新エネルギーの質が悪くなる?

新エネルギーの質が悪くなる?

次世代の送電網であるスマートグリッドは米国大統領であるオバマ大統領が打ち出した景気対応策の一つとしてトピックされています。
今近年、電力の発電と言うのは太陽光発電と風力発電と言う天気や気候に左右され易い状況からつくられています。
この質の悪さ、不安定な方式でつくられている電力を安定させる事が出来るとか、電力の需要と供給をコントロールして省エネ方向に向かわせるとか、そういった事が出来てしまう送配電システムとなるのです。
しかしながら、ニッポンではスマートグリッドを導入する前から電力のスマート化がワールド最高グレードで行なわれてきたと言う事実、スマートグリッドは電力の利用量を監視するお目当てで、個人情報というような中でプライバシーを侵害してしまうんじゃないかと言う問題がある事を受けてまったく普及までにはつながっていない様です。
当面はスマートグリッドにかんするビジネスチャンスとして、技を輸出しようと言う機動が活発になっている様です。
そういった中、太陽光発電や風力発電の様な新エネルギーの普及が電気の質を悪くしてしまうと言う考えがある様です。
風力発電に適している土地柄と言うのは冬季のシーズンに偏西風が吹き易い緯度40度より北だと言われています。
その特徴を受けてがい当場所では風力発電の拡大が成されているのですが、近年の送配電システムで運用した場合風が強力になってしまうと電力が逆流してしまい、周波数が落ちる。
つまり質が悪い電気が供給されてしまう事になる様です。

 

日本とアメリカのスマートグリッド

ニッポンの送電網はかなり優秀で、スマートグリッドを導入する前から既にスマート化は殆んど実現しているのではないかとまで言われています。
ですので米国がスマートグリッドを導入しようとした際、計画の9割はニッポンのシステムで既に達成されているのではないかとも言われていたのです。
その理由としては年間停電時間の長さに有るとおもいます
1件あたりの時間で見てみるとニッポンは20分程に対して米国では100分程だそうでシステムの質の相違が分かります
米国で利用されている送電線はニッポンと比べるとかなり古い為、新しいシステムに一新しようと言う機動が出てスマートグリッドを導入と言う流れになってきています。
対してニッポンはスマートグリッドを導入する前に既にスマートグリッドの様な制御システム、監視システムは導入されていてシステムもしています
ビジネスチャンスが沢山と言われているスマートグリッドですが、こうした点からもニッポン国内ではスマートグリッドにおけるビジネスチャンスはそう高くはないのではないかと見られているのです。
だとしても外国に向けての技対応としてならビジネスチャンスは大いに存在した場合考えられます。
但し、ニッポンのスマートグリッドを米国で導入するかどうかは定かじゃありませんが、多くのニッポン専門業者が参入した場合予想されます
色んな点で相違は有るにしても、省エネが必要視される現状であるのでメリットを活かしながらビジネスチャンスに繋げていくのではないかと見られているのです。

関連ページ

スマートグリッドって何?
スマートグリッド【日本】、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
スマートグリッドで未来が変わる
電力の最適化を行うスマートグリッド、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
スマートグリッドが抱えている課題
スマートグリッド【セキュリティ】、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
スマートシティとは何でしょう
スマートメーターが持つ課題とは、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
次世代のエネルギーシステム
スマートハウスでスマートグリッドを実験、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
世界各国でスマートグリッドが導入
アメリカのスマートグリッド構想、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。