次世代のエネルギーシステム

次世代のエネルギーシステム

次世代型としてトピックを集めているエネルギーシステムがスマートグリッドです。
このスマートグリッドは未知なる見込みが秘められていて、発電の効率化、省エネ等が最適化していくシステムになります。
このスマートグリッドはワールド中でトピック視されてきているとおもいますが、現実にスマートグリッドとわたしたちはどう結び付いていくのでしょうか。
わたしたちの生活を振り返ってみると、あまり意識する事無く常に電気が利用されていますよね。
というのは言う物の全く意識していないと言う訳ではなく、ECOとか省エネの意識が年々高まって来ている様には感じ取っています。
その為の家電生産品も増加してきてはいますが、限界が有る様にも感じます。
やっぱりいくら電気を使わない様にと思っていても、これ程電化生産品が溢れているのですので知らず知らずの内に電気が利用されていたりするのです。
こうした電力を減らす様にするお目当てでは今、どの位の電力が消費されているのかと言う事を目で見える様にする必要が有るのです。
これを実現させるお目当てではIT技が詰まった電気メーターを取り投入するのですが、目で利用してる量が分かるから節電も容易でなるのです
電力の供給側と需給側とで通信システムが双方向で出来ることならより一層制御が容易でなりますし、電力の最適化も図る事が出来るのです、。
これをスマートグリッドと呼び、次世代に向けて大いに役立つECOなエネルギーシステムと言えるのです。
その為にどうして行くべきか考えていく必要が有るでしょう。

 

スマートグリッドでエコ社会

電力の送電を受給者側、供給者側でコントロールして単に効率化を計っていく事だけがスマートグリッドでは有りません。
スマートグリッドにはエコこの時代に向けての期待も込められていて、低炭素この時代、エコこの時代にいく使命を担っているのです。
例を挙げてみますと、CO2削減に貢献すべく、エコ家電生産品を含めた全ての家電生産品、新エネルギーと呼ばれる太陽光発電や風力発電を管理している発電システム、電気自動車、蓄電池、燃料電池といわれる物全てをネットワークにする要求が有るとされる見解が出いうデータがあります。
ネットワーク化と言う事はITが使われると言う事だとしても有りますので、電力を効率的に、かつ低炭素この時代、エコこの時代に向けて重要な使命を課せられると期待されている様です
こうした再生可能なエネルギー導入を拡大していく方向で、欧州ではスマートグリッドを普及させようと言う機動が活発化してきているやうです。
欧州の目標としては欧州電力の需要の約15%は賄えるように、巨大プロジェクトが進められ、北アフリカで太陽光発電が行なわれているのです
また米国ではスマートグリッドへ45億ドルと言う巨額の支援を行なう事を決定し、送電網の再建とグレードUPをしつつ、色々な技を利用して拡大を目標としています。
より一層韓国だとしても重きをおいてスマートグリッド化を目指しています。
こうしてスマートグリッドは各国で取り入れられていて、そうした取組がエコこの時代を造り上げていくのだと感じ取れるとおもうのです

 

スマートグリッドへの期待は高まっています

ワールドを中心としてスマートグリッドを盛り上げていこうと言う機動が高まっています
当然ニッポンも遅れは多かれ少なかれ取った物の機動が活発化してきていて、経済産業省を中心に色々と調査や研究がされていたのですが、今産市場ではもスマートグリッドにトピックが集まっているやうですのです。
スマートグリッドにかんするコミュニティが設立されています、。
これに参加しているのは約270と言うすさまじく多くの民間専門業者や団体が参加されています
ここではスマートグリッドに対して、どみたいに開発を活発化させていくかとか、外国展開をどう図っていくかと言う議論がされる様ですのです。
このコミュニティに参加している団体はニッポンを代表する専門業者も参加していて、電気・家電製造専門業者で大手の日立、三菱、パナソニック、住宅製造専門業者の積水ハウスや大和ハウス、IT関連のIBMやNEC、自動車製造専門業者からもトヨタ、電力会社、ガス会社、電話会社等、実にいっぱいの市場から参加されています。
こうした事を見てみても、スマートグリッドが将来的にも期待が大きく、産市場からも物かなりトピックされている事が分かるとおもいます。
このスマートグリッド、外国だとしてもトピックが高くてIBM、MicrosoftやGoogleと言ったIT専門業者等が参入しているのです。
ニッポンでは色んな市場からトピックを集めていて取り組みを進めて来ていますのであとあとの期待は高まっていくとおもわれますが、各市場の知識を終結させて取り組んで行く事になりやうです。

 

スマートハウスでスマートグリッドを実験

経済産業省ではスマートグリッドを取り込み、この時代におけるインフラ整備をしようと言う試みの一貫として、スマートハウスを使った実験をプロジェクト化して進めています。
スマートハウスでは何を行なうかと言うと、スマートグリッドに家電、太陽電池を使った設備、電気自動車等を繋いでいき、エネルギーの需要と供給をデータとして処分して活用し、住宅におけるエネルギーを最適化してみようと言う事を行っています。
このプロジェクトに現実に参加している専門業者では、既存のマンションを利用してスマートハウスとして利用し、太陽光発電パネルを取り付けたり、電気を貯める蓄電池を取り付けたりしています。
そして、電力が目で見られる様な装置を取り付け、実験しているとの事です。
このスマートハウスでの目標としてCO2排出量を半分に減らすと言う事、スマートハウスにおける全体のエネルギー管理を行なう事、入居者間のコミュニケーションを把握して新たなるサービス提供が出来るか検証した場合言う事が挙げられています
コンパクトな規模でスマートグリッドを実現出来るスマートハウスは、未来のわたしたちの生活を予想出来る未来ハウスかも知れませんね
わたしたちの生活は色んな物が楽になりました
しかしながら依然として非効率的な物は存在します。
代表的な物と言うと交通渋滞が有るでしょうか。
これらも効率化するだけでだいぶ環境要素的にもエコが目指せるのではないかと感じ取れるのです。
スマートハウスによって色々な実験が施され、結末的にわたしたちの生活が効率化される様になるのかも知れませんね。

関連ページ

スマートグリッドって何?
スマートグリッド【日本】、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
スマートグリッドで未来が変わる
電力の最適化を行うスマートグリッド、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
スマートグリッドが抱えている課題
スマートグリッド【セキュリティ】、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
スマートシティとは何でしょう
スマートメーターが持つ課題とは、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。