車にした場合言う事が含められています。
これを実現する事が出来ると、省エネを都市全体で行なう事が出来ますし、排気ガスが出ないし余分な電力を使わないのでCO2の低下にも繋がってくると言う構想を持っています。
政府はCO2の削減を1990年と比較して2020年には25%減をしたいと言う目標を掲げていますので、スマートグリッドの構想を取り入れたスマートシティはまさにその目標の鍵になると言えるのです
スマートグリッドを行なうには、かなり大規模な投資額が予想されていて、100兆円は超えると言われています。
それだけスマートグリッドにかかる期待が大きい事が分かります。
実運用に向けて、ワールド各国で展開されているスマートグリッドのスマートシティですが、スマートグリッドがどれだけこの時代的にも効力が出るのかを実証するお目当てで、日々研究が進められていて、着々と実現に向かっているのです
それだけに、スマートシティには大きな期待が寄せられているのです

 

スマートメーターって何でしょう

スマートメーターと言うスマートグリッドに対応している電力メーターが有ります。
米国のGoogleが『Google PowerMeter』を出した事で俄然トピック度が上がった電力メーターだとしても有ります。
スマートメーターには色々なシステムが備わっており、電力消費量を即座にデータ化させるシステム、システムに通信してくれるシステム、色んな電気機材と連携させて管理してくれるシステム等が有ります。
では、スマートメーターを導入する事でどんなメリットが出てくるのでしょうか。
メリットとしては今電力量を検針に行ったりしていましたが、こうした時間と人件費を削減する事が出来るメリット、お出掛け先にいても家に有る家電機材を制御出来る様になる為、電気代の倹約等経費面ではも削減可能になるメリット等が挙げられます。
そういった楽なスマートメーターですが、近年の普及率は全体の1割くらいでしかなく、以後普及がどうなっていくのか見て行きたいところではないでしょうか。
だとしてもどうしたら普及していく様なってしょう。
ニッポンでの普及に関連して言うと、ニッポンでは電気メーターは計量法と言う法律の基、10年に1回は検定をしなくてはならないと有ります。
つまりは、スマートグリッドに伴ったスマートメーターは本格導入されるお目当てで10年有れば良いと言う事なってす。
これに伴い、関連ビジネスも更なる展開を迎えるとの予想もされています、。
以後、スマートグリッドとスマートメーターがどう普及していくのか楽しみだとしても有ります。

 

スマートメーターが出来る事

現実にスマートグリッドを行なう為に必要な機材としてスマートメーターが有ります。
スマートメーターを取り扱っている製造専門業者はいくつか有る様ですが、スマートメーターって一体どんな事が出来るのか、どんなシステムが必要なのか。
スマートメーターのシステムに対して挙げてみたいとおもいます。
【データ収集】太陽光発電から出されている発電量、自宅で利用されている電力消費量等を逐一データとして処分し、スマートメーターに連携しているアプリケーションケーション、データを収集している電力事業者に対してデータを提供しているシステムが有ります。
これによって電力の利用量を時間帯別、電気を利用している機材別に把握する事が出来るのです。
それを基にあとあとの利用方式や電力の供給方式を決められていくのではないかと期待されているのです。
【自動調整】スマートメーターに人工知能(AI)を組み込む事で家電生産品の電源ONやOFFを自動的に調節したり、エアコンであるのなら温度設定の調節をしたりする事によって、電力にかかる負荷や発電量を自動的に調節して適切にするシステムが有ります。
【通信システム】電力の供給側と需給側と言う長距離型の通信システムは当然の事需給側内の様な近距離に対応出来る無線システムを組み込み、通信させるシステムが備わっています。
これによって、スマートメーターを通して外部から電気機材を管理させる事が可能となってきます
これらのシステムが付いている事でスマートグリッドが流れよく出来る様なってす。

 

スマートメーターが持つ課題とは

スマートメーターがスマートグリッドを実現化させる重要ポイントと言われていますが、実現させるお目当てでは課題がいくつか残されている様です。
どんな課題が有るか少しばかり例を挙げてみましょう
スマートメーターは機材の名前ですが、機材のスペック面に関連しては特に問題は無いやうです。
但し、スマートメーターを利用したアプリケーションケーションやシステムの開発を進めなければならないと言う課題が有るのです。
近年のシステムを見てみると、インターネットを使った色んなサービスが展開されていますよね。
それと同じ様にスマートグリッドを広く展開していく為にはスマートメーターを使った色んなサービスを広く展開していく必要が出て来るのです。
またこの他の課題としては、スマートメーターやスマートグリッドにかんする解説を消費者側におこない、把捉してもらう様にしなければならないと言う事です。
これに関連しては英国で起こった問題が有るそうで、スマートメーターを各消費者側に取り付ける事で、電力の測定が正確な値を出した為、最適化する何処ろか逆に電気代が高くなってしまったと言う事象が結構起きたやうです。
こう言った問題が起きてしまうと、スマートメーターの導入自体に影響を出してしまう為に、認識をきっちりとしてもらわなくてはならないのです。
その為にもスマートグリッドの持つ利点や利用するスマートメーターのスペックや特徴等を、政府や事業者側が消費者側にきっちりと解説していく必要が有るのです

関連ページ

スマートグリッドって何?
スマートグリッド【日本】、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
スマートグリッドで未来が変わる
電力の最適化を行うスマートグリッド、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
スマートグリッドが抱えている課題
スマートグリッド【セキュリティ】、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。