世界各国でスマートグリッドが導入

世界各国でスマートグリッドが導入

ワールド中でスマートグリッドが導入されています。
その中の一つがマルタ共和国で行なわれているスマートグリッドのプロジェクトで、IBMが広く展開しているプロジェクトの一つだやうです。
マルタ共和国の主なエネルギーは火力発電な上に、交通手段は自動車が殆んどだやうです。
ですのでマルタ共和国の環境要素問題としてCO2の排出量が沢山事が挙げられています。
この問題を何とかしようと考えて、電力と水力を目で見える様にして、スマートグリッドをワールドで初めて導入した国となったのです。
導入は国をあげて行なわれ、全世帯にスマートメーターを取り付け、リアルタイムというのは行きませんでしたが、各エネルギーの消費データを電力を15分毎、水力を1時間毎に取りインターネットを通して目で見られる様にしたやうです。
これによって一定水準電気がいっぱい使われる時間帯は昼間ですが、この時間帯の電気料金を他の時間帯より高く設定したやうです。
結末、電気の利用量を抑制する事が出来る様になったし、管理も容易でなったのです。
同様にスマートグリッドを導入しているデンマークでは、ボーンホルム島と言う所に第一段階としてスマートグリッドを導入しました、。
ここにスマートグリッドを導入したお目当ては電気自動車をより利用する事、風力発電を安定させる事でした。
この2つを導入する事で、風力発電の電力が足りなくなったら電気自動車で溜めた電力から補える様にした場合言う物です。
この様に補っていって電力の安定供給を実現させるお目当てで各国でスマートグリッドを導入しているのです。

 

自分達も参加してエコな社会を作ろう

エコなこの時代を実現すべく、ニッポンだとしても色んな製造専門業者が自治体等と協力し合い支援しあいながら色んな非効率な物を無くして、わたしたちの生活に貢献したいと言う様に考えていますが、わたしたち消費者もそう言った問題意識を持つ事がすさまじく重要だとおもいます。
現実、今のこの時代はエコな方向へ、非効率化を目指して行く方向へ進行している様に感じます。
各製造専門業者が消費者に対してエネルギーに対してどう考えているかの調査をしたやうですが、その結末から見ても消費者のエネルギーに対するエコ意識が高まってきている様に感じ取れるやうです。
その結末を分析したところ、エコなこの時代を造るお目当てで最も必要な事は、そういったこの時代を造りあげる為の技を進展させる事、また技を活かす為に消費者自体が自主性を持つ事が重要だと言う事が分かったやうです。
今までは技の進展に関連しては製造専門業者側が主導権を握っている様な感じでしたが、以後はその主導権自体も消費者へ移行して行くのではないかと言う予想もされています。
つまりあとあとのエネルギー供給は、発電所、送電所を介して各消費者の所に供給されると言う訳ではなく、分散発電を通して、色んな選択肢が可能となる様なってはないかと予想されているのです。
これを実現するお目当てでスマートグリッドと言われているシステムを利用して、わたしたちの生活をより楽で爽快に、非効率化を目指して負荷が無い様なこの時代にしていこうと考えていて、消費者がいかに関わってくるかもすさまじく重要視される様になってきます。
各場所でスマートグリッドにかんするシンポジウム等が開かれているケースも有りますので、一般者も参加出来るのであるのなら願わくは足を運んでみては如何でしょうかでしょうか

 

スマートグリッドにはどんなメリットが有るでしょうか

色んなメリットがスマートグリッドには有る様です。
主なメリットを挙げてみたいとおもいますので参照にしてみてください。
【メリット1】今まで電力を供給してきた側が管理してきた電力利用量を消費者の方からも管理出来る様になると言うメリットが有ります。
これによって色々なメリットをもたらす事が出来ます。
【メリット2】エネルギーだとしてもリサイクル可能な物、分散型の物がありますが、こうしたエネルギーを有効活用でき、最適化に役立てると言うメリットが有ります。
【メリット3】昼間利用されている電力を一部位だけ夜間電力の方に移してあげる方式をピークシフトと呼んでいるのですが、これを利用して電力設備を有効活用し、需要する側が省エネ出来ると言うメリットが有ります。
【メリット4】ワイドスポットでの停電と言うのが、殆んど無くなると言うメリットが有ります。
【メリット5】質が高い電力の供給を行なう事が出来ます。
【メリット6】この時代的では経費が削減出来るメリットと言うのが有ります。
ニッポンの電力網はワールドではもTOPクラスだと言われていますので、上記の持つ利点における経費面の持つ利点と言うのはあまり感じ取れる事は無い様です。
その為に今まではあまりスマートグリッドを取り投入する必要性に駆られなかったので、スマートグリッドを取り入れた時期が遅く、先に取り投入していた欧米に比べて依然として遅れている部位が有りますが、この様なメリットが有ると言われています。

 

アメリカのスマートグリッド構想

電力網を情報化してコントロールした場合言うのがスマートグリッドになりますが、米国ではは経済の再生、環境要素問題(地球温暖化対応策)、国際競争力を強化する事に繋がるエネルギー対応策としてトピックを受けています。
ここで米国におけるスマートグリッドの構想を挙げてみましょう。
米国が近年利用している電力網インフラ自体はかなり老朽化が進行している様で、停電事故が沢山事も受けてかなり信頼性が無いと言われています。
それゆえに国家安全保障と言う見地から見ても弱いと言う感想や感じ方になりかねません。
電力を強化する理由としても人口が増加傾向に存在する事、家電が増加して利用者も増加してきている事、それに伴って電力需要が高まっている事等が挙げられます。
また電力を火力発電で作っていたと言う事もあり、石炭を利用してつくられている火力発電ではCO2の排出が地球温暖化に繋がるのではないかとかなり懸念されているのです。
より一層、他の国ではは電力網を次々と近代化していっている中で米国だけが老朽化している電力網を利用していると言う事は、国際競争力ではもかなり希薄になってくるのではないかと懸念されてしまうのです。
これは米国では国家的な問題となっている様です。
こうした事から、スマートグリッドの様に信頼性が有って、安全で、効率的で、電力を利用するだけじゃなくって再生可能エネルギーを利用した場合言う活動にも繋がっているのです。
こうした構想は米国のみに限った話ではありませんが、米国ではスマートグリッドに対する構想を色々と練っている様です。

関連ページ

スマートグリッドって何?
スマートグリッド【日本】、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
スマートグリッドで未来が変わる
電力の最適化を行うスマートグリッド、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
スマートグリッドが抱えている課題
スマートグリッド【セキュリティ】、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
スマートシティとは何でしょう
スマートメーターが持つ課題とは、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
次世代のエネルギーシステム
スマートハウスでスマートグリッドを実験、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。