どの指数に連動する運用がいいのか

米国株にはさまざまな指数があります。米国株市場の動きを反映する指数には、「ナスダック総合指数」や「ダウ30種」や、「S&P500」などがあります。基本的には、そうした指数に連動する投資信託やETFを運用のベースにするのが王道です。

人口動態とGDP成長率は、そのマーケットが今後も成長していけるかどうかを知る目安になります。経済は成長していても株価が連動していない国は少なくないので、過去の株価の推移をあわせてチェックすると良いでしょう。これまで述べてきたように、米国株はそういった条件をクリアしていますから、投資対象として優れた選択といえます。

米国株全体に投資するだけでなく、もう少し個性的な指数にも投資してみたいという人なら、特定の業種(セクター)に投資するセクターETFやアセット別のETFもあります。具体的な指数、また投資信託やETFについて見ていきましょう。

     

投資カービィがおすすめするFXSuitについて

私がおすすめするFX会社は「3すくみスワップ投資法」と呼ばれるトレードテクニックがノーリスクで稼げると話題のFXSuitです。
FXSuitは取引条件も良く、「3すくみスワップ投資法」を実践すれば、確かに日々利益を出すことができます。

おすすめの記事