スマートグリッドって結局何なのでしょうか

スマートグリッドって結局何なのでしょうか

漠然とスマートグリッドと言っても想像が付きずらいかとおもいますが、「スマート」は「賢い」と言う訳、「グリッド」は「電力供給網」と言う訳、この「賢い電力供給網」の事を「スマートグリッド」と呼んでいます。
質が高い電力供給網と言っても良いかも知れませんね。
どういう事なのか具体的に言うと、電力発電所の様な電気を供給してくれる施設から、わたしたちが住んでいる各ご家族、働いているオフィス等に電気を送ってくれますよね。
このシステムを電力供給網と言うのですが、この電力供給網のなかに新しい技を組み込む事によって、今まで一方通行だった供給と需要の流れが、双方向に変わる様になったやうです。
これによって電力供給の不安定さを解決したり、太陽光発電や燃料電池(蓄電池)の様な需要している側から電気を作って供給して行く様になる事を期待しているのです。
スマートグリッドに欠かせない機材にスマートメーターと呼ばれる物が有りますが、スマートメーターには色んな情報技を処分するシステム、センサー等も含有されています。
スマートメーターはスマートグリッドに欠かせないすさまじく重要な要素ですのです。
これらの技や機材を活かして蓄電技を向上させたり、送電技の向上が見込まれる様になったりしていくのです。
徐々に導入している国や場所が増加しているスマートグリッドですが、以後どの様な成長を遂げていくのか、より一層賢さを増す電力供給網になってくれるのか、見届けたいですね。

 

スマートグリッド時代突入

時代の流れは早い物ですが、今はスマートグリッド時代に突入をしているやうですのです。
スマートグリッドというのはハイテクシステムを導入しコンピュータ・ネットワークと、電力の送電網を繋ぎ合せてシステム化させ、今まで一方通行だった電力供給側と電力需給側との繋がりを双方向にしていき、電力需給と供給を効率的にバランスよく行っていくシステムになります。
発電する太陽光発電や風力発電はどうしても自然の力を頼らざるを得ない所が有りますので、天気によって発電量がどうしても増減してしまうケースが有ります。
こうした自然エネルギーを安定的に有効利用するお目当てでは、電力の供給、需給のバランスを調整していく必要が有るのです。
この調整を行なうお目当てで必要なのがスマートグリッドと言うシステムだと言う訳です。
何か異次元の話をしている様に感じますが、わたしたちの私生活とも深い関連が有るので他人事とおもわない様になると良いとおもいますが、現実にスマートグリッドと言う言葉を聞いた事が有る方はそういったにいないとおもいます。
生活のなかだとしてもエコや省エネ、節電と言った所に関連性が出てくるとおもいます。
直接何かしてくれと言う話は以後どうなっていくかが分かりませんので何とも言えませんが、現状あとあとスマートグリッド時代に突入しようとしていますし、現実にワールド各国では既に導入している所も有ります。
実験段階のスマートシティと言う所も有ります。
ですので、ちょっと関心を持って調べてみるとスマートグリッドというのは何たるか、何故時代に突入するのか、その理由が分かるかも知れませんよ。

 

送配電システムの問題を解消

新エネルギーである太陽光発電や風力発電はエコであると言う事、CO2排出量が削減されると言う事につながると言う事を受けて、以後ますますの増加が見込まれるやうです。
ニッポンだとしても温室効力ガスを削減する為の目標が掲げられており、2005年比で2020年に15%もの削減をしようと言われているのです。
これを実現させるお目当てでは、2020年に太陽光発電を20倍には増加しなければならないと言う事になります。
しかしながら天候に左右され易い新エネルギーではスマートグリッドの分散型電源が増加したとしても今近年の送配電システムを利用しているとしたらどうしても問題が出てきてしまうと言うのです
今近年のニッポンの送配電システムでは太陽光発電も1000万キロワットまでは対応出来る様ですが、さすがにそれ以上になってしまうと不安定になってしまう見込みが有ると言います。
そうなると結末的に大規模停電になってしまうかも知れないと予想されるのです。
スマートグリッドを導入した場合この不安定さを解決して電力を安定供給出来る様にしていけるのです。
具体的にやる事と言うと、送電の監視、停電事故が起きても最小限で抑制しられる様にする自動制御システムを導入した場合言う事、蓄電池を消費者側にも配備して電力を安定していこうと言う機動、スマートメーターと言う機材を利用して消費電力をコントロールしようと言うのです。
米国ではこのスマートグリッドプロジェクトに多大なる資金を投入したそうで一気にトピックを集める事になりました。

 

スマートグリッド【日本の課題】

今はワールド中でスマートグリッドに対する導入が行なわれていて、色んな取り組みが行なわれています。
その為に、他の国でうまくいっている事例だからと言ってニッポンだとしても導入したら良いのかと言うとそうだとしてもない様です。
どういうわけかと言うと、スマートグリッドは万能と言う訳では有りません。
より一層各国、各場所で抱えている問題や課題は相違ます。
それ故に利用したいプロジェクトも違って来る事なってす
スマートグリッドを単に導入したとしても問題克服にはなりません。
スマートグリッドはあくまだとしても問題克服への契機造りをしてくれるツールにすぎないのです。
ですのでスマートグリッドを導入する際には今どんな問題が有り、課題は何が有るのかと言う事を見極める事から始めていくと良いでしょう。
そしてその問題や課題は電力を供給する側から見た物だけでなく、電力を需給する側からも見て行かなくてはならないと考えられます。
ニッポンではスマートグリッドを導入する訳、そこに置かれた課題に関連しては、近年のエネルギー事業者、新しいエネルギー事業者、消費者と言った全ての方から見て、おのおの異なった意見を出していかなくてはならないのです。
スマートグリッドと一言で言っても導入するには色々なカテゴリーの業者と連携を取って初めて実現する物になります。
その全ての方面で話し合い、試行錯誤していかなければならないのです。
それが克服した時、初めてスマートグリッドのシステムが生かされる様なってはないかとおもうのです。

関連ページ

スマートグリッドって何?
スマートグリッド【日本】、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
スマートグリッドで未来が変わる
電力の最適化を行うスマートグリッド、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
スマートグリッドが抱えている課題
スマートグリッド【セキュリティ】、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
スマートシティとは何でしょう
スマートメーターが持つ課題とは、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
次世代のエネルギーシステム
スマートハウスでスマートグリッドを実験、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
世界各国でスマートグリッドが導入
アメリカのスマートグリッド構想、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
新エネルギーの質が悪くなる?
日本とアメリカのスマートグリッド、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。
スマートグリッドとプライバシー
スマートグリッドを導入すると何が変わるのでしょうか、就職や転職で有利になる資格や特技などを磨きましょう。シゴト選びこむ。